--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorie:スポンサー広告

2013’06.20・Thu

リバーサファリ

週末に我が家から車で約20分の所にあるリバーサファリに行って来ました。

新しく出来たと言ってもまだ未完成なのですが約半分程は完成していて

その完成した半分に、はるばる中国からやって来た

パンダレッサーパンダがいます。

リバースサファリ看板 

人混みを想像して朝一番に出かけたのですが、(あと午後近くになると

相当暑くなるだろうと思って珍しく早めに行動)意外と空いていました。

直ぐ隣に隣接している動物園の方は既に列が出来ています。。。

そしてもう一つ隣接されている,ナイトサファリは夕方開園なのでもちろん静か。。。

先ずは入り口でマップを頂いて。。。

サファリ看板 

マップの右中央のボートに乗って動物を見る辺りがまだオープンしていないだけなのね。

それ以外は既に公開されています。

(夫婦揃って何の下調べもせず。。。パンダがいるらしいよ、

私達ってひょっとして生のパンダを目前で見るのは初めてじゃない?

程度の知識しかなくぶらりとやって来た。。。)

入園して目の前に広がるこの景色。。。

広い〜〜!とても動物園じゃないみたい〜。

「どこかの公園みたいだね〜。小旅行に来たみたいだね〜。

アジアンチックな景色だ〜!」と景色だけで興奮する私。。。

ダーリンとはロマンを感じる所が微妙に違うようなので、さっさと道を急ぐダーリン。

後ろから来た人に追い越されるのが損したとでも思うのか、

急いで追い抜き返したりしています。なんでやねん。

急がなくても時間はたっぷりあるのよ〜。

景色1 

あの左手に見えるブリッジは何だろう?

楽しみだね。でもでもそこまでの道のりはそこそこ長そうです。。。

お花にもついつい、目を奪われてしまう私。。。

まだ一匹も動物は見ていません。それでも十分楽しいやんか〜。

(興奮すると何故か関西弁になります。。。)

赤い花 

ダーリンは、「これだけの広さなら、メインが開園していなくても

まあ入場料が一人$20位と言うのは妥当か。。。」とせこい事をつぶやいています。

のっけからほんまにロマンのない男です〜〜。

そんなロマンのない夫の耳元にそっと口を近づけて。。。

「ね〜。腹へったよ。。。」とささやいてやりました。

そうなのです。いつも朝食をちゃんと食べてるのに今日はまだ食べていない〜。

私は既にお腹がぺこぺこ。。。

ダーリンは、「そう?僕まだ大丈夫だよ」と平気で言い放ちます。

「じゃあ、途中でカフェでもあったら、せめてコーヒーでも立ち寄ってね。

じゃないと私、強暴になるから。。。」と言って歩き出したものの

ない。全然ない。。。ない物は仕方ないので我慢。我慢。

水辺に住む動物達を見ながら前進あるのみです。

ビーバーやクロコダイル、変わった魚を見ながら、時々、ダーリンの耳元で、

「ねえ〜。本当に腹へったよ〜」とささやき続けていました。。。

「もうすぐパンダに会えるから。。。」と返事になっていない返事をするダーリン。

ようやくパンダのサインボードが見えて来ました。

「わ〜い!パンダだ〜!漢字で書いた大熊猫って可愛い〜」と

しばし、空腹を忘れる私。

看板2枚セット 

冷房完備のお部屋にはまったりとおくつろぎ中のレッサーパンダが。。。

レッサーパンダに会うのはは横浜の「ズーラシア」以来です。

ズーラシアではずっと歩き続けているレッサーパンダを見ましたが、

冷房をお気に召しているのかしら?

2頭いますが二人ともぐっすりお休みしています。。。

「レッサーパンダってやっぱり何とも言えず可愛いよね。」と

この時ばかりはダーリンとも意見が一致。

レッサーパンダ 

レッサーパンダを頭上に見上げながら通り過ぎると次ぎにパンダが見えて来ました。

名前は「JIA JIA」ちゃんと、「KAI KAI」ちゃん。

JIA JIAちゃんが女の子のようです。JIA JIAちゃんは、人参が好物で、

木登りが大好き、笹の葉を持って木に登っちゃうと書いています。

とても遊び好きで愛らしい女の子だそうです。

一方のKAI KAIちゃんの好物はりんご。(お〜、ダーリンと一緒だ〜)

好きな事は食後の昼寝(げっ、ダーリンとそっくり)

しかも従順で素直な性格だと書いています。(ん〜。これも似ている〜。

男の子ってこんなものなのかしら?)

寝てる
 

ところでこの子はどっち??

お昼寝が好きみたいだから、KAI KAIちゃんかな?

