--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorie:スポンサー広告

今日はスリランカに8つある世界遺産の内、2つを訪れる予定です。

今日訪れる世界遺産は断崖絶壁の岩山に登らないといけないので

朝ご飯はしっかり頂きます!

何が楽しみだったかって、スリランカ料理スリランカンカリー

昨夜から楽しみにしていたのだ〜。

スリランカはイギリスの統治下に置かれていたこともあるので

おいしいパンがたくさんあって、街中でもいっぱいお店があると聞いていました。



朝食のパン 


おお〜。あります。ありますね〜。

でも今朝の私の楽しみはパンではなくて。。。

スリランカの人たちがよく食べているローカルメニュー。



パンを焼くおじさん 



あった!あった!これ、「Appaアーッパ。(写真の一番手前)

ホッパーとも呼ばれています。写真はエッグ・ホッパー。

ココナッツミルク入りお椀型クレープのような物に卵を落として焼いています。

興奮して「これ食べる、食べる〜!」ってお兄さんにオーダーしていたら、

ダーリンが「それは何?何が入っているの?卵は入れなくちゃいけないの?」

とか、私に質問しまくります。

「え〜?お兄さんに自分で聞いてよ、私は前に説明してあげたじゃん、

人の話聞いてないからもう〜」って仕方なく知っている限りの事を説明していたら、

お兄さん達全員こっちみてニヤニヤしてる。

やだな〜。恥ずかしいな〜。もう。

仕方ないからにっこり笑って「これには何かつけて食べるの?」

って聞いたら、「サンボルをつけるとおいしいよ」って返事が返って来ました。



サンボル 


sambolサンボルです。(写真手前)

ココナッツや野菜の和え物、サラダ類の総称だそうです。

主な物は削りココナッツにチリとライムと塩を加えた物や、

タマネギに砂糖とチリを加えて炒めた物など。

かつお節(モルディブフィッシュ)が入っている物もあります。

サンボルの真後ろにあるのがかつお節風の物。

写真、向かって左がココナッツが入っていました。

右端はチャツネ。スリランカ料理ではないけど、私はチャツネは

いろんなチーズと混ぜ混ぜしてクリーミーにしてディップとして

クラッカーなどにつけて食べてます。(これ、結構いけるのよ)


朝食の麺 



そしてこちらは「Indi Appa」(写真向かって左手)インディ・アーッパ

String Hopperストリング・ホッパーとも呼ばれていて

朝食の定番メニューだそうです。

米粉を練って型から出し、蒸した物だそうです。まるでおそうめんそっくり。

右側にあるのは、「Kiri・ bathキリ・バット

ココナッツミルクで炊いたご飯です。

ここに写っているのは赤米を使用しているみたい。

白米よりも玄米に近い赤米の方がよく出されるみたいです。

カリーにはこのパラパラ感が良く合います。

豊穣の証しとして新年の料理やお祝い事などめでたい席で出され、

基本的には朝食としてしか食べないそうです。

これらにホディと呼ばれるカリーやサンボルをかけて混ぜこぜにして食べます。

もう〜。待てないからっ。。



カリー 


こちらが各種カリー。

一番左手にある茶色い四角いキューブ状の物は、

ジャガリーという木の蜜を固めたもの。

下の写真のグリーンのスープのような物、実はお粥です。

このお粥を食べながらかじってもいいんですって。

だからか、お粥の側に置いてありました。

このお粥はハーブ粥と書かれていました。

こちらも道ばたでもよく売っている朝食の定番メニューだそう。

さすがにアーユルヴェーダのお国。

体にめちゃくちゃ良さそう。


朝食3食



ハーブ粥のお味?

一口、恐る恐る.........すすったダーリン、

「うわっ、これはいかん!これは食べれん!すっごい変な味〜」ですって。

そう?どれどれ、と一口飲んでみると

「おいし〜!!美味しいじゃん!何が食べれん!やねん!

