--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorie:スポンサー広告

2013’08.07・Wed

楽しい名前のお花たち

 
シンガポールで出会ったお花たちの中には楽しい!

面白い名前の物がたくさんあります。

今日はその一部をご紹介しますね。

キャノンボール 

キャノンボール・ツリー

砲丸の木」とも言います。原産は南アメリカのギアナ。

私はどうも、この花を見る度に、ん?ドラゴンボールだっけ?って

一瞬、名前を迷ってしまうお花。

キャノンボール,大 

直径は15~20cmもあって、手のひらサイズ位あります。

なかなか、香しくない。。。お花です。(^^:)

ちなみに木質化した部分は容器としても使われます。

ドレミの木 

ドレミの木」、「モーニング・キス

何とも楽しげな蕾たち。。。

ひょっとして夜中にみんなで踊ったりしてない?

お花が開く前はくるくると音符のように巻いているので

ミュージカル・ノート」とも呼ばれます。

原産地は熱帯アフリカ、フィリピン。

夕方、首(花序)を伸ばして花を咲かせ

朝にはお花を落としてしまいます。

ドレミの木、お花 

珍しく、朝9時頃まで頑張ってお花をつけていたドレミの木。

いやいや、「モーニング・キス」の呼び方の方がこの場合はぴったりかな?

ハンカチの花 

こちらは日本でも鉢植えでも売っているお花。

ハンカチの花」、「ウスギコンロンカ」ともいいます。

原産地はスーダン東部。日本では九州南部以南に自生しているそうです。

白い花びらに見えているのは萼片で、その内の1枚が葉っぱと同じ位に

大きくなります。黄色い部分がお花です。

ミッキーマウスツリー 

ミッキーマウス・ツリー

これはもう〜。私のブログに3回目の登場〜。

ポメパパですら、1番に名前を覚えたわが家の人気者。

なんてったってこの個性的なお顔がかわいいですよね。

原産地は南、または東アフリカです。

スパイダーリリー 

スパイダーリリー

原産地は西インド諸島。

たまたま、風邪が吹いていたので花びらがゆらゆらとそよいでいます。

真っ白で美しいクモが葉の上を歩いているように見えるので

スパイダーリリーと呼ばれるらしいです。

品種改良されて細長くした葉、短くなったもの、

太い葉のもの、まだらの物などがあるそうです。

狐の日傘 

きつねの日傘

原産地はインド、スリランカ。

なんてチャーミングな名前。色合いもかわいいですよね。

お花は下から咲き始めます。

色は黄色の他にもオレンジを良く見かけます。

猫のひげ(白) 

猫のひげ

名前に惚れてしまった〜〜。

見ただけでこの名前の由来が分かるというもの。

このピンピンと突き出たおしべとめしべがまるで猫のひげのようです。

猫のひげ(パープル) 

白以外にもパープルもあります。

元々は腎臓や高血圧などの薬草としての利用が多かったそうですが、

香料、食用、観賞用に利用されています。

ん〜。しまった〜、匂いを嗅ぐのを忘れたわ〜。

ブラックキャット1 

猫シリーズ。。。。

その名も「ブラックキャット

ブラックリリーや、バット(コウモリ)リリー

デビルフラワー
とも呼ばれます。

ブラックキャット2 

和名の中に「クロバナタシロイモ」と書かれていました。

そっか〜、わかりやすい〜、一読瞭然。。。(こんな言葉あったっけ?)

お芋ちゃんの仲間なのね。。。食べてみたい。。。

地下茎を食用に、葉と花序はカレー料理に使います。

原産地は北東インド、ビルマ、タイ、マレー半島、スマトラ、ジャワ、ボルネオです。


(*「驚きの熱帯植物」早田和美著を参照にさせていただきました。)


そして。。。。。ブラックキャットと言えば?

