--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorie:スポンサー広告

2013’05.31・Fri

Torontoで懐石

ご無沙汰してます〜。

全開のブログを書いた後、何故か冬眠状態に突入していました〜。

ご飯を作る気力もなければ、外出する気力もなく、イライラ悶々。。。

「なんや、なんや。この沸き起こるイライラ悶々は。。。」と思いつつ、無性に眠く

体が欲するままに惰眠をむさぼり、家事を放棄し、食欲すらなく。。。

(寝ている間に2キロも痩せたよ〜。素敵〜。)

ただただ、ポメチャと一緒に冬眠をしておりました。。。

スーパームーンのせいか、はたまたホルモンのなせる技かと悶々としていたのですが、

満月が来た途端、スパッと気持ちよく冬眠から目覚めました!

(良かった、良かった。ず〜っとこのまま目覚めないかと思ったよ〜)(^^)

そんなこんなでカナダから帰って来て随分たちますが、

しつこく続きを書いてます。。。 

 〜*〜*〜*〜*〜*〜


下の写真はトロントです。なんだか、建設中のビルが増えてる〜。

QEW 

今回のトロント滞在中、(正確にはトロント市内ではないけど)お友達二人の

家にお世話になっていました。(自宅は今、人に貸しています)

その一人のお友達の家にお泊りした翌日、

(そのお友達は懐石レストランを経営しています)

ランチにお招きされました。

泊めて頂いて素晴らしいお夕食までごちそうになった上に、

お店でランチまで!!そんな贅沢三昧な事!

と。。。言いつつずーずーしくもすっかり甘えてしまいました。。。
 
ハーバーフロント 

お店に行く前にちょっと、道草。。。トロントのハーバーフロントにて。

この日は本当にいいお天気でトロントもすっかり春になりました。

桜 

レストラン前の桜も満開でした。

ピンクの桜 

濃いピンクの桜も美しい〜。

日本で桜を堪能し、まさかトロントでも桜が見れるなんてなんて幸せ者〜。

青空と桜 

青空のもと、満開の桜の下で走り回る子供達。。。

お友達のレストランからはこの満開の桜が窓越しによ〜く見えていました。

(贅沢な事です〜)

橋本さん 

「懐石遊膳、橋本」さん。

カナダのベストレストランにも選ばれ、京都で開かれた懐石のコンペティションでも、

賞を取り。。と、もう私のボキャブラリーのなさでは説明をするのが失礼に当たる程、

素晴らしい腕を持った方です。

日本の素晴らしい伝統を広く知ってもらいたいと、このカナダで頑張って30年。

一切、手を抜く事なく毎日毎日、心を込めてお料理を作られている方で

私もダーリンも本当に心から尊敬をしている方です。

そしてこの橋本さんfamilyからはいつも元気と勇気を頂いています。

(ご家族もとっても素敵なの〜)

切り抜き 

彼はお料理以外にも素晴らしい腕の持ち主で、

何とお店の内装は全て彼の手による物です。

テーブルと椅子以外は全て彼のデザイン、施工です。

入り口

もちろん壁だって。。。

店内② 

この明かり照明も彼の手作りです。。。

ため息。。。。

店内① 

天井の照明も一つ一つの照明も。。。

店内③ 

この鴨居だって。。。屏風だって。。。手作り。

写真には床は写ってないけど、床を張ったのも彼の手による物です。

本当は夜しかお食事を出していないのですが、久しぶりに帰省した私達の為に

特別に貸し切りでランチを作って下さいました。

料理① 

お着物を召されているのは奥様です。

とってもとっても優しい方で私の大好きな方です。

料理② 

 食材は全て日本から仕入れていて、養殖物は使わず天然ものしか使用していません。

その違いが食べた時に口の中ではっきり分かります。

それほど、私って日々の暮らしの中で体に優しくない物を食べてるんだな〜って

実感、真面目に反省してしまった。

料理③ 

桜が満開になったので。。。と、桜御前。。。

鯛のお刺身はほんのりと桜の香りがしていました。

全の素材が体に染み渡っていくのがジワジワと分かる程、

体が喜んでるのが良〜く分かって。。。

ここって、カナダにいるとは思えない。。。

こんな贅沢していいの?って何度も自分に聞いていました。

料理④ 

デザートも全てもちろん手作りです。

料理⑤ 

こちらのデザートも美しく。。しかもとっても美味しくて。。。

もう。この後、シンガポールに帰って私は何を食べたらいいの〜!