すっごく美味しいやん!」って思わず関西弁になる私。。。

全く。この男はどんな味覚してんだか。。。

お粥に青汁を投入した感じのお味です。(変かな?)

私にはすごっく美味しく感じたんだけど。。。いけるでしょ?

いけるよね?興味があったら、試してみて〜。お粥に青汁流し込んでみて〜。

きっとこの味に近くなると思うの。。。ってあんたが先にやんなさいって?(^^)



朝食 


そう言う訳でやたらと説明が長くなりましたが。。。

取りあえず、一皿目はこんな感じで。。。

もちろん、お粥もホッパーも頂きました!

フルーツもヨーグルトもアボカドジュースもパッションフルーツジュースも紅茶も!

がっつりとお代わりのカリーも。。(どんだけ食べてんねん)

私は、毎日3食スリランカン料理でもきっと大丈夫。現に旅行の間中、

毎日毎日、3食ともカリーをウハウハ言いながら食べ続けました。

真剣にシンガポールに帰ったら知り合いのスリランカ人のお姉さん

(ポメチャの大好きなお姉さんの一人)に

お料理を習おうかと食べながら考えていました。

ここまでブログを書いて来て、予定変更〜!

岩山の宮殿跡シーギリヤの話は次回にして、このまんま、

食べ物の話で突っ切ってしまいます。

やはり、食べ物の話は止まらない〜。(^^)

私達のその日のランチはまたまた、カリー。

気乗りしなさそうなダーリンを尻目に、

「やっぱり、カリー!でしょう。」と押し通す妻。


レストラン 



ドライバーさんにおすすめのレストランに連れて行ってもらいました。

こちらもビュッフェスタイルです。

異常に親切なレストランのマネージャーらしき人がお料理を一つずつ、

説明をしてくれて、片時も側を離れません。

ずっと付いて来ます。ん〜。そこまで親切じゃなくても。。。

断っても無理矢理、お皿に装ってくれます。。

残したら悪いから本当は少しずつお代わりして食べたいんだけどな〜。

ダーリンが、「スリランカに着いてからあーたにはず〜っと誰かが

声かけてきて、ニコニコして付いてくるよね〜。

僕には誰も寄り付かないのにさ。。。」ってぶちぶちいってます。

ははは。。。確かに。。。



お昼のカリー 


こちらが私のランチ。食べ残すどころか、もちろんお代わりもしましたよ〜。(^^)



さて、岩山に登ったり、石窟寺院の丘も登ったり。。。くたびれた私達は

やっぱり夜もホテルに戻ってたらふく食べたのでした。。

ウェスタンのお料理もたくさん用意されているし、

何故か天ぷらまであって、ダーリンは心なしか嬉しそう。

(こやつ、カリーに飽きたな。。。)

私は今宵もカリー三昧です。。。

その前にアペタイザーもたくさん用意されていたので先ずはそちらから攻める事に。



アペタイザー1 


お〜。美味しそう〜。



アペタイザー2 

 
まだまだ、並んでいるよ、アペタイザー。

実は隣にサラダバーもあるんですが、種類がたくさん。

別のコーナーでは、シェフがそれとはまた別に目の前でサラダを作ってくれています。

私は、アペタイザーだけでお腹がふくれてきてしまいました。

カリーを食べたいからサラダは一先ず、省く〜。

ダーリンは?と見ると、天ぷらにパスタ。ソーセージ?

せっかくスリランカにいるのに〜。もったいないな〜。

「ね?そのパスタみたいなの、何味?」って聞いたら、「ん〜。カルボナーラ。。。」

「えっ、見た目カルボナーラっぽくないね」って言ったら、

「うん。すっごく!まずい。。。」ですって。

(じゃあ、食べるのやめなさいよ〜。)

他にも山ほどお料理が並んでいるのにね。理解に苦しむな〜。

ニコニコ顔でカリーを食べ終えた私と、ムッとした顔で

ウエスタン料理を食べ終えたダーリンはデザートに向かう事に。

あるわ、あるわ。。。とんでもない量のデザートが用意されています。



デザート2 


これでしょ。。



デザート3 


そして、こちらに。。。

 
デザートミックス 


こちらにも。。。

(あ〜、ブログを書いている今、今食べたい〜!)

