--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorie:スポンサー広告

2013’08.07・Wed

楽しい名前のお花たち

 
シンガポールで出会ったお花たちの中には楽しい!

面白い名前の物がたくさんあります。

今日はその一部をご紹介しますね。

キャノンボール 

キャノンボール・ツリー

砲丸の木」とも言います。原産は南アメリカのギアナ。

私はどうも、この花を見る度に、ん?ドラゴンボールだっけ?って

一瞬、名前を迷ってしまうお花。

キャノンボール,大 

直径は15~20cmもあって、手のひらサイズ位あります。

なかなか、香しくない。。。お花です。(^^:)

ちなみに木質化した部分は容器としても使われます。

ドレミの木 

ドレミの木」、「モーニング・キス

何とも楽しげな蕾たち。。。

ひょっとして夜中にみんなで踊ったりしてない?

お花が開く前はくるくると音符のように巻いているので

ミュージカル・ノート」とも呼ばれます。

原産地は熱帯アフリカ、フィリピン。

夕方、首(花序)を伸ばして花を咲かせ

朝にはお花を落としてしまいます。

ドレミの木、お花 

珍しく、朝9時頃まで頑張ってお花をつけていたドレミの木。

いやいや、「モーニング・キス」の呼び方の方がこの場合はぴったりかな?

ハンカチの花 

こちらは日本でも鉢植えでも売っているお花。

ハンカチの花」、「ウスギコンロンカ」ともいいます。

原産地はスーダン東部。日本では九州南部以南に自生しているそうです。

白い花びらに見えているのは萼片で、その内の1枚が葉っぱと同じ位に

大きくなります。黄色い部分がお花です。

ミッキーマウスツリー 

ミッキーマウス・ツリー

これはもう〜。私のブログに3回目の登場〜。

ポメパパですら、1番に名前を覚えたわが家の人気者。

なんてったってこの個性的なお顔がかわいいですよね。

原産地は南、または東アフリカです。

スパイダーリリー 

スパイダーリリー

原産地は西インド諸島。

たまたま、風邪が吹いていたので花びらがゆらゆらとそよいでいます。

真っ白で美しいクモが葉の上を歩いているように見えるので

スパイダーリリーと呼ばれるらしいです。

品種改良されて細長くした葉、短くなったもの、

太い葉のもの、まだらの物などがあるそうです。

狐の日傘 

きつねの日傘

原産地はインド、スリランカ。

なんてチャーミングな名前。色合いもかわいいですよね。

お花は下から咲き始めます。

色は黄色の他にもオレンジを良く見かけます。

猫のひげ(白) 

猫のひげ

名前に惚れてしまった〜〜。

見ただけでこの名前の由来が分かるというもの。

このピンピンと突き出たおしべとめしべがまるで猫のひげのようです。

猫のひげ(パープル) 

白以外にもパープルもあります。

元々は腎臓や高血圧などの薬草としての利用が多かったそうですが、

香料、食用、観賞用に利用されています。

ん〜。しまった〜、匂いを嗅ぐのを忘れたわ〜。

ブラックキャット1 

猫シリーズ。。。。

その名も「ブラックキャット

ブラックリリーや、バット(コウモリ)リリー

デビルフラワー
とも呼ばれます。

ブラックキャット2 

和名の中に「クロバナタシロイモ」と書かれていました。

そっか〜、わかりやすい〜、一読瞭然。。。(こんな言葉あったっけ?)

お芋ちゃんの仲間なのね。。。食べてみたい。。。

地下茎を食用に、葉と花序はカレー料理に使います。

原産地は北東インド、ビルマ、タイ、マレー半島、スマトラ、ジャワ、ボルネオです。


(*「驚きの熱帯植物」早田和美著を参照にさせていただきました。)


そして。。。。。ブラックキャットと言えば?