って心の中で叫んでました。

お茶 

そして、そして。。。お食事のしめには、お茶まで立てて頂いて。。。

ここでも手作りのお野菜のデザートを頂いたんですよ。

一つ一つのお料理に心がこもっていて、毎日の食事を

もっと見直さなくちゃいけないな〜、最近愛情が欠けてるな〜。

いい加減に手抜きになってるな〜と反省しきりでした。

そして、もっと素材も大切にしようって改めて思いました。

本当にごちそうさまでした。

幸せな幸せな時間でした。。。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

そうして、カナダから帰って来て。。。。

橋本さんのご飯が恋しくてたまらない私は、ご飯を作るどころか、

何故か冬眠状態に。。。え?あの反省は一体どこへ?

あの純粋な清らかな心はいずこへ??

食欲は失せ、家事をする意欲はさらさらなく。。。

そうして冬眠??何故?

夕食はほとんど食べれない日が続き、ひどい時には眠り続け、

ダーリンが一人で夕食を食べた事すら気付かない日もありました。。

。。。が、人間そうそう、長く冬眠って出来ないんですね。。。

すっきりとエネルギーを充電したのか、突然満月と共に

(朝日じゃない所がちょっと笑えるけど)すっかり元気になりました!

そんな訳で突然ですが今朝は無性にご飯が食べたくなり

朝からおにぎりを黙々と握ってしまいました!(^^)

おにぎり 

おかずまで作る時間がなかったので、冷蔵庫の中の有り合わせの物を一緒に。。。

トロントのタイワニーズのお友達からお土産にもらった、

ほんのりカレー味(うこんの香り)のオリーブと

ヤムポテトともろみ味の発酵食品も一緒に頂きました。

おにぎりを頬ばりながら、食べれるって幸せ〜。

素敵なお友達に恵まれてる私って本当に幸せ〜って

心がほこほこしてきました。(^^)

みんなも時々体を休ませてあげて、

そして美味しいものを食べてほこほこして下さいね。





スポンサーサイト

トラックバック:(0) コメント:(8) TOP
Categorie: (Toronto)

2013’05.19・Sun

Canadaに帰省(自宅)

 日本へ法事帰省してからしばらくして今度はCanadaに帰省して来ました。

「自宅が水漏れで大変〜。お家が帰って来てくれ〜!ってSOS出してるよ〜」

と言う友達からのメッセージを受け取って。。。

今回の帰省は西回りで。。。ヨーロッパ経由です。

シンガポールからスイスまで12時間半。。。

深夜1時過ぎに発ったので難なく、ぐっすり眠りこけて。。。眠りこけて。。。

映画も見ずにただひたすら眠る事8時間あまり。。。

あら、楽ちん。後4時間位でスイスに到着です。

楽勝じゃない〜。

スイス経由  

スイスのチューリッヒ。

昔々、高校生の頃チューリッヒに住む同じ歳の女の子と文通をしていました。

何故、英語も出来ないのにスイス人の女の子と文通をしていたかと言うと。。。

彼女の目的はは英語上達の為。。。

私は未来の移住希望地、第1位がスイスだったから〜。(笑)

全く以て単純な動機です。

(結局、希望地、第2位のカナダに移住したのですが。。。)

彼女は今頃どこでどんな暮らしをしているんだろう〜。元気かな〜。

まだチューリッヒに暮らしているのかな?いつか機会があったら会いたいな〜。

ハイジやペーターや雪ちゃんもこの国にはいるのよね〜。

会いに行きたいわね〜。。。とだんだん意識がもうろうとしてくる。。

(ん? まだ寝たりないのか?)

ぼう〜っと空想の世界で一人遊びしているうちに爆睡してしまったようで、

あっという間に懐かしいトロントに到着しました。

スイスからカナダのトロントまでは約8時間の飛行でした。

空港では涙ぐみながら、満面の笑顔で出迎えてくれた友人と久しぶりにハグハグ。

彼女は友達と言うよりもう親族のような間柄です。

私の方がずっと年上なのにいつも助けてくれるまるでお母さんのような存在。

何だか、彼女の家が実家のような気さえして来ます〜。(^^)