この時は一通り食べたいのを我慢して、なるべく出されているローカルの

デザートを頂きました。数は少なかったけどToffeeとか。

(粉ミルクに砂糖やスパイス、カシューナッツなどを加えて

煮詰めたキャンディみたいなもの)

そしてCurdカード)と言われる、水牛のヨーグルトも頂きました。



カード 


Curd(カード)です。

滑らかで濃厚、酸味も少しあります。

市場でもこの素焼きの鉢に入った状態で売られていました。

欲しかったけど、大きいし、重いからやめました。

左手にある蜜をかけて食べるとますます美味しい〜。

ダーリンが、「美味しいの?それ?」って聞くから

「なめてみる?」って差し出したら、ちょこっと下の先でなめてみて、

「ん〜。悪くないね。。。」ですって。

(もう〜。なめさせるんじゃなかったわ。。。)


〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

翌朝、すっごい筋肉痛の(前日、岩山に登ったから)足をひきずりながら、

またまた、朝食を食べにやって来た私達。

今日は、私はRotiロティ)を食べます。

「それって何もの?」って聞くダーリン。

「小麦粉とココナッツのすり身に刻んだタマネギと青唐辛子を加えて

厚めに焼いたもの。。。ココナッツの甘みとかすかにきいた塩の風味、

そして唐辛子の辛さが旨味を呼ぶ。。。。らしいわ。。。」

とガイドブックを読む私。。。

(ダーリンもちょっとは自分でお勉強しなさ〜い)



3日目の朝食1 


カンダラマ湖を見ながら。。。朝食。



3日目の朝食2 


今朝ももちろんカリーを頂いています、私。。。

お代わりもしましたよ〜。

左手奥にあるのがロティです。

ダーリンはオムレツにハムにソーセージですって〜。

(芸のないやつだ。。。)


3日目のランチ 



そして最終日のランチ。。。

第2の都市キャンディで「ケンタッキー」を見かけたダーリン。

目がキラッと光ったのを私は見逃しませんでした。。。

すかさず、ドライバーさんに「ランチはやっぱり、ローカルに行きましょう!

一緒に食べましょ!」って強引に誘って3人で仲良くランチをしたのでした。

メニューはやっぱりカリーです。(^^)

ここのお料理もすっごく美味しかったですよ。

ダーリン、ごめんね。

お詫びにシンガポールに戻り着いてそのまま、空港でラーメン屋さんに直行。

ダーリンはニコニコ満足顔。

でも私は、やっぱりカリーの方が良かったな〜。






スポンサーサイト

トラックバック:(0) コメント:(10) TOP
Categorie:* Sri Lanka

突然ですが、スリランカに行って来ました!

シンガポールからだと飛行機で約3時間半で到着です。

気分的にはお近く、お手軽〜。

(実は、スリランカ国内での移動の方がそれ以上に長かった。。。)

旅の目的はいろいろあったけど、全てを叶えるには全然日にちが足りませんでした。

2週間は最低でも必要とスリランカ人の知人に言われたのですが仕方ないよね。

ダーリンの休みが取れないからね〜。結局3泊4日の短い旅でしたが、

もっともっとスリランカを知りたくなる旅となりました。


チャンギエアーポーと 


シンガポールのチャンギ空港内

スリランカに帰省する人達かしら?