ポメチャ 

わが家の「ブラックキャット・ポメロ

愛称、ポメチャ。

原産地はシンガポール。

とても甘い良い香りがして、特に夜になると跳ねて踊ります。。。

一度匂いを嗅ぐと虜になるので要注意。。。中毒になります。

食用には不向きですが側に置くとリラックス効果、

癒し効果が多いに期待出来ます。(^^)



 
スポンサーサイト

トラックバック:(0) コメント:(1) TOP
Categorie:  (植物, 花、鳥)

2013’08.01・Thu

窓の外の珍客

 
こんにちは〜。今日からもう8月です!

1年中、常夏のシンガポールに暮らしていると、

季節感が全く失われてしまい、お日様がギラギラと照りつけていると

気が滅入るのですが久しぶりにヘイズから解放された青空は

やっぱりいいものです。

窓の外 

わが家のベランダから見る青空。

とてもジャングルな私のお気に入りの景色ですが、

ある日、こんな珍客がやって来ました。

サイチョウ、2 

こちらは寝室の窓の外。

かなり大きい鳥です。カラスより大きいかな〜。

(後でよく調べてみたら、100cm位になるそうです。)

ちょっと写真の色が悪いけど。。。

サイチョウ 

ん〜?やけにくちばしの大きい鳥です。

どこからがくちばしなのかな〜?

くちばしが3つもあるように見えるのは気のせいかしら?

気のせいだよね〜。

サイチョウ、羽 

毛繕いを始めたら、な〜んて美しい羽の模様。

これは毛を広げないと見れない模様です。

Photo,1 

お友達に話をしたら、「オオハシかも?」って。。。

そうだ!そうだ〜!そうに違いな〜いってかなり興奮したものの、

でも、よ〜く見比べるとちょっと違う。。。

「じゃあ。こっちかも?」オオハシで探していたら仲間にこんな鳥がいました。

うん。ちょっと、近くなった。。。でも、まだ違うな〜。

Photo,2 
*参考用にオオハシとサイチョウの写真を神戸花鳥園さんからお借り致しました。


目の廻りの色が違うわ〜。

私が見た子は少しブルーが入っています。

気になって気になって仕方がなかったある日の事。

偶然、River Safariに行った時、トイレから出て来たら目の前にその鳥がいました。

アニマルショーの最中で飼育員のお兄さんの腕に止まっていた!

でも、話しかける間もなく、バックヤードに戻って行ってしまいました。

こうなるとますます気になる〜って地団駄踏んでいたら、

これまた偶然に答えがあちらからやってきました。

広い本屋さんの中の通路を歩いていたら、通路横にぽつんと1冊の本が。

しかもあの鳥が載ってる〜。慌てて駆け寄りましたとも!

鳥の本 

いたいた!この子、この子!正しくこの子です!

飛ぶ 
*写真は「Birds Of Singapore」より拡大、引用させて頂きました。


羽を広げて飛ぶ姿はこんな感じです。

Oriental Pied Hornbill" と言う名前。

日本名は”サイチョウ”です。マレーシアの国鳥だそうです。

サイチョウには種類がたくさんいるみたい。

寿命も50年くらいあるそうですよ。

マレー人のおじさんに聞いたら、「こんな珍しい鳥を良く見つけたね!

すごいね!」と絶賛されたあと「昔はたくさんいたんだけど、

今はすっごく珍しい鳥だよ。高く売れるよ!」と言われました。

(いやいや、そう言う話じゃないから〜)(^^:)

名前が分かったのでネットで調べてみると、

シンガポールの切手にも使われていたみたい。

数が少なくなって政府が保護をして少しづつ自然界に戻している所だそうです。

そんな貴重な鳥を目の前で見れてなんて幸せ〜。

私が家には2回程、やってきました。

側にはメスらしきサイチョウもいました。数羽単位で行動しているそうです。

鳴き声はまるでお猿さん。それも激しく「ギャッ、ギャッ!」って鳴きます。

わが家にもお猿さんが一度だけ来た事がありますが、

お猿さんが何かに襲われているのかと思う程の大きくて激しい鳴き声でした。

「いや〜。これはやかましくて家では飼えないね〜。」ってとうちゃん。

(おいおい、国で保護してる鳥だから飼っちゃまずいでしょうよ?)