ポメチャ 

わが家の「ブラックキャット・ポメロ

愛称、ポメチャ。

原産地はシンガポール。

とても甘い良い香りがして、特に夜になると跳ねて踊ります。。。

一度匂いを嗅ぐと虜になるので要注意。。。中毒になります。

食用には不向きですが側に置くとリラックス効果、

癒し効果が多いに期待出来ます。(^^)



 
スポンサーサイト

トラックバック:(0) コメント:(1) TOP
Categorie:  (植物, 花、鳥)

2013’08.01・Thu

窓の外の珍客

 
こんにちは〜。今日からもう8月です!

1年中、常夏のシンガポールに暮らしていると、

季節感が全く失われてしまい、お日様がギラギラと照りつけていると

気が滅入るのですが久しぶりにヘイズから解放された青空は

やっぱりいいものです。

窓の外 

わが家のベランダから見る青空。

とてもジャングルな私のお気に入りの景色ですが、

ある日、こんな珍客がやって来ました。

サイチョウ、2 

こちらは寝室の窓の外。

かなり大きい鳥です。カラスより大きいかな〜。

(後でよく調べてみたら、100cm位になるそうです。)

ちょっと写真の色が悪いけど。。。

サイチョウ 

ん〜?やけにくちばしの大きい鳥です。

どこからがくちばしなのかな〜?

くちばしが3つもあるように見えるのは気のせいかしら?

気のせいだよね〜。

サイチョウ、羽 

毛繕いを始めたら、な〜んて美しい羽の模様。

これは毛を広げないと見れない模様です。

Photo,1 

お友達に話をしたら、「オオハシかも?」って。。。

そうだ!そうだ〜!そうに違いな〜いってかなり興奮したものの、

でも、よ〜く見比べるとちょっと違う。。。

「じゃあ。こっちかも?」オオハシで探していたら仲間にこんな鳥がいました。

うん。ちょっと、近くなった。。。でも、まだ違うな〜。

Photo,2 
*参考用にオオハシとサイチョウの写真を神戸花鳥園さんからお借り致しました。


目の廻りの色が違うわ〜。

私が見た子は少しブルーが入っています。

気になって気になって仕方がなかったある日の事。

偶然、River Safariに行った時、トイレから出て来たら目の前にその鳥がいました。

アニマルショーの最中で飼育員のお兄さんの腕に止まっていた!

でも、話しかける間もなく、バックヤードに戻って行ってしまいました。

こうなるとますます気になる〜って地団駄踏んでいたら、

これまた偶然に答えがあちらからやってきました。

広い本屋さんの中の通路を歩いていたら、通路横にぽつんと1冊の本が。

しかもあの鳥が載ってる〜。慌てて駆け寄りましたとも!

鳥の本 

いたいた!この子、この子!正しくこの子です!

飛ぶ 
*写真は「Birds Of Singapore」より拡大、引用させて頂きました。


羽を広げて飛ぶ姿はこんな感じです。

Oriental Pied Hornbill" と言う名前。

日本名は”サイチョウ”です。マレーシアの国鳥だそうです。

サイチョウには種類がたくさんいるみたい。

寿命も50年くらいあるそうですよ。

マレー人のおじさんに聞いたら、「こんな珍しい鳥を良く見つけたね!

すごいね!」と絶賛されたあと「昔はたくさんいたんだけど、

今はすっごく珍しい鳥だよ。高く売れるよ!」と言われました。

(いやいや、そう言う話じゃないから〜)(^^:)

名前が分かったのでネットで調べてみると、

シンガポールの切手にも使われていたみたい。

数が少なくなって政府が保護をして少しづつ自然界に戻している所だそうです。

そんな貴重な鳥を目の前で見れてなんて幸せ〜。

私が家には2回程、やってきました。

側にはメスらしきサイチョウもいました。数羽単位で行動しているそうです。

鳴き声はまるでお猿さん。それも激しく「ギャッ、ギャッ!」って鳴きます。

わが家にもお猿さんが一度だけ来た事がありますが、

お猿さんが何かに襲われているのかと思う程の大きくて激しい鳴き声でした。

「いや〜。これはやかましくて家では飼えないね〜。」ってとうちゃん。

(おいおい、国で保護してる鳥だから飼っちゃまずいでしょうよ?)