家電製品やお土産をたくさん買った人達で珍しく長いラインが出来ています。

時差はシンガポールからー2時間30分。日本からは−3時間30分です。

国土は北海道の80%位と少し小さくて気候は

シンガポールと同じ熱帯モンスーン気候

今はシンガポールと同じく雨季のシーズンです。

ダーリンはいつものように何のお勉強も下調べもすることなく、機上の人に。。。

何故、私が「スリランカに行こう!」と誘ったのかも覚えてない模様。。。

ま、いいんですけどね。。。

思った以上に機内食が美味しくて、ますます

スリランカンカリーに期待大です!

予定より大幅に遅れてスリランカのバンダーラナーヤカ国際空港に到着。

空港からはタクシーでただひたすら走り、

(何と4〜5時間も!時速ほぼ50~60キロ。)

スリランカの北東にある小さな街、ダンブッラを目指します。


みかん  


途中、道ばたでタクシーを止めてもらってみかんを購入。

飛行機が遅れてしまったのでランチのタイミングを逃したまま、車に乗り込んじゃって、

しばらくしてから空腹に気付きました。

そうだ!お水もいるよ!と気付いてドライバーさんに言ったら、

別のお店の前で車を止めてくれました。


お水 


わざわざ、お水を買いに行ってくれてます。

しばらく走って今度は給油。


ガソリンスタンド 


なんだか、懐かしいようなのどかな景色です〜。

「いいね〜。のどかでのんびりするね〜。

ちょっと懐かしくなる景色じゃない?」って聞いたら、

「え?そう?別に〜。。。」って。。。

City Boy 君にはちっとも郷愁を感じない景色らしいです。。さよか。。

今回はアーユルヴェーダのドクター検診とお食事付きのホテルは諦めて、

有名な建築家のGeoffrey Bawaの残したいくつかのホテルの中から

唯一山岳地帯にあるホテルを選びました。

限られた時間の中で訪れたい寺院や王宮跡を2、3に絞り込み、

その近くにあるバワ建築のホテルを探したら

Heritance Kandalama ヘリタンス カンダラマ

にたどり着きました。

世界中のリゾート愛好家達に熱烈なファンを持つバワの生み出す空間は

あまたのリゾート建築の中でも別格、そしてトロピカル建築の先駆者と呼ばれ、

バワスタイル」なるものを築き上げました。

彼から多くのインスピレーションを受けた有名建築家達が

こぞって絶賛する建築物をぜひ訪れてみたかったのです。

彼はリゾートホテルだけではなく、国会議事堂や寺院、大学なども手がけています。

そして大阪万博の時のスリランカ館も彼の設計によるものです。

バワ建築の真髄は自然とのダイナミックな一体感と言われています。海とプールが

一体化していたり、(これはもうどこのリゾートホテルでも今はポピュラーに

なっていますよね。それらはもともと彼のデザインに原型があるそうです。)

そしてバワ唯一の山リゾート、今回私達が滞在する

ヘリタンス カンダラマ」は年月と共に遺跡のように緑に埋もれて、

森に還っていく事を想定してデザインされたホテルです。

タクシーに乗って4時間あまり、お腹も空いて口数も少なくなり、

ちょっと眠くなって来た頃、舗装されていない、

でも奇麗に整えられた赤土の道路にタクシーが入って行きました。

廻りは懐かしい田園風景。人家はぽつぽつと、まばらにあるだけです。

水牛や乳牛もいれば、犬は至る所でくつろいでいて。。

クジャクも道路を悠然と横切って行きました。。

(飼育されてる訳じゃないんですって。素晴らしい〜。)

