--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorie:スポンサー広告

 トロントに滞在中、ずっとお世話になっていた友人夫婦は二人とも生まれが台湾、

育ったのがブラジルとカナダと言うタイワニーズカナディアンのご夫婦です。

毎日、手際良くささっとご飯を作ってくれました。

私とダーリンがトロントに着いたその日の夜のご飯はこんな感じ。

友達料理1 
「24時間以上の飛行機の旅は疲れたでしょう?」って言って作ってくれた

卵と野菜のスープ。そして薄味のお野菜たっぷり料理。

彼女の味付けは本当に薄味であまりお塩を使わない所がとても好きです。

日本人の私の料理はやっぱり塩分が濃すぎるなあ、と反省させられます。

あと、手際良く何品もちゃちゃっと作るのがすごい〜。といつも感心。

また、別のある日の夕ご飯は。。。。

友達夫婦には、16歳、14歳、12歳の食べ盛りの子供が3人います。

この日はお天気もぽかぽか陽気だったのでがっつりとお肉をデッキでBBQして。。。

友達料理2 
男の子はやっぱりたくさん食べる、食べる〜。気持ちいい食べっぷりでした。

写真のお肉、もちろん1皿じゃないですよ〜。

まだまだ、たくさんデッキで焼いている所です〜。

そしてわいわいと賑やかな食事が終わったらコーヒータイム。

旦那様は子供時代から思春期の途中までをブラジルで暮らしていたのですが

毎日コーヒーの良い香りが漂う中で過ごしていたそうです。

そのせいか大のコーヒー好き。

朝も夜も彼がいつも美味しいブラジル式コーヒーを入れてくれます。

毎夜毎夜、飽きる事なく夜中の3時までお喋りを楽しんでいた時、

旦那様から、「ブラジルコーヒーのいいファクトリーを

最近見つけたら一緒に行こう!」と誘われました。

家からさほど遠くない所にそのブラジルコーヒーのファクトリーはありました。

caralhoコーヒー 
Carvalho Coffee

赤いパッケージが目に鮮やか〜。一袋一袋、通し番号がふってあって

ネットでその番号を調べると購入したコーヒーの詳細な

インフォメーションが得られるそうです。

コーヒーファクトリー内 
ここでコーヒー豆の話を聞いたり、談笑しながらコーヒーを頂きました。

ちょっと、実験室風〜(^^)

豆の種類 
豆の種類です。

コーヒー 
写真左上から時計廻りにどんどん焙煎する時間を長くしていったお豆達。

焙煎マシーン 
これが焙煎マシーン。

少しづつ時間をずらして焙煎し、研究を重ねて全部ノートに控えてるんだそうですよ。

このお兄ちゃんはブラジリアンではなくてロシアからブラジルに来て

このファームで働いていたのだそうです。

そしてこのファームのオーナーさんが子供の学業の為にカナダ移住をして来たのを

機にこちらに一緒に移り住んだそうです。

コーヒーを入れる 
美味しいコーヒーの入れ方を伝授してくれてます。

そしてコーヒーの飲み比べもしました。。。

下の写真はそのファームの写真。

写真 
この「Carvalho Coffee」日本にも進出してるんですって。

全然知らなかったな〜。

どこかで見かけた方いらっしゃいますか〜?

私はこのコーヒーがとっても好きでした。

友人の旦那様に至っては凄い惚れ込みようで、豆を買いに行っては3時間程も

ここで話し込んで来るそうで家族のみんなが呆れる程。。。

車で出かけようとする彼の車に子供達が飛び乗って一緒にお出かけしようとしても

行き先がここだと知るとみんな車から直ちに降りるそうです〜(^^)

普段そんなおしゃべりじゃない彼が事コーヒー豆に関しては熱く熱く語るのだから

相当ここのコーヒーのお味のレベルは高いんでしょうね〜。

「いつか、リタイヤしたらカフェでも始める?」って私が聞くと

にやって笑いながら「一緒にしようか?」って聞くので

「いいよ〜」って返事しておきました。うふふ。。。

シンガポールに帰って来てからも友人の旦那様の入れてくれたコーヒーが

本当に恋しくて困りました。やっぱり美味しいんだよね〜。

どんな媚薬が入っていたのかな〜〜。

3枚写真 
さて、コーヒー屋さんを後にして、少し時間があったので

懐かしい町をぶらりと4人でお散歩。

海のように広いオンタリオ湖そばの変わらない風景。。。

湖の側1 
私の大好きな花、「シラーシベリカ」が群生しています。

この前のブログにこの花の名前が分からない。。。って書いたら、

お友達が早速教えてくれました〜。(教えてくれてどうもありがとう)