ポメチャがいつも窓の外を眺めている理由がこれで納得〜。

カラフルなオウムは来るし、昆虫もくれば、リスもお猿さんも。。。

ベランダのブーゲンビリアの花の中で”ピンク・ネックド・ピジョン”が

雛を孵した事もあったね〜。っと回想しながら

目の前の豊かなジャングルに改めて、感謝。感謝。。。

〜*〜*〜*〜*〜*〜

そして、昨日はまたこんな珍客が目の前の

ヤシの木に止まっていました。。。

人間 

音もなくスルスル〜っと。スパイダーマンのごとく。。。

「お〜〜っと!」

あわてて、胡座をかいていた足を下ろして、

パジャマを着替えにいったかあちゃんです〜。

あぶにゃい、あぶにゃい!

こっちも見てるけど、あっちも覗いてたよ〜。

ジャングルの景色はいと楽し。。。。(^^)






トラックバック:(0) コメント:(2) TOP
Categorie:  (植物, 花、鳥)

ちょっと前ですが、お友達と一緒にチョンバルにある雑貨屋さんに

ガラスの器を見に行きました。

このお店には時々フラッと遊びに行くのですが

今回はガラスの平皿を見つけたくて。。。

可愛い物を取り揃えた本屋さんのレジ裏が実はヴィンテージ物などを扱う

小さなスペースになっています。

 お店の棚

壁一面に飾られた瓶やコップ等々。。。


どうもこんな風に整列している物を見るとワクワク、ムラムラしちゃう〜。


中には実家の食器棚で日の出を見ずに忘れ去られてしまっているコップに似た物や


何かのノベルティーや、おまけで貰った物に似た物もたくさんあって。。。

棚 

母が見たら、「まあ、どしたん?こんなもん、売んりょん?

買わんでええで〜。うちになんぼでもあるけん。。。」

と言いそうな、そんなレトロな食器達。実家で見るとやぼったく見える物も

ここで見るとこんなにも可愛いんです〜。(^^)

コップ 

ね?可愛いでしょう〜?

ちょっと、サイダーなんて入れてみたくない?

下の段の黒っぽい器にはパフェよね。。。

白いバニラクリームと赤いいちごが似合いそう〜。

ミントも飾ったら白と赤とグリーンできっと爽やか。

目を引くだろうな〜。と夢想中。。。

でもね、この日の私達のお目当てはガラスのお皿です。

どうしても目移りして寄り道してしまうわ。。。

  皿やり直し

ほらほら、何でもないシンプルなお皿なんだけど、素敵でしょう?

1年中、夏国に暮らすようになって、ガラスの食器の出番が多くなりました。

といっても、たくさん持ってる訳ではないので。。。

ここに物色に来たんですけどね。。。

1枚$12~$6位の物がほとんどでお手頃です。

お友達と迷いながら。。。。並べる。。。並べる。。。

どんどん並べる。。。次々に違うデザインの物があちこちから出てくるので

ますます、どんどん並べる。。。

どんどん並べるからますます迷う。。。

そして時間もどんどん過ぎる。。。

と。。。。そこへ。。。店の主達が。。。

ニャンズ登場 

「ちょっと、あにゃた達〜。さっきから何してるにゃか〜。

もう2時間以上経ってるにゃよ〜。」

お店ニャンコ、おちり1 

「ぼちぼち、決めたらどうにゃの〜?すんすん。

こんにゃに広げちゃって〜。足の踏み場がにゃいにゃよ〜。

ちょっと通してくださるにゃ?」

どうやら、お一人(お一猫)様は奥のご不浄に行きたかった様です。

お店ニャンコ、おちり2 

ご不浄に間に合わなかったらいけないので、道を開けさせて頂きました。

(これでも慌ててちょっと片付けたのよ〜)