そうこうしているうちに見えて来ましたよ〜。

入り口


屋根しか見えていませんけど。。。

全景は到底写らないと判明しました。

前方に見えるグリーンの屋根の部分がホテルエントランスで、

そこを真ん中にして向かって右手と左手にそれぞれ、宿泊客の泊る部屋や

ラウンジ、レストラン、e.t.c. e.t.c。。。どこまで続いているのさっ、

て言うくらい、長くておデカい、棟がうねうねと続いているのでした。
振り向いて 


エントランスロビーに着いて、来た道を振り返ると。。。

こんな光景が広がっていました。



池 


人工の湖、カンダラマ湖

つい3日程前に、ここまでなみなみとお水が増えたそうです。

ホテルのフロントロビーの向かって左手はむき出しの岩肌

そのままアートのようになっています。


エントランス左側 



下の写真はフロントデスク。写真のデスクは2/3位しか写っていません。

どこまでも広々と長い。。。



エントランス、椅子 


手前の鉄製の椅子はバワのオリジナルデザインです。

暑い国だから、腰掛けるとひんやりと気持ちがいいのが嬉しい。

お尻も背中も喜んでいます。

風通しも最高〜。


フォイヤー
 


さてこの先の岩肌のコリドーを抜けるとどんな景色が広がっているのでしょう?



2階ラウンジ 


曲線のコリドーを抜けると目の前にはジャングルに向かって

広い広いラウンジがありました。(写真がへたで広さと開放感が伝わらないのが残念。

しかも部屋が広すぎて写真に収まりきらない。)

今は雨季でちょっと暗いです。全体に写真も全部暗くなってしまいました。

私達が到着したのと同時にシトシトと雨も降って来ました。

左手に湖とプール、右手に山の頂とジャングルを眺めながら

ウェルカムドリンクを頂いて。。。ちょっと眠気も覚め。。。

その後はホテル内を散策。


プール 
 

水色の濃い色をしているのがプールです。



5階ラウンジ 


こちらは5階のラウンジ。

ここにも岩肌が突き出ています。

夜はローカルミュージックの演奏会が行われています。


広々ラウンジ 


5階のラウンジも広々。。。人もほとんどいません。



親子猿 


6階に上がってみると人は誰も見当たらなくて、お猿さんの親子だけが

素晴らしい眺望を満喫していました。

お猿さん、プール 


可愛い少年?少女?らしき若いお猿さん。

窓越しに私をじ〜っと見てます。

可愛いな〜。何だかポメチャを思い出させるな〜。

そして場所を移動して、窓の右側に近づいてみると。。。

建物5 


なんとまあ、この眺め!

奥に見える客室の塔の向こうにもまだ客室は続きます。

お部屋は100室を超えているそうです。

私達が宿泊していたのは、奥の塔の向こう側の2階。

角部屋で窓が広くのびのびとした景色の良いお部屋でした。



建物 


下に降りて庭に立ってみました。

まるで要塞のようだね〜。

ホテルの全長はなんと968mにも及ぶんですって。

端から端まで何往復かするとかなりいい運動になりそう。。。




建物4 



一体どの位の年月でここまでわさわさと茂ったのかしら?

森に還るというコンセプトは大賛成で素敵だけど、

廃墟になったらちょっと怖いかも。。。



建物2 


足下がジュクジュクしていて、先に進めないので、これにて断念。

お部屋に向かうとしましょう〜。



裏庭 


こちらは建物の裏側。

こちらも見事にうっそうとしています。



根っこ 


通路を歩きながら迫り来る岩山を見ていたら、こんな木の根っこがにょっきりと。。。

すごい。。。岩を包み込んでいます。。

な、なんか襲われそうな気迫。。。


部屋 


さて、たどり着きました。私達のお部屋。

角部屋にしてもらえたので窓がたくさんあって開放感が’あります。



ベッド 


ベランダ側から見たベッド。


浴室 


バスルームも広くて(写真よりずっと広いです)