とてもとても私の大好きなお花です。

花 
またまた、しつこくUPで載せちゃおう〜。

ほらほら。。。きっとあなたも好きになるよ〜〜。

と強引に暗示にかける。。。うふふ。。。(^^)

湖の側2 
この景色を見ながらダーリンはおセンチに。。。

やれやれ。。またですか。

(多感なお年頃なのね〜??)

湖の側3 
実はこの写真の水平線上にちらっと小さく白く見えるビル達。。。

(ほとんど見えないけどうっすらと見えてるのはトロントのビル群です)

フラワーポット1 
小さな町中には至る所にポットの寄せ植えが飾られています。

フラワーポット2 
そうして、ちょっとお花屋さんも覗いてみました。

こちらも春色です〜。

百合とボケー 

蘭とカラー 
ランのお花もこんな風に飾ると可愛いですね。

蘭 

ピオニー 
ぷっくらとしたシャクヤクも愛らしい〜。

黄色い花 
こちらは黄色がメインのお花達〜。

今回の帰省の間は本当にお天気が良くぽかぽか陽気続きで。。。

日本に続いて春を2度も堪能し、美味しい物をたくさん食べ、

新しい出会いあり。。。元気をいっぱい貰った帰省となりました〜。

次回の帰省は夏の予定です。。。今度はちょっと長くいます。

その時は、頑張って家のお掃除しますよ〜。





スポンサーサイト

トラックバック:(0) コメント:(7) TOP
Categorie: (Toronto)

2013’05.31・Fri

Torontoで懐石

ご無沙汰してます〜。

全開のブログを書いた後、何故か冬眠状態に突入していました〜。

ご飯を作る気力もなければ、外出する気力もなく、イライラ悶々。。。

「なんや、なんや。この沸き起こるイライラ悶々は。。。」と思いつつ、無性に眠く

体が欲するままに惰眠をむさぼり、家事を放棄し、食欲すらなく。。。

(寝ている間に2キロも痩せたよ〜。素敵〜。)

ただただ、ポメチャと一緒に冬眠をしておりました。。。

スーパームーンのせいか、はたまたホルモンのなせる技かと悶々としていたのですが、

満月が来た途端、スパッと気持ちよく冬眠から目覚めました!

(良かった、良かった。ず〜っとこのまま目覚めないかと思ったよ〜)(^^)

そんなこんなでカナダから帰って来て随分たちますが、

しつこく続きを書いてます。。。 

 〜*〜*〜*〜*〜*〜


下の写真はトロントです。なんだか、建設中のビルが増えてる〜。

QEW 

今回のトロント滞在中、(正確にはトロント市内ではないけど)お友達二人の

家にお世話になっていました。(自宅は今、人に貸しています)

その一人のお友達の家にお泊りした翌日、

(そのお友達は懐石レストランを経営しています)

ランチにお招きされました。

泊めて頂いて素晴らしいお夕食までごちそうになった上に、

お店でランチまで!!そんな贅沢三昧な事!

と。。。言いつつずーずーしくもすっかり甘えてしまいました。。。
 
ハーバーフロント 

お店に行く前にちょっと、道草。。。トロントのハーバーフロントにて。

この日は本当にいいお天気でトロントもすっかり春になりました。

桜 

レストラン前の桜も満開でした。

ピンクの桜 

濃いピンクの桜も美しい〜。

日本で桜を堪能し、まさかトロントでも桜が見れるなんてなんて幸せ者〜。

青空と桜 

青空のもと、満開の桜の下で走り回る子供達。。。

お友達のレストランからはこの満開の桜が窓越しによ〜く見えていました。

(贅沢な事です〜)