ポメチャがいつも窓の外を眺めている理由がこれで納得〜。

カラフルなオウムは来るし、昆虫もくれば、リスもお猿さんも。。。

ベランダのブーゲンビリアの花の中で”ピンク・ネックド・ピジョン”が

雛を孵した事もあったね〜。っと回想しながら

目の前の豊かなジャングルに改めて、感謝。感謝。。。

〜*〜*〜*〜*〜*〜

そして、昨日はまたこんな珍客が目の前の

ヤシの木に止まっていました。。。

人間 

音もなくスルスル〜っと。スパイダーマンのごとく。。。

「お〜〜っと!」

あわてて、胡座をかいていた足を下ろして、

パジャマを着替えにいったかあちゃんです〜。

あぶにゃい、あぶにゃい!

こっちも見てるけど、あっちも覗いてたよ〜。

ジャングルの景色はいと楽し。。。。(^^)






トラックバック:(0) コメント:(2) TOP
Categorie:  (植物, 花、鳥)

2013’03.21・Thu

気になるお花たち

ここ数日、日本から少しずつお花の便りが届き始めました。 

今年のの開花は去年より早そうですね。

私は花や植物が大好きですが、南国のお花をほとんど知りません。

そんな私にはシンガポールに咲くお花は珍しい物ばかり〜。

世界中の南国に育つお花達を集めてきて

ガーデンシティー
としたのもうなずけます。

街がそのまま植物園のよう。。。

その中でもちょっと変わったお花や楽しい名前の付くお花など

目に止まった物をご紹介しますね。

たくさんありすぎて一度にはご紹介出来ないので少しづつ。。。


バウヒニア 


このお花は手の平にこんもり乗るほどなかなか大振りなお花。

”バウヒニア”のお花です。(原産地はマレー半島。)

和名は”色戻りの木”最初は黄色いお花がオレンジ色に変わり、

再び黄色に戻る事からその名がついたそうです。


バウヒニアの群生 


つる科の植物なのでどんどん絡まって、絡まって伸びて行きます。

シンガポール政府は街の景観にとても気を配っているので、

本来は道路を照らすライトもみんな植物で覆いたかったそう。。。

最初の計画ではブーゲンビレアを這わす予定だったそうですが

ブーゲンビレアは言う事を聞いてくれなかったそうな。。。

その話を聞いた時に「バウヒニアにすれば良かったのに。。。」と思ったのですが、

この間セント・トーサ島を車で走っていてこのバウヒニアをたくさん見かけました。

這ってる、這ってる。。。

見事に道ばたのライトに這わせてバウヒニアの木になって林立していました。


バウヒニアの森 


こちらは”バウヒニアの木”を通り越してになりかけてます〜!

ここまで覆い尽くすなんて圧巻です。

* * *

美味しそうな名前のつく木もあります。

それが下の写真。。。


ソーセージの木 


”ソーセージの木!”(アフリカ原産)

何だか形はアケビにも似てるような。。。

お花は内側が赤色でビロード状になりたくさんの蜜を持っています。

花は夜に咲き、コウモリが媒介しているそうで朝には花はすっかり落ちています。


ソーセージの花 


ちょっと写真がぶれてしまってごめんなさい〜。

花も大きくて房状に10個程付きます。


ソーセージの木2 


こちらは花が落ちたあと。

赤い果実は緑色で毒性があって茶色へと変化していくそう。

アフリカでは種はローストして食べるそうです。

(どんなお味なんだろう?)

根は黄色の染料となってローストした実はビールの発酵にも使われます。

硬い木なのでカヌーを作ったり、葉、実、樹皮は皮膚病や日焼け止めにも使われるそう。

なんて万能な木なんでしょう!