すいませんね〜。。。失礼致しました。(^^;)

お店ニャンコ、一人でクンクン 

「あにゃた。このお皿はおフランスのものにゃよ。。。

傷もヒビもにゃいことだし、買って損はにゃいわよ。。。」と言います。

主様のお墨付きが出たので素直に買わせて頂きました。(^^)

透明な平皿を4枚、デザインの違う物を2枚づつ買ったのですが、

自宅に帰ってお皿を洗っていたら、

1種類の方には”arcoroc28 France"と書かれていました。

そしてもう1種類の方も何か書かれてありましたが、

ほとんど消えていて判読不能でした。

arcoroc"とは、1825年に創業したフランスのArc International

製造するブランドの一つだそうです。

特に業務用に使われるらしく、全面物理強化ガラスで堅牢で衝撃に強く

割れにくい、もちろん耐熱性。e.t.c.調べていて気付いたけど、

「な〜んだ、我が家にもあるじゃん〜。アルコックのピッチャーが〜。」

無知な私が知らなかっただけで、とてもポピュラーな物だったのですね。

レシートにはヴィンテージとかかれていましたが、

アルコロックはヴィンテージではないらしいとのこと。。。

ネットで調べている時にアルコロックのエメラルドグリーンシリーズと言うのを

見かけたのですがそのグリーンの色に惹かれてしまいました。

ともかくヴィンテージだろうがなかろうが、

自分が気に入ったのだからそれでいいですよね。(^^)

結局この日買ったお皿や、今までにこのお店にフラフラと立ち寄った際に

買った物をテーブルの上に並べてみました。

透明のお皿の前に買った黄色いお皿達

黄色い皿1 

これはどこの物かは知りませんが下から光を当てると

こんなに模様がきれい。

黄色い皿アップ 
ちょっとアップにしてみました。

そして上のお皿よりちょっと小振りなサラダ鉢風の物も。。。

黄色い皿2 

実はこれ、衝動買いしたのですが洗っていて気付きました。

お皿の縁がかなりがたがたに欠けていました。。。

迷った末に返却。。。買う時には焦らないでよ〜くチェックする事も必要ですね。

そしてこの日、買った透明のお皿達。

ボウルと皿1 

下から光を当てて遊んでいるうちに。。。

ボウルと皿2 
もはや、お皿に見えなくなって来た。。。

お皿3枚 

右下のグリーンのお皿はもっともっと前にやっぱりこのお店に立ち寄った時に

衝動買いしたもの。。。ちょっと深さがあってデザートをいれたり、

ナッツを入れたり、重宝しています。

ちなみにダーリンのお好みは写真左の透明なお皿だそうです。。。

遊びはどんどん、エスカレートして。。。

こんな事してみたり。。。

皿もよう5枚、1 
そんな事してみたり。。。

皿模様5枚、2 

結構いっぱい楽しんでしまいました。。。

夏国、シンガポールで一気に増えた我が家の

ガラスのお皿たちでした。。。

今夜、冷たい物が食べたくなったでしょ?(^^)





 

トラックバック:(0) コメント:(6) TOP
Categorie:  (雑貨)

2013’06.20・Thu

リバーサファリ

週末に我が家から車で約20分の所にあるリバーサファリに行って来ました。

新しく出来たと言ってもまだ未完成なのですが約半分程は完成していて

その完成した半分に、はるばる中国からやって来た

パンダレッサーパンダがいます。

リバースサファリ看板 

人混みを想像して朝一番に出かけたのですが、(あと午後近くになると

相当暑くなるだろうと思って珍しく早めに行動)意外と空いていました。

直ぐ隣に隣接している動物園の方は既に列が出来ています。。。

そしてもう一つ隣接されている,ナイトサファリは夕方開園なのでもちろん静か。。。

先ずは入り口でマップを頂いて。。。

サファリ看板 

マップの右中央のボートに乗って動物を見る辺りがまだオープンしていないだけなのね。

それ以外は既に公開されています。

(夫婦揃って何の下調べもせず。。。パンダがいるらしいよ、

私達ってひょっとして生のパンダを目前で見るのは初めてじゃない?