橋本さん 

「懐石遊膳、橋本」さん。

カナダのベストレストランにも選ばれ、京都で開かれた懐石のコンペティションでも、

賞を取り。。と、もう私のボキャブラリーのなさでは説明をするのが失礼に当たる程、

素晴らしい腕を持った方です。

日本の素晴らしい伝統を広く知ってもらいたいと、このカナダで頑張って30年。

一切、手を抜く事なく毎日毎日、心を込めてお料理を作られている方で

私もダーリンも本当に心から尊敬をしている方です。

そしてこの橋本さんfamilyからはいつも元気と勇気を頂いています。

(ご家族もとっても素敵なの〜)

切り抜き 

彼はお料理以外にも素晴らしい腕の持ち主で、

何とお店の内装は全て彼の手による物です。

テーブルと椅子以外は全て彼のデザイン、施工です。

入り口

もちろん壁だって。。。

店内② 

この明かり照明も彼の手作りです。。。

ため息。。。。

店内① 

天井の照明も一つ一つの照明も。。。

店内③ 

この鴨居だって。。。屏風だって。。。手作り。

写真には床は写ってないけど、床を張ったのも彼の手による物です。

本当は夜しかお食事を出していないのですが、久しぶりに帰省した私達の為に

特別に貸し切りでランチを作って下さいました。

料理① 

お着物を召されているのは奥様です。

とってもとっても優しい方で私の大好きな方です。

料理② 

 食材は全て日本から仕入れていて、養殖物は使わず天然ものしか使用していません。

その違いが食べた時に口の中ではっきり分かります。

それほど、私って日々の暮らしの中で体に優しくない物を食べてるんだな〜って

実感、真面目に反省してしまった。

料理③ 

桜が満開になったので。。。と、桜御前。。。

鯛のお刺身はほんのりと桜の香りがしていました。

全の素材が体に染み渡っていくのがジワジワと分かる程、

体が喜んでるのが良〜く分かって。。。

ここって、カナダにいるとは思えない。。。

こんな贅沢していいの?って何度も自分に聞いていました。

料理④ 

デザートも全てもちろん手作りです。

料理⑤ 

こちらのデザートも美しく。。しかもとっても美味しくて。。。

もう。この後、シンガポールに帰って私は何を食べたらいいの〜!

って心の中で叫んでました。

お茶 

そして、そして。。。お食事のしめには、お茶まで立てて頂いて。。。

ここでも手作りのお野菜のデザートを頂いたんですよ。

一つ一つのお料理に心がこもっていて、毎日の食事を

もっと見直さなくちゃいけないな〜、最近愛情が欠けてるな〜。

いい加減に手抜きになってるな〜と反省しきりでした。

そして、もっと素材も大切にしようって改めて思いました。

本当にごちそうさまでした。

幸せな幸せな時間でした。。。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

そうして、カナダから帰って来て。。。。

橋本さんのご飯が恋しくてたまらない私は、ご飯を作るどころか、

何故か冬眠状態に。。。え?あの反省は一体どこへ?

あの純粋な清らかな心はいずこへ??

食欲は失せ、家事をする意欲はさらさらなく。。。

そうして冬眠??何故?

夕食はほとんど食べれない日が続き、ひどい時には眠り続け、

ダーリンが一人で夕食を食べた事すら気付かない日もありました。。

。。。が、人間そうそう、長く冬眠って出来ないんですね。。。

すっきりとエネルギーを充電したのか、突然満月と共に

(朝日じゃない所がちょっと笑えるけど)すっかり元気になりました!

そんな訳で突然ですが今朝は無性にご飯が食べたくなり

朝からおにぎりを黙々と握ってしまいました!(^^)

おにぎり 

おかずまで作る時間がなかったので、冷蔵庫の中の有り合わせの物を一緒に。。。

トロントのタイワニーズのお友達からお土産にもらった、

ほんのりカレー味(うこんの香り)のオリーブと

ヤムポテトともろみ味の発酵食品も一緒に頂きました。

おにぎりを頬ばりながら、食べれるって幸せ〜。

素敵なお友達に恵まれてる私って本当に幸せ〜って

心がほこほこしてきました。(^^)

みんなも時々体を休ませてあげて、

そして美味しいものを食べてほこほこして下さいね。





トラックバック:(0) コメント:(8) TOP
Categorie: (Toronto)

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。