ソーセージの花、落ちている所 


朝早く家の近くのボタニックガーデンを散歩していると

お花だけがパラパラと落ちています。

夜、たくさんのコウモリ達が蜜を吸いに来てパーティを楽しんだんでしょうね。
 

ソーセージの木、全景 


こちらがソーセージの木の全景です。

育つと20mにもなる大きな木です。

* * *

他にいつも不思議だな〜とまじまじと眺めてしまうのがこちらの木に咲く花。

”無憂樹(むゆうじゅ)”(インド南部、及びスリランカ原産)


モコモコ  


幹からモコモコ、モコモコ。。。

咲いています。。。咲いてます。。。

初めて遠くから見た時は大きなキノコかと思いました。。

でもどう見てもお花。

調べてみると、お釈迦様に関わる「仏教三大聖樹」と呼ばれる木々の一つ。

「誕生」、「悟り」、「入滅」に関わる木で、「ムユウジュ」、

「天竺菩提樹(インド菩提樹)」、「サラノキ」がそれだそうです。

お釈迦様の母である王妃マーヤがルンビニー園で、「無憂樹」の花が

あまりに見事に咲いていたため、その花房を手折ろうとして右手を上げた瞬間、

その右脇からお釈迦様が生まれたと言われているいわれのある木。


仏陀の花 


花の色は初めは黄色、そしてオレンジ色から赤に変わります。

この写真のお花は咲いたばかりなのかほとんどがまだ黄色い色をしています。


仏陀の花、アップ 


インドでは恋する乙女の願いを叶え、また誕生、結婚にかかわる

幸福の木として愛好されるそうですよ。

(ロマンチックね〜)

種子はマラリアの解熱や駆虫薬にも使われるそうです。


(*早田和美 「驚きの熱帯植物」より参照)


* * *

そして、何と言ってもチャーミングさで一番なのはこちら。。。

”ミッキーマウス・ツリー”(南、または東アフリカ原産)でしょう!

(去年のブログでも登場しましたが可愛いのでまたまた再登場!)


困り顔のミッキー 


ほら、このお顔!

たまらなく可愛いでしょ?

ちょっと、困り顔の子や、


普通顔のミッキー 


普通(?)のお顔の子。


若いお顔のミッキー 


この子はまだあどけなさが残る赤ちゃん顔。


ミッキーのお花 


元々、お顔が出来る前はこんな黄色いお花です。

花びらが散って緑色の額が赤くそりかえって(上の写真、写真左下)

緑色の実がいくつか出て来ます。


ミッキーの実 


やがて緑色の実は熟して黒くなり。。。

(この姿がミッキーと呼ばれるゆえん?)

その実も落ちた後にはお顔が登場。


ミッキーの垣根 


このミッキーマウスツリーは垣根としてあちこちに植えられています。

個性的なお顔の子達が通り過ぎる人々を見ながら

こしょこしょ、内緒話しをしているかもしれませんね。

* * *

シンガポールにいると不思議な木やお花にたくさん出会えますが、

園芸店で見かけてちょっとぶっ飛びそうになったのがこちら。。。

ダーリンはちらっと見ただけでその場からすぐさま去って行きました。。。

私は。。。私は。。。。

怖いもの、気味悪い物程、じっくり眺めてしまうたちですので。。。

凝視したまま、釘付けに。。。

かなりユニーク。。。


不思議な盆栽 


顔は男性のような。。。体は女性のような。。。

このヘルメットのような赤い帽子にはどんな意味が込められてるんでしょう?

頭からは枝も伸びているのでお花も咲くかも?

でも随分放置されたままのような。。。お気の毒に。。。

せめて雑草くらい抜いてあげましょうよ〜。

お家に連れて帰りたいか?と言われたら、「ごめんなさいね」

と断ってしまうだろうけど、ちょっと気になる

不思議なミニ盆栽(?)でした。



ねえ? 誰か買わない?