程度の知識しかなくぶらりとやって来た。。。)

入園して目の前に広がるこの景色。。。

広い〜〜!とても動物園じゃないみたい〜。

「どこかの公園みたいだね〜。小旅行に来たみたいだね〜。

アジアンチックな景色だ〜!」と景色だけで興奮する私。。。

ダーリンとはロマンを感じる所が微妙に違うようなので、さっさと道を急ぐダーリン。

後ろから来た人に追い越されるのが損したとでも思うのか、

急いで追い抜き返したりしています。なんでやねん。

急がなくても時間はたっぷりあるのよ〜。

景色1 

あの左手に見えるブリッジは何だろう?

楽しみだね。でもでもそこまでの道のりはそこそこ長そうです。。。

お花にもついつい、目を奪われてしまう私。。。

まだ一匹も動物は見ていません。それでも十分楽しいやんか〜。

(興奮すると何故か関西弁になります。。。)

赤い花 

ダーリンは、「これだけの広さなら、メインが開園していなくても

まあ入場料が一人$20位と言うのは妥当か。。。」とせこい事をつぶやいています。

のっけからほんまにロマンのない男です〜〜。

そんなロマンのない夫の耳元にそっと口を近づけて。。。

「ね〜。腹へったよ。。。」とささやいてやりました。

そうなのです。いつも朝食をちゃんと食べてるのに今日はまだ食べていない〜。

私は既にお腹がぺこぺこ。。。

ダーリンは、「そう?僕まだ大丈夫だよ」と平気で言い放ちます。

「じゃあ、途中でカフェでもあったら、せめてコーヒーでも立ち寄ってね。

じゃないと私、強暴になるから。。。」と言って歩き出したものの

ない。全然ない。。。ない物は仕方ないので我慢。我慢。

水辺に住む動物達を見ながら前進あるのみです。

ビーバーやクロコダイル、変わった魚を見ながら、時々、ダーリンの耳元で、

「ねえ〜。本当に腹へったよ〜」とささやき続けていました。。。

「もうすぐパンダに会えるから。。。」と返事になっていない返事をするダーリン。

ようやくパンダのサインボードが見えて来ました。

「わ〜い!パンダだ〜!漢字で書いた大熊猫って可愛い〜」と

しばし、空腹を忘れる私。

看板2枚セット 

冷房完備のお部屋にはまったりとおくつろぎ中のレッサーパンダが。。。

レッサーパンダに会うのはは横浜の「ズーラシア」以来です。

ズーラシアではずっと歩き続けているレッサーパンダを見ましたが、

冷房をお気に召しているのかしら?

2頭いますが二人ともぐっすりお休みしています。。。

「レッサーパンダってやっぱり何とも言えず可愛いよね。」と

この時ばかりはダーリンとも意見が一致。

レッサーパンダ 

レッサーパンダを頭上に見上げながら通り過ぎると次ぎにパンダが見えて来ました。

名前は「JIA JIA」ちゃんと、「KAI KAI」ちゃん。

JIA JIAちゃんが女の子のようです。JIA JIAちゃんは、人参が好物で、

木登りが大好き、笹の葉を持って木に登っちゃうと書いています。

とても遊び好きで愛らしい女の子だそうです。

一方のKAI KAIちゃんの好物はりんご。(お〜、ダーリンと一緒だ〜)

好きな事は食後の昼寝(げっ、ダーリンとそっくり)

しかも従順で素直な性格だと書いています。(ん〜。これも似ている〜。

男の子ってこんなものなのかしら?)