自宅は今、人に貸しているのでトロント滞在中は友人の家に滞在します。

その日の夜は夜中の3時過ぎまでいつものように

おしゃべりに花が咲いたのでした。

さて翌日、友人夫婦と一緒に我が家の水漏れを確認しに行く事に。


近所 


この日はお天気が今ひとつでちょっと曇り空。。。

懐かしいご近所さん。ちょっとブラブラお散歩。


白い花 


春早くに咲く球根のお花が咲いています。

このお花は日本にもありますよね。白の他にピンクやブルーも。

私が前に植えた球根も見事に株が増えていました。

そして、この時期私が一番に楽しみにしているお花。

名前がわからないのですが、春先に林の中に群生するお花。

このお花は店頭では売っている所を見た事がありません。

野生のお花だと思うのですが、年々少なくなっている気がします。

新しい家が発つたびに、もしくは芝生を新しく張り替えたりしてしまうと

ごっそり小さな球根ごとなくなってしまう〜。

非常に残念です。もっとみんな自然にあるお花を大切にして欲しい〜。


ブルーの絨毯 


これは我が家のご近所さんのお庭。

我が家もたくさん咲いていましたが写真に撮れない程に

冬の間に落ちた枝葉で見事に庭は荒れ果て汚くて。。。

明らかにず〜っと何もお手入れされていない風でした。

(悲しいけど人に家を貸すと見事に荒れ果ててしまいます)

このお花は遠くから見るとブルーの絨毯のように

びっしり群生してそれはそれは奇麗です。


ブルーの花 


近くで見るとこんな感じ。

うつむき加減で咲く姿が愛らしい。


ブルー花。縦 


とても好きなのでもう一枚写真を乗っけちゃおう〜。(^^)


水びたしベースメント 


可愛いお花の写真の後になんですが。。。。

うう〜。これぞ問題の我が家の水浸しベースメント。。。

あいや〜。ここまで漏れましたか。。。

この冬は雪も雨も多かったとの事。

一度漏れて我が家のテナントさんが床を張り直した直後、

1週間もしないうちにまたこの有様。

バーカウンターも完全に取り払ってあります。


みんなの足元 


初めて見た、我が家の床なし、むき出しベースメント。

何だか不気味ね。。。

でももっと不気味な物発見!(喜んでるばやいじゃない!)


きのこ 


私の足元(1階からの階段を下りた所)にキノコ発見!

いや〜ん、何でキノコ栽培してんねん!

(ちょっと、豚の耳みたいなキノコやね。。。)

〜〜***〜〜

その日の夜、友人から紹介してもらった家の修理を請け負ってくれると言う

Mr.P氏と友人夫婦と改めて、自宅に出向きました。

自宅前で初めて友人から紹介されたPさん。

もう、言葉を交わす前に見た瞬間から、ダーリンと私は

彼の事が大好きに!。

直感的に彼はいい!信頼出来る!って確信してしまったのです。

そして、言葉を交わしたらもう恋に落ちました。。。

「彼しかいないでしょう!」

とダーリンも私も感じたのでした。

パーカー1 


我が家のテナントさんも二人程、修理の人を連れて来て壁廻りをチェックしたとの事。

ただ、一往にその方達の反応は全ての基礎工事からやり直しだと言う事でした。

ところがPさんは、携帯程の小さな機械を取り出し、壁廻りを入念にチェック。

その結果、水漏れ場所を絞り込み、

「大丈夫!そんな大掛かりな修理をする必要は一切ないです。

問題のある場所は限られている。ベースメントの拡張工事などをして広げるなら

話は別ですが、そうでないならそんな大金を使う必要性は全くない。

心配いらないです。ちゃんと直ります!」と断言して

雨の振る中(しかも暗い夜の10時過ぎに)外のデッキ下の原因個所であろう

土のへこみ(ここに集中して水がたまっている)を見つけてくれたのです。

そしてそのへこみを作った原因は屋根の一部のトイが1本足らないと言う事も

見つけてくれました。


パーカー2 


ベースメントの壁の水漏れ個所をほぼ確定。。。

私達5人(我が家のテナント、友達夫婦、私達)が見守る中、

朗らかにジョークも交えながらてきぱきと仕事をこなしていきます。

我がテナントさんももう言葉がありません。。。

今までいろんな方に会ってきたけど、こんな方初めて!