トラックバック:(0) コメント:(4) TOP
Categorie:  (植物, 花、鳥)

2012’08.08・Wed

Gardens by the Bay

 先日友人達と一緒に新しく出来た『Gardens by the Bay』に行って来ました。

タクシーのドライバーさんに「メインゲートに行ってね。」とお願いしても

そのメインゲートがどこだか認知されていない程ほっかほっかの

おニューの未来都市的ガーデンの誕生です。

日本で昨年放映されたSmapのコマーシャルのおかげで有名になった

Marina Bay Sands』とも陸橋で繋がっています。

メインゲートからチッケット売り場にたどり着く手前にこんな

空に向かって開けた場所がありました。

何が見えるんだろう?と階段を上って見ると。。



ガーデン入り口青空 


青空の中に『Marina Bay Sands』

見事に晴れました!そして見事に暑くなりそうな気配!というか、既に暑い。。


青空とサンズ 


ガーデンはサンズの南側に広がっています。

ハイウェイを走っていても良く見える巨大なキノコ状の建物と

団子虫の背中のようなドームが二つ。

広すぎて全てを見るのは体力的に無理、無謀なので

今日はせめてこの二つのドームを見る事さえ出来たら大満足。

二つのドームの名前はCloud Forestと「Flower Dome



キノコ 


このキノコさんの(今パンフレットを読んでみたら、

スーパーツリー
と言う名前でした。)

側面には、一面に植物が植えられる予定だと聞いていました。

写真で見るとまだまだスペースがある。

これからもっと植えるのかな?それとも成長していくんでしょうかね。

このスーパーツリーの周りをぐるっと空中回廊(Skyway)が渡してあって、

22メートルの高さ、鳥さんの目線で楽しんで下さいと

パンフレットには書かれてある。。。)

夜はライトと音楽を使ったショーも楽しめるそうです。

(見たいけどさすがにそこまでいる元気なし。夜は夜で改めて来ることにしましょう)


下の写真は「Cloud Forest」の中です。

散水 


 地上から35メートルの高さの人口のマウンテンの至る所から

滝が流れ出しています。

山の側面にはびっしりと蘭や植物が植えられています。


散水 


ミストが顔に当たって涼しい〜。

ひんやりとしたドームの中はぐるぐるとこれまた空中回廊が渡されていて

(頭上にも人が歩いてる)

シンガポールの街の景色も同時に楽しめます。

ドームの中
 


ドームの外には黒川紀章氏デザインの観覧車がちらり。


ドームの中2 


スーパーツリーや、


ドームの中からサンズ 


「Marina Bay Sands」も。

高所恐怖症の方はちょっとご注意を。下を覗くと足下にも人が歩いています。

良かった〜。スカートはいてこなくて〜(^^)


マー様 

マーライオン風?

このドームのマウンテンの側面や足下にはこんなカラフルなお花達が咲いていました。 


花4種 


もう一方のドーム「Flower Dome」にはクールドライな地中海地方 の植物と

四季折々の植物が植えられています。

後で知ったのですが、樹齢1000年のオリーブの木があったみたい。

(えっ?どこに?知らずに通り過ぎていました。。。

私ったら何見ていたのかしら?残念。)


サボテンいっぱい  


こんな可愛いサボテン(?)多肉植物が並んでいるのはほのぼの可愛い。

ちょっとキャベツのような菊の頭のような。。。


フクロウとサボテン 


なんて素敵な丸みでしょう。お花が咲いていなくても姿形、それだけで美しい。


ばおばぶ 


おおっ。こちらはかの有名なバオバブの木

星の王子様」で有名な木ですよね。

どっしりと貫禄です。

実はこのドームには去年の11月に無料ご招待のチケットで訪れた事があります。

唯一このドームだけ、仮オープンだったのですが、

あの時よりちゃんと根付いた感があります。

あの時は植物さんがみんな見知らぬ国の見知らぬ場所で初めて会う植物達と

まだ慣れ親しんでなくてよそよそしい感じでしたが今回はしっくりとした感じです。

下の写真はその11月の時の物。

バオバブさんの足元にはまだ小さい植物は植わっておらず、

パワーストーン(多分)!!!の原石らしき物がゴロゴロ。ゴロゴロ。。。

石好きの私はこちらに目が奪われてしまって、もう大興奮でした。

いや〜。今見てもいい!。ムラムラときめくのは私だけでしょうか?