寝てる
 

ところでこの子はどっち??

お昼寝が好きみたいだから、KAI KAIちゃんかな?

KAI KAI ちゃんの特徴は頭の形が「オニオン・ヘッド」って書いてある。。。

ちょっとこの角度だと見えないけど、イラストを見て笑ってしまいました。

イラストの頭が黒柳徹子さんみたいでした。。。

ぷぷぷ。。。可愛い〜(^^)

お散歩 

そして多分こちらのアクティブな子がきっと、女の子でJIA JIAちゃん。

特徴は肩の黒いショルダーバンドが狭いって書いてある。。。

お昼寝中のKAI KAIちゃんと比べて見るとやっぱり黒い部分が狭いから、

きっとこの子がJIA JIAちゃんでしょう。

ずーっとウロウロと歩き回っていましたが背中に少し毛がはげたような痕が。。。

ストレスで毛がはげてしまったのでなければいいのですが。。。

それがちょっと気になりました。

珍しく何枚もパンダの写真を撮っているダーリン!

(トルコのベリーダンサーのお姉さんに続くダーリンの激写!

相当珍しい行為です!)(^^)

そのダーリンの耳元でささやいてあげました。。。

「ねえねえ、腹ぺこ限界に来てるよ〜〜」

ようやく、パンダのお土産グッズコーナーを出た所で

中華のファーストフード店のような物が出現。

もちろん飛び込みましたとも。

ほらほら、こんなに魅惑的な食べ物が目の前に。。。

セット食事 

ゆっくり品定めする程、脳みそにもお腹にも余裕がなかったので、

「え〜い。AセットとBセット、一つずつ下さい!飲み物は豆乳ね。」

お腹が空いていない、大丈夫と言い張っていたダーリン、

セット以外にもチキンナゲットなんか頼んでるし。。。

「ええ〜?そんな物まで?じゃあ、私はフライドダンプリングも!」って。。。

何で張り合ってんねん。。。思考回路、餌が切れて完全にアウトです。

ヌードル 

朝からしっかりヌードル頼んじゃった。。。

でも思考ゼロに落ち入っている私は隣のテーブルの上の湯気が上がっている

セイロが気になる〜。みんな一人1個頼んでいます。

「ね?私あのセイロも買ってくる!」と言ってオーダーしたのが下の写真。

湯気が上がっているふたを開けると。。。

むっちりパンダ君が顔を出しています!

セイロ2 

はにかみながら顔出している?(^^)

蒸しパンダ2 

ほらほら、あつあつなので、お皿に水滴が付いてますよ〜。

食べるのがもったいなかったけど、熱々が一番ですものね。

中はしっとりこしあんが入っていました。

蒸しパンだ1インスタ 

マンゴープリンまで付いていた。。。

今頃気付くなんて。。。空腹って危険ね。。。

すっかり、食べ過ぎました。。。

レストランを出た所が例のブリッジになっていました。

景色2 

このブリッジを渡るとマップ上の右半分に。

まだようやく、半分なんですね。すごい充実感です。

ダーリンが「うん!これで一人$20そこそこはお得だ!」とまた言ってます。

もう、ええちゅうねん〜。言っておきますがこの金額はもちろんボートでのクルーズが

オープンしたら変わりますからね〜。(^^)

景色3 

ブリッジから来た道を振り返るとこんな感じです。

景色4 

ブリッジからの眺め。。。たくさんの鶴がくちばしに草を咥えて飛行しています。

巣作り中かな。。。

さてさて、すっかり堪能してあとは帰るだけね。。。と

思っていたら、まだまだ見所が。。。

小さな動物のショーが開催されているかと思えばリスザルの庭園の

小径みたいな所あり、訪れた人を飽きさせません。

なんの予備知識もなかった私達は、予期せず最後に大きな

水族館の中に入っていたのでびっくり。

暑い外の空気の中から一転、クーラーがひんやりと効いた水族館の中に

入っただけで一息つきました。

水族館2 

まるで影絵のようになってる。。。

頭上ではマナティーが円陣を組んでいます。。。

お食事中かな?