爽やか、かつ説明も明瞭で説得力あり。

頼もしいの一言に尽きる〜(べた惚れです〜)(^^)


水漏れ個所 


どうやらこの辺りが漏れてるみたいです。

数日後、改めてP氏と友人宅でミーティングを兼ねてお茶をしました。

今後のベースメントの修理の予定を含め、他にも古くなった我が家の

ちょっと大掛かりになるであろう家の改装工事の相談を含め、

ワイワイ楽しい時間を過ごしました。

次回夏にお会いする時には彼のコテージにも遊びに来て、

とお誘いを受けました。

みんなでBBQをしましょう!と言う話に。

彼はお料理も大得意なんだそうです。(^^)

シンガポールに帰って来てこのブログを書いていますが、

彼からはその後の仕事の進み具合など逐一まめに連絡をもらっています。

彼を紹介してくれた友達にも感謝、感謝の一言です。

〜〜〜***〜〜〜

ところで、お口直し(?)に。。。お目目直し(??)に

美しいベースメントをお見せしますね。

我が家の数件先にまたもや新築の家が建っていました。

最近の新築の家の流れは一見、バカでかくてゴージャスな石造り風。

昔ながらのカナダらしい愛らしくて一つ一つの家にオーナーさんが愛着を持って

大切に手入れされた個性のある家がだんだんと姿を消して行ってる事が残念です。

そんな家々が落ち着いてしっとりとした景色を作り出し、

近所の人達で大切にシェアーしていたものですが、

どんどん、新しいビルダーが入って来て大きいばかりの冷たい家を建ててしまい

今までの素敵な町並みを壊して行く事が残念でなりません。

(実は私は最近の新しいゴージャス風家屋が好きじゃありません)

でもそんなカナダで家のデザインを勉強した私としては

好き嫌いはともかく、「Open House」の看板を見ると

わらわらと胸が高鳴り興味津々でその看板の前を素通り出来ません。

どんどん覗きに行ってしまいます。

下の写真は我が家の数件先に古い家を壊して立て替えられてしまっていた

新築の家のベースメントです。


きれいなベースメント1 


カナダは2X4形式の家がほとんどなので、1階のフロワーと同じ広さで

半地下に(明かり取りの窓が付いているので半地下と言えど

割と明るい)お部屋があります。

オーナーの好みでファミリールームとして使ったり、子供のプレイルームとして

使っていたりバーカウンターをしつらえたり、

たまにジャグジーなどをどんと置いている人もいます。

新しい家程、天井も高く取ってあり、夏涼しく冬は暖かく

なかなか過ごしやすい空間です。

ベースメント用に別の出入り口を付けレントに出しているお家もあります。

我が家の直ぐ隣の家は(ここも古い家が壊されてしまって

ゴージャスハウスが建ってしまった。悲しい。。)

ベースメントの広いファミリールームから

広いステップがそのままフレンチドアーに続き、バックヤードに

直接出られるように工夫されています。

前の古い家のベースメントとは趣も変わって、まるで1階や2階にいるような

錯覚をする程明るい空間でした。(この家が建つ前の家はベースメントの天井が低くて

ちょっと背の高い人は腰を曲げなければならない程でした。)

ただこのエリアは湖に近いので、ちょっと掘るとすぐに水がにじみ出て来ます。

そう言う訳で水の処理の為にも基礎工事は入念にしなければなりません。

それが理由でほんの数件先の別のお宅にはベースメントのないお家もありました。

(このお宅は私が初めて見たベースメントのない新築のお家でした。)


きれいなベースメント2 


先ほどのお家のベースメントの話に戻って。。。

ベースメントにもガスのファイヤープレイス。

壁には壁用TVが取り付けられるようになってます。

明かり取りの窓の外はバックヤードです。


きれいなベースメント3 


ファイヤープレイスの向かい側にはバーカウンター。

右手のガラスドアの向こうには広いワインセラー用の空間。

新築の家でいいなと私が思えるのは明るく、天井の高いベースメントかな。

ん〜。やっぱり奇麗でクリーンなベースメントを見て良かった!

可哀想な我が家を早く直してあげなくちゃ、と

やる気がむらむらと湧いて来ました。

〜〜〜***〜〜〜

元気が出て来た所で自宅直ぐ側の湖のハーバーにもちょっとお散歩に。


ハーバー 


良くここでコーヒー片手にぼ〜っとしたものですが、

今日は白鳥さんが近づいて来ました。

「あなた、家のお手入れがんばりなさいよ。。。

そして次に来る時には私にもお土産忘れないでね。。」

と言って泳ぎ去って行きました。。。(^^)


自転車 


前にはなかった赤い自転車も設置されていました。

バスケットには、パンジーが植えられています。

「お庭も昔みたいにお花をたくさん植えてあげてね。。。」と言われました。。

うふふ。(^^)はい、頑張ります!