窓越しの景色がジャングル。


浴室の窓の外 


こちらがそのバスルームから見える景色。

朝には、リスやお猿さんや、鳥がたくさん来ていました。

ランチのタイミングを逃してしまった私達はお腹がぺこぺこで、

簡単なサンドイッチを頼み部屋に持って来てもらいました。


食事1 


お腹空いたよ〜。



食事2 


写真では小さく見えるこのサンドイッチ。

実はとんでもなくおデカい。。。

世の中にこんな大きいトーストあったんだ!って言う位大きい。

しばらくは空腹も忘れて笑っていました。

絶対食べきれないと思っていたサンドイッチもペロリと平らげ、

シャワーを使った跡は軽くお昼寝をして、

90分のスパに。。。

もう、うっとり、良い心地でリフレッシュ〜。

スパが終わって外を見てみたら

いつの間にか雨も止んで空は満点の星空に。。。

そして二人揃ってそれぞれに流れ星を見たのでした。

ああ〜、なんて素敵なスリランカの夜〜。。。


~*~*~*~*~*~*~*~~*~


しかし、間抜けなダーリンは寝間着を持ってくるのを忘れ。。。

(お〜、スッポンポンで寝るのか〜?)

ってウッヒヒ、どうするのか、こっしょり見ていたら、

やおら、トランクから海水パンツを引っ張り出し、

これで良し!

とか何とか言って布団に潜り込んでいました。

オイオイ!!(><)

トラックバック:(0) コメント:(14) TOP
Categorie:* Sri Lanka

先週、我が家にまたまた新しい石の仲間が増えました。。。

今年に入ってから、何だか急に増えた気が。。。

元々、子供の頃から石は大好きで学校からの帰り道も

足下を見ながら帰っていたくらい。。

ちょっと前のブログにもそんな石にまつわるお話を書きました。。。

(石にまつわる話。 pomeron927.blog.fc2.com/blog-entry-22.html


そしてここ最近、一挙にググッと新入りが増えました。

つい、先週仲間入りしたのはこの子たち。


石3種 


アメジストのクラスターと、ドーム型のラブラドライト

手前の水色の卵型のはセレスタイト

そしてそれよりもう少し前に増えたのは下の写真。



石4種とピアス 


ピンクのコバルトカルサイト、黄色はイエローオレンジカルサイト

ちょっと見えにくいけど一番小さくて黒っぽいのは光に当たると

きらきらと色が出るラブラドライトです。(上の写真のドーム型の子と同じ石)

そしてクリスタルのクラスターの上には、レモンクオーツのピアス。


ピアス 


レモンクオーツのピアスのアップの写真です。

そして、他にも。。。。


猫石クリスタルの上 


大きいクリスタルのクラスターとその上には猫の形を象った

サンストーン(上)とレッドジャスパー(下)。

ね?。何だか増えてるでしょ?

私はその時その時、ふっと目に飛び込んで来た物を自分の気持ちの趣くままに

直感で買っています。その石が持っているとされるパワーに応じて

選んでいなるわけではないので家に帰ってから石の本、

クリスタルバイブル”でその石の特徴に付いて調べるのが楽しみです。

私は、石の講座も受けてみたのですがその先生が「石は本来怖くも何ともなくて、

地球上に人と同じように存在している物質で私達と同じ自然の一部。

怖がらなくても大丈夫ですよ。」

と言う言葉に共感して、あまりシリアスに考えないようにつき合っています。

ただ好きなんだからそれで良しって感じです。

石にはそれぞれ秘めたるパワーがあるとされていて、だから怖いと言う声も聞くし、

パワーストーン中毒と言う言葉も最近初めてネットで目にしました。

(こわいですね〜。中毒はこわい。。。おいおい、私は大丈夫なのか〜??)


私が初めて拾わずに石を買った(笑)のは20年以上前の事。

カナダに引っ越してからです。

それまでは、実家の畑で掘り起こした石が私の唯一の石でした。(^^)

このお話はちょっと前のブログ(石にまつわる話)に書いたのでここでは割愛しますね。

ある日、トロントから北へ30分位の所にある、郊外の森の中の美術館に行った時に

近くの小さなビレッジの一角で埃まみれになった石屋さんを見つけたのです。

なんとなく、気になって店内に入ったら、

あるわ、あるわ、広い店内にいろんな石がゴロゴロと。。

でもお店自体がとっても埃っぽくてとても魅力的とはいいがたい店内でした。

ちっともピカピカでもないし、売る気があるんだか、ないんだか。。

お客さんも全然、来てなさそうだし。。。

なのに、なのに心惹かれて飛びついてしまった私。

小さなローズクオーツに始まってやアメジスト、クリスタルなどが

そのビレッジに行く度に少しずつ増えて行きました。



窓辺、ベッドルーム 


こちらが当時カナダで買った石たち。

(全部は写ってないです。あと、この中には友人が作ったガラスの

置物も一つだけ混じってます)