マナティー1 

ぼーっとマナティーを眺めて気が済むまでクールダウンしてから、

ぼちぼち歩き出しました。そうしたら、いつの間にか水族館の水面に。。。

マナティ−2 

飼育員のお姉さんたちにご飯を貰っているマナティー達です。

その他には。。。こんなとっても珍しい動物も足下にいましたよ。。。

餌は勝手にあげないでくださいね。。。

水族館3 

うふふふふ。。。

私達もいつのまにか、水族館の展示動物に。。。(^^)


〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

お*ま*け

可愛いお花もいっぱい咲いていましたよ〜。

お花達 

ぜひ遊びに行ってみてね。。。

おすすめですよ〜。(^^)





トラックバック:(0) コメント:(6) TOP
Categorie:    (Amusement Park)

2013’03.21・Thu

気になるお花たち

ここ数日、日本から少しずつお花の便りが届き始めました。 

今年のの開花は去年より早そうですね。

私は花や植物が大好きですが、南国のお花をほとんど知りません。

そんな私にはシンガポールに咲くお花は珍しい物ばかり〜。

世界中の南国に育つお花達を集めてきて

ガーデンシティー
としたのもうなずけます。

街がそのまま植物園のよう。。。

その中でもちょっと変わったお花や楽しい名前の付くお花など

目に止まった物をご紹介しますね。

たくさんありすぎて一度にはご紹介出来ないので少しづつ。。。


バウヒニア 


このお花は手の平にこんもり乗るほどなかなか大振りなお花。

”バウヒニア”のお花です。(原産地はマレー半島。)

和名は”色戻りの木”最初は黄色いお花がオレンジ色に変わり、

再び黄色に戻る事からその名がついたそうです。


バウヒニアの群生 


つる科の植物なのでどんどん絡まって、絡まって伸びて行きます。

シンガポール政府は街の景観にとても気を配っているので、

本来は道路を照らすライトもみんな植物で覆いたかったそう。。。

最初の計画ではブーゲンビレアを這わす予定だったそうですが

ブーゲンビレアは言う事を聞いてくれなかったそうな。。。

その話を聞いた時に「バウヒニアにすれば良かったのに。。。」と思ったのですが、

この間セント・トーサ島を車で走っていてこのバウヒニアをたくさん見かけました。

這ってる、這ってる。。。

見事に道ばたのライトに這わせてバウヒニアの木になって林立していました。


バウヒニアの森 


こちらは”バウヒニアの木”を通り越してになりかけてます〜!

ここまで覆い尽くすなんて圧巻です。

* * *

美味しそうな名前のつく木もあります。

それが下の写真。。。


ソーセージの木 


”ソーセージの木!”(アフリカ原産)

何だか形はアケビにも似てるような。。。

お花は内側が赤色でビロード状になりたくさんの蜜を持っています。

花は夜に咲き、コウモリが媒介しているそうで朝には花はすっかり落ちています。


ソーセージの花 


ちょっと写真がぶれてしまってごめんなさい〜。

花も大きくて房状に10個程付きます。


ソーセージの木2 


こちらは花が落ちたあと。

赤い果実は緑色で毒性があって茶色へと変化していくそう。

アフリカでは種はローストして食べるそうです。

(どんなお味なんだろう?)

根は黄色の染料となってローストした実はビールの発酵にも使われます。

硬い木なのでカヌーを作ったり、葉、実、樹皮は皮膚病や日焼け止めにも使われるそう。

なんて万能な木なんでしょう!