原石  


その時、隣にいたダーリンが「あーたは、人と全然違うもの見て興奮してるね〜。」

と言っておりました。

だってたまらなく好きなんですから仕方ないじゃない。

でも今回も心密かに楽しみにして来たのにない。。

どこ行っちゃったの?あ〜んなにたくさんの原石〜!

残念〜。

原石さん達の代わりにバオバブさんの足元には背丈の低い

多肉植物が植わっていました。


サボテンと花 


そしてこんな黄色い小さなお花を咲かせています。


フリル 


こちらは近づいてみると分かるのですが可愛いフリフリ。

葉っぱのふちに極小のお花らしき物が咲いています。

そしてとっても不思議な物。前回も「これは何〜?植物?鉱石?」とわめきながら

何だか分からないままになっていた白い物体。

今回もまた再会を果たせました、が、

今回もこの物体が何やら突き止めないままに。。

(こら、調べなさいって。。!)(^^:)

不思議な物 


ごめんなさい。謎の白い物体です。。

まだまだ他にもたくさんのサボテンの仲間達。


サボテン3種  

 
どの子もみんな個性的で造形が本当に美しいです。

そして色も美しい。

グリーンと言ってもいろんなグリーンがありますね。

ぐるっと多肉植物を見て回った後には私達にはなじみ深いコーナーに。

日本の春から夏にかけて咲くお花たちが展示されていました。


お花とサンズ 


色合わせが何となくアジアチック。

ドームの外にはサンズが見えています。

こちらのコーナーで目に止まったのが百合の花

こんな色合いの百合達は初めて見ました。

なかなかシックで妖艶な大人色の百合。。


ゆり3種 



たくさん心惹かれるお花や植物を見たのですが、一番心に残ったのがこちら。

なんだかね、もにょもにょ、ぷくぷくしてるんです。

ちょっと「きもかわいい?」って言うの?世間では?

夜になるとむにゅむにゅ動いていそうでしょ?



モニョ 


お隣さんと手なんかつないでいそうじゃない?(^^)

このぽにょぽにょ、むにゅむにゅ、たまらない〜。

触ってみたくなりますよね。

なんていう名前なのかな〜?


魅惑のサボテン 


って、だから〜、調べなさい!ってば。。。





トラックバック:(0) コメント:(8) TOP
Categorie:  (植物, 花、鳥)

ちょっと前のある日のこと。
ふらふらと(暑いゆえ、のたりくたり。。)バス停に向かって歩いていた時、測道に続く長い長い緑の垣根の中に
黄色や、赤いお花を見つけました。

ミッキーマウス2

つぼみ

黄色?赤?つぼみ?グリーンの種?ん?ん?黒い種も?
何だ、何だと垣根ぞいにへばりつくこと数十分。。。
(こうなると、暑さは飛んでいる)


きろーとgレエン

一種類のお花なんだろうか。。それとも複合体?
答えはわからないまま、あきらめて家に帰ってきました。

それから数日後、何気に開いた本の中に何と!あのお花発見!
『ミッキーマウスの木』!!

なんて可愛い名前の木なんでしょう!

黄色い花びらが散ったあと、花びらの下にある緑色の萼が赤く反り返り、緑色の実が熟すと黒くなるそうな。。。
その姿がミッキーマウスを連想させることからついた名前だそうです。。。

ん〜。どう?連想させる?

ミッキー黒




トラックバック:(0) コメント:(7) TOP
Categorie:  (植物, 花、鳥)

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。