そう言う訳で、次回は夏にまた戻って来ます〜。

赤い自転車のかごには夏はどんなお花が植えられているかな〜。

楽しみです。


トラックバック:(0) コメント:(6) TOP
Categorie: (自宅)

2013’05.11・Sat

Farewell Party

 日本から帰って来て直ぐの週末、我が家でお友達の

フェアウェルパーティ
をしました。

石垣島にお引っ越ししちゃうとのこと。。。

去年から一体何人のお友達の送別会をしたっけ。。

シンガポールは本当に特殊な国だとしみじみ実感してます。

出会いと別れが次から次へと。。。

さすがに人口の1/4が国外からの短期滞在者とだけあって

数年もすると顔ぶれががらりと変わって行きます。

不思議な事に我が家はダーリンの仕事関係の方との交遊がほとんどなく。。。

(私はウエルカムなんですけど。。。ダーリン曰く。。。

私のお友達との方が断然、楽しいらしい。。。)

そう言う訳で我が家に遊びに来るのはもっぱら私のお友達です。

この日はランチパーティーだったのでカジュアルに。。。

(と言ってもいつもカジュアルなんだけど。。

しかも今日は随分ラフな気も。。。)

日本の春を満喫した直後だったので、私の頭の中は春色一色。。。

それ以外頭の中に何もイメージが浮かばず。。。


Party1 


一度も使った事のないこんな色のテーブルクロスを使ってみました。

この色のクロスだったら本当は外でピクニックテーブルに使いたい所だけど、

シンガポールでは暑くて暑くて。。。

(しかもたまに大トカゲが木陰からニョニョって顔を出したり)

とてもゆっくり昼寝も出来ないので何度か試みたもののピクニックはあきらめました。

この日、用意したお皿も頭が春ボケだったのでてんでばらばらの組み合わせです。。。

(トルコの小皿あり、プラナカンあり。。。まっ、いいっか。。)


乾杯 

「乾杯〜!」

ささっ、どうぞ召し上がれ〜。

Party2 


この日のランチにテーブルに並んだ物は、
  • 4種類のトルティーヤチップスとアボカドディップ
  • スナップエンドウのパルミジャーノ和え(このレシピはInstagramのお友達から教えてもらいました。とっても好評でペロリとすぐなくなりました。
  • クレソンとマッシュルームのサラダ
  • オレンジのサラダ(お友達の差し入れ。とっても爽やかなサラダです)
  • スペアリブの香味揚げ(ビールが進むスパイシーな味です)
  • チリコンカーン(私の大好物、十八番)
  • 美味しいフランスパン数種(お友達のお持たせ)

party3 


ごめんね〜。食べて〜と言ってすすめておきながら、

私が写真を撮ってるせいでお友達がお行儀良く待っていてくれてる〜。


スペアリブ 


スペアリブの香味揚げ>(7~8人分)
<作り方>:スペアリブ800gにたっぷりのこしょうをふり、ニンニクのみじん切りを

加えて手でよ〜く揉み込んで20~30分味をしみこませます。

揚げ油を中火にして(160度の低温)で15~20分煮込むようにゆっくり揚げます。

揚がったら、すぐに(しょう油、ナンプラー各1/2カップ、

レモン汁大さじ2、赤唐辛子の小口切り1本分)に漬け込み、

器に盛って白髪ねぎをのせて完成。

*ナンプラーがなければしょう油1カップでもいいです。

チリ 

チリコンカーン

こちらも簡単です。私は前の日の夜から作って置きます。

そうすると味が深くなります。(分量はおおざっぱです。ごめんなさい)。

<作り方>:お鍋に油を引いてタマネギ1/2~1個、ピーマン3~4個、

セロリ2~3本のみじん切りをよ〜くを炒めて塩、こしょう。

(お野菜からじっくりと美味しいエキスが出て来ます)

そこに牛ひき肉(1パック)と刻んだベーコン(数枚)

(本場はひき肉のみの使用らしいです)

を入れてこれまたよく炒めます。良〜く炒めたら、

ホールトマト缶のトマトを汁ごと投入して、クツクツクツクツ。。。

そして、キドニービーンズ缶の汁は残してビーンズを投入。

(汁は捨てずに残しておきます。後で水分調整に使う事もあるので)