アメジストなどは、直射日光に当たると色あせるので今は別の場所に移動させました。

それにこの場所はポメチャのお気に入りの場所になってしまったので、

やむなく石達は他の場所にお引っ越し。

元々はアクセサリーとしてはあんまり身に付けてなかったのに、

ここ数年はアクセサリーも増えました。

もっぱらブレスレットですが。


ブレスレット 


この夏に増えたブレスレット達。。。

「いやいや、もっと増えただろう。。。。」と

このブログを読んでいる友達のささやきが聞こえてくるわ。。

(うふふ。うん。実はもっと、あるよ。。。。ラリマーとかも増えたし。。)

友達からプレゼントされたブレスレットのゴムが緩み始めたのをきっかけに、

パワーストーンのブレスレットの作り方を習い、自分でゴムを交換することに。

ダーリンも誘って休日にブレスレットの作り方を一緒に習いました。

彼はパワーストーンのブレスレットを私とお揃いで持っていたのですが、

彼のもゴムが緩み始めたのでちょうどいいタイミングで直せました。

それと会社の同虜からメッカに巡礼に行ったお土産に、と頂いたブレスレットが

少し小さかったのでそれも直したかったみたいです。(マメ男くんです!)



とうちゃんの手 


マメ男くんの細やかな指使い。。。

ゴムが緩んだので入れ替え中〜。

私より器用なのよ。これが。。。


ダーリンのブレスレット 


こちらがダーリン愛用のブレスレット。

右上のラピスラズリが入っているのはダーリンデザインのお手製です。

自分で作ったら楽しかったらしく、お土産に頂いたブレスレットが小さいから

少し石を足して作り直したいと、石まで一緒に買いに行きました。



数珠 


こちらが買って来た石。

写真右上はクリスタル(私用)、その下の小さい、ローズクオーツも私用。

真ん中のタイガーズアイがダーリンが購入したもの。赤っぽい色味の物と黄色系。

他、2連はフローライトで、私の母にネックレスにして

プレゼントしようと買った物です。

母に前に同じフローライトでブレスレットをプレゼントしたら、

予想以上に大喜びして、お風呂に入る時以外は肌身離さず付けているらしい。。。

次はお出かけ用にお揃いのネックレスをプレゼントしようかなと思って買いました。

前にブレスレットをプレゼントした時に「フローライトは美白効果

ストレス解消、記憶力を高めるらしいよ」と言ったら

「美白はいらない〜。元々美白だから〜」とのたまいました。

(悔しいけど、そうなのよ〜)

でも、『記憶力アップ』には激しく反応して、「欲しい〜欲しい〜!」

と騒いだのでプレゼントしたのだけどまさか、肌身離さずつけていたとは。。。



シンギングボールと石の数珠 


はい。。。買って来た石達をひとまず、浄化します。

この乳白色の器風の物はクリスタルで出来たシンギングボールです。

(うふふ。。。こ、ここにもクリスタルが。。。)