ソーセージの花、落ちている所 


朝早く家の近くのボタニックガーデンを散歩していると

お花だけがパラパラと落ちています。

夜、たくさんのコウモリ達が蜜を吸いに来てパーティを楽しんだんでしょうね。
 

ソーセージの木、全景 


こちらがソーセージの木の全景です。

育つと20mにもなる大きな木です。

* * *

他にいつも不思議だな〜とまじまじと眺めてしまうのがこちらの木に咲く花。

”無憂樹(むゆうじゅ)”(インド南部、及びスリランカ原産)


モコモコ  


幹からモコモコ、モコモコ。。。

咲いています。。。咲いてます。。。

初めて遠くから見た時は大きなキノコかと思いました。。

でもどう見てもお花。

調べてみると、お釈迦様に関わる「仏教三大聖樹」と呼ばれる木々の一つ。

「誕生」、「悟り」、「入滅」に関わる木で、「ムユウジュ」、

「天竺菩提樹(インド菩提樹)」、「サラノキ」がそれだそうです。

お釈迦様の母である王妃マーヤがルンビニー園で、「無憂樹」の花が

あまりに見事に咲いていたため、その花房を手折ろうとして右手を上げた瞬間、

その右脇からお釈迦様が生まれたと言われているいわれのある木。


仏陀の花 


花の色は初めは黄色、そしてオレンジ色から赤に変わります。

この写真のお花は咲いたばかりなのかほとんどがまだ黄色い色をしています。


仏陀の花、アップ 


インドでは恋する乙女の願いを叶え、また誕生、結婚にかかわる

幸福の木として愛好されるそうですよ。

(ロマンチックね〜)

種子はマラリアの解熱や駆虫薬にも使われるそうです。


(*早田和美 「驚きの熱帯植物」より参照)


* * *

そして、何と言ってもチャーミングさで一番なのはこちら。。。

”ミッキーマウス・ツリー”(南、または東アフリカ原産)でしょう!

(去年のブログでも登場しましたが可愛いのでまたまた再登場!)


困り顔のミッキー 


ほら、このお顔!

たまらなく可愛いでしょ?

ちょっと、困り顔の子や、


普通顔のミッキー 


普通(?)のお顔の子。


若いお顔のミッキー 


この子はまだあどけなさが残る赤ちゃん顔。


ミッキーのお花 


元々、お顔が出来る前はこんな黄色いお花です。

花びらが散って緑色の額が赤くそりかえって(上の写真、写真左下)

緑色の実がいくつか出て来ます。


ミッキーの実 


やがて緑色の実は熟して黒くなり。。。

(この姿がミッキーと呼ばれるゆえん?)

その実も落ちた後にはお顔が登場。


ミッキーの垣根 


このミッキーマウスツリーは垣根としてあちこちに植えられています。

個性的なお顔の子達が通り過ぎる人々を見ながら

こしょこしょ、内緒話しをしているかもしれませんね。

* * *

シンガポールにいると不思議な木やお花にたくさん出会えますが、

園芸店で見かけてちょっとぶっ飛びそうになったのがこちら。。。

ダーリンはちらっと見ただけでその場からすぐさま去って行きました。。。

私は。。。私は。。。。

怖いもの、気味悪い物程、じっくり眺めてしまうたちですので。。。

凝視したまま、釘付けに。。。

かなりユニーク。。。


不思議な盆栽 


顔は男性のような。。。体は女性のような。。。

このヘルメットのような赤い帽子にはどんな意味が込められてるんでしょう?

頭からは枝も伸びているのでお花も咲くかも?

でも随分放置されたままのような。。。お気の毒に。。。

せめて雑草くらい抜いてあげましょうよ〜。

お家に連れて帰りたいか?と言われたら、「ごめんなさいね」

と断ってしまうだろうけど、ちょっと気になる

不思議なミニ盆栽(?)でした。



ねえ? 誰か買わない?




トラックバック:(0) コメント:(4) TOP
Categorie:  (植物, 花、鳥)

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。