全てがクツクツして来たらここからがお楽しみ〜。

ここからがダーリン曰く、私の姿はまるで魔女の様なのだそうです。

グツグツ煮えたぎる鍋にチリペッパーをドバッ(かなりの量投入)

呪文を唱えながら、(即興でどうぞ!)蜂蜜をタラ〜リ、タラ〜リ。。。

味付けはこれだけ。。。お水は一切使いません。

野菜から美味しいエキスが出て来ます。完成です。

もっともっと本格的に魔女気分を味わいたい時はトカゲのしっぽとか、

ひきがえるの云々とかお好みで加えてね。(笑)(うそですよ〜)


サラダ 


クレソンのサラダ

ベーコンをカリカリになるまで炒めて油を切っておきます。

ボールに松の実を入れて(お好みの量、この日は大さじ2杯。

私は松の実が大好きなのでたっぷり入れてしまいます)塩をまぶします。

手でちぎったクレソンと生のマッシュルームを切って混ぜ入れて

オリーブオイルと米酢を少々かけて和えるだけ。

サラダ鉢に盛りつけてカリカリベーコンを上に散らして完成。

クレソンがシナシナにならないように食べる直前に混ぜるのがポイントです。

(私はちょっと気前良くカリカリベーコンを乗せすぎてしまいました)


オレンジサラダ 


写真右上<スナップエンドウのパルミジャーノ和え

写真中央<お友達の差し入れのオレンジサラダ

写真手前<アボカドディップ

スナップエンドウのパルミジャーノ和え>は

Instagram(写真の投稿サイト・ちなみに私はazukimomoの名前で

投稿しています)のお友達から教えてもらいました。

茹でた熱々のスナップエンドウにほんの少しの

マヨネーズとオリーブオイル、削ったパルミジャーノを合わせるだけです。

お友達の話によると、ゴルゴンゾーラを混ぜてもとても美味との事です。

仕上げにたっぷりの黒こしょうを振って。。。これ大好評でした!

お手軽なのでぜひおすすめです。

お友達の差し入れの<オレンジサラダ>は皮をむいた

オレンジにオリーブオイルとビネガーと塩少々で和えて、ミントを散らして

一緒にいただきます。とっても爽やかなお味でした〜。

差し入れどうもありがとう!

アボカドディップ>はアボカドを刻んでみじん切りのタマネギと

刻んだトマトもボールに合わせ、クミンシード、チリシーズニングミックス、

マヨネーズ少々、サワークリームを入れて塩、こしょうをして和えたら完成。

分量はいつもながらに適当です〜。ごめんなさい。

アボカドの色が変わりやすいのでレモン汁を回しかけておくのもいいですね。


今日は珍しくお料理ブログのようになってます〜。

まるちゃん 


みんなでワイワイ、笑いながら、楽しい時間を過ごしたその日の夜。。。

残っていた物をつまみ食いしながら、バブリーウォーターを飲んだ私。

数分後、怪しいもののけをお腹に感じ。。。

トイレに急行したまま、小一時間程、床のタイルの上に突っ伏しておりました。

(ひんやり気持ちが良かったのよ〜)

心配した(?)ポメチャがトイレに強引に押し入って来て

床に転がるかあちゃんを見て自分もへそ天で私に添い寝。。。

動かない私の頭や手や顔を寝そべったままツンツンしてくれました。

そのとき私の脳裏をかすめていたのは”果たしてみんなは無事なのか?”

”まさか、今頃みんなトイレに転がってんじゃなかろうか?”

という事だけでした。

トイレに行ったまま戻らない私を心配したダーリンが

ドアをノックした頃にはほぼ回復。

ダーリンはその日も翌日ももののけの気配はなし。。。

後日、友人にも確認したら平気だったとの事。(本当?)

たぶん勝手に推測するに日本滞在中のバカ食いと疲れ(?)

そこにちょっとオイルを使いすぎた料理と残った松の実をポイポイ、

口に放り込んだのでお腹が暴れ出した?

と言う事に結論付けました。

みなさん、体がくたびれている時は胃腸にも優しいお食事にしましょうね〜。

じゃないと、私みたいにトイレの行き倒れになりますよ〜(^^)


トイレで添い寝





トラックバック:(0) コメント:(8) TOP
Categorie:* Party料理

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。