お店によっては石を購入した時にお店でちゃんと浄化してくれますよ。

私達はチベタン・シンギングボールでは飽き足らずに

音の波動に魅了されてクリスタルのシンギングボールも見つけて購入しました。

クリスタルのシンギングボールはコンサートまで行われているそうです。

石だけではなく、お部屋やストレス解消やチャクラや

気の流れもよくしてくれるそうです。


ポメチャとクリスタルシンギングボール 


ポメチャも興味津々。

シンギングボールの他には、月光浴やお水で洗う他、

お香やハーブを使って浄化する事も出来ます。

乾燥セイジ(特にセドナ産が良いそうです)の煙を潜らせると良いと聞き、

いただいたブレスレットをセイジの煙で潜らせてみた事もあります。


浄化セージ 



マメ男くんが楽しそうにセイジの煙で、頂いたブレスレットを浄化中。



貝 



こちらは、ダーリンの会社の同僚がメッカに巡礼に行った時に

お土産にと、くれたクリスタルで出来た貝の中に真珠が入っているもの。

家族』の象徴なんですって。。。ふ〜ん。そうなんだ〜。

10年程前に私が、アメリカのコロラドで買ったクリスタルは3連程あって、

その子たちはもっぱら窓辺にぶらさげてます。



窓辺のクリスタル、ダイニング 


これはその3つの内の一つです。

光が当たると、部屋の中にきらきらと虹が舞い込んでとっても奇麗です。

そして、その虹をつかまえようとする猫の仕草がまた微笑ましい。



ブラックトルマリンとマラカイト 


電磁場を防ぐとされるブラックトルマリンとグリーンのマラカイト

トルマリンはテレビとPCの側に置いています。

マラカイトは毒性があると聞いたので

(持っている分には大丈夫、舐めるのはよくない)

今はポメチャの手の届かない所に。。。

ポメチャはとにかく、何でもすんすん、においを嗅いだ後になめちゃう。。

マラカイトを舐めたら大変、だから見つからないように隠しました。

なんで猫はパワーストーンが好きなんでしょうかね?

クリスタルのクラスターなんてベロベロ舐めちゃってもう大変。

引き離しても引き離しても舐めにいくんですから。。。

そして、最近たまたま友達とフラフラしている時に見つけた

実用的かつお買い得品!


フェイシャル用のジェイド 


翡翠(ジェイド)で出来たフェイシャルマッサージ用のコロコロ。

(正式名はなんて言うんだろう?我が家ではもっぱらコロコロと呼んでいます。)

これがお安いのになかなか良い仕事をするのよ〜。

お店のお兄さんは使う前に冷蔵庫に入れるとよく冷えてひんやり気持ちいいよ、

って言ってましたが冷蔵庫に入れなくても充分、ひんやり〜。気持ちいい。

小さい玉の方で顔の上をコロコロ、大きい方はふくらはぎなんぞをコロコロ。

ダーリンが羨ましそうに見ていたので貸してあげたら、

おお!これは気持ちいい!

とゴルフ焼けの赤黒い顔の上をコロコロ転がしていました。

ついでにポメチャのお腹と太ももの後ろをコロコロしてあげたら、

にゃにするにゃ〜!かあちゃんのエッチ〜!

ってちょっと怒られました。

うんうん。これは楽しい。。


ポメチャとフェイシャルローラー 


「め、めいわくだにゃ。。。」

「まあまあ、そう言わずにコロコロしましょ。。。」


日本への次回のお土産はこれかな。

(ここだけの話、日本円にしたら300円するかしないかなのよ。。。)

ね?お得でしょ。。(^^)

そして、そして、一番最近のちょっと張り込んだ買い物。

これが今一番のお気に入り。。。

贅沢にスーパーセブンで。。。しかも。。。

お店でしつこくあーでもない、こうでもないと長く粘って

スーパーセブンをかき集めてもらって作ってもらったマーラー。。。

お友達とお揃いで作りました。


スーパーセブン 

108個のスーパーセブンと下の飾り部分はアメジストで出来ています。

最近ヨガはご無沙汰中なのですが、メディテーションの時に使用しています。

アメジストの飾りの部分を首の後ろに回して、ネックレスとしても愛用。

このマーラー(メディテーションの先生はマラと呼んでいました)を

作った事がシンガポールで暮らした最大の記念になりそうです。




 

トラックバック:(0) コメント:(6) TOP
Categorie:* Power Stone

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。