KAI KAI ちゃんの特徴は頭の形が「オニオン・ヘッド」って書いてある。。。

ちょっとこの角度だと見えないけど、イラストを見て笑ってしまいました。

イラストの頭が黒柳徹子さんみたいでした。。。

ぷぷぷ。。。可愛い〜(^^)

お散歩 

そして多分こちらのアクティブな子がきっと、女の子でJIA JIAちゃん。

特徴は肩の黒いショルダーバンドが狭いって書いてある。。。

お昼寝中のKAI KAIちゃんと比べて見るとやっぱり黒い部分が狭いから、

きっとこの子がJIA JIAちゃんでしょう。

ずーっとウロウロと歩き回っていましたが背中に少し毛がはげたような痕が。。。

ストレスで毛がはげてしまったのでなければいいのですが。。。

それがちょっと気になりました。

珍しく何枚もパンダの写真を撮っているダーリン!

(トルコのベリーダンサーのお姉さんに続くダーリンの激写!

相当珍しい行為です!)(^^)

そのダーリンの耳元でささやいてあげました。。。

「ねえねえ、腹ぺこ限界に来てるよ〜〜」

ようやく、パンダのお土産グッズコーナーを出た所で

中華のファーストフード店のような物が出現。

もちろん飛び込みましたとも。

ほらほら、こんなに魅惑的な食べ物が目の前に。。。

セット食事 

ゆっくり品定めする程、脳みそにもお腹にも余裕がなかったので、

「え〜い。AセットとBセット、一つずつ下さい!飲み物は豆乳ね。」

お腹が空いていない、大丈夫と言い張っていたダーリン、

セット以外にもチキンナゲットなんか頼んでるし。。。

「ええ〜?そんな物まで?じゃあ、私はフライドダンプリングも!」って。。。

何で張り合ってんねん。。。思考回路、餌が切れて完全にアウトです。

ヌードル 

朝からしっかりヌードル頼んじゃった。。。

でも思考ゼロに落ち入っている私は隣のテーブルの上の湯気が上がっている

セイロが気になる〜。みんな一人1個頼んでいます。

「ね?私あのセイロも買ってくる!」と言ってオーダーしたのが下の写真。

湯気が上がっているふたを開けると。。。

むっちりパンダ君が顔を出しています!

セイロ2 

はにかみながら顔出している?(^^)

蒸しパンダ2 

ほらほら、あつあつなので、お皿に水滴が付いてますよ〜。

食べるのがもったいなかったけど、熱々が一番ですものね。

中はしっとりこしあんが入っていました。

蒸しパンだ1インスタ 

マンゴープリンまで付いていた。。。

今頃気付くなんて。。。空腹って危険ね。。。

すっかり、食べ過ぎました。。。

レストランを出た所が例のブリッジになっていました。

景色2 

このブリッジを渡るとマップ上の右半分に。

まだようやく、半分なんですね。すごい充実感です。

ダーリンが「うん!これで一人$20そこそこはお得だ!」とまた言ってます。

もう、ええちゅうねん〜。言っておきますがこの金額はもちろんボートでのクルーズが

オープンしたら変わりますからね〜。(^^)

景色3 

ブリッジから来た道を振り返るとこんな感じです。

景色4 

ブリッジからの眺め。。。たくさんの鶴がくちばしに草を咥えて飛行しています。

巣作り中かな。。。

さてさて、すっかり堪能してあとは帰るだけね。。。と

思っていたら、まだまだ見所が。。。

小さな動物のショーが開催されているかと思えばリスザルの庭園の

小径みたいな所あり、訪れた人を飽きさせません。

なんの予備知識もなかった私達は、予期せず最後に大きな

水族館の中に入っていたのでびっくり。

暑い外の空気の中から一転、クーラーがひんやりと効いた水族館の中に

入っただけで一息つきました。

水族館2 

まるで影絵のようになってる。。。

頭上ではマナティーが円陣を組んでいます。。。

お食事中かな?

マナティー1 

ぼーっとマナティーを眺めて気が済むまでクールダウンしてから、

ぼちぼち歩き出しました。そうしたら、いつの間にか水族館の水面に。。。

マナティ−2 

飼育員のお姉さんたちにご飯を貰っているマナティー達です。

その他には。。。こんなとっても珍しい動物も足下にいましたよ。。。

餌は勝手にあげないでくださいね。。。

水族館3 

うふふふふ。。。

私達もいつのまにか、水族館の展示動物に。。。(^^)


〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

お*ま*け

可愛いお花もいっぱい咲いていましたよ〜。

お花達 

ぜひ遊びに行ってみてね。。。

おすすめですよ〜。(^^)





スポンサーサイト

トラックバック:(0) コメント:(6) TOP
Categorie:    (Amusement Park)

 トロントに滞在中、ずっとお世話になっていた友人夫婦は二人とも生まれが台湾、

育ったのがブラジルとカナダと言うタイワニーズカナディアンのご夫婦です。

毎日、手際良くささっとご飯を作ってくれました。

私とダーリンがトロントに着いたその日の夜のご飯はこんな感じ。

友達料理1 
「24時間以上の飛行機の旅は疲れたでしょう?」って言って作ってくれた

卵と野菜のスープ。そして薄味のお野菜たっぷり料理。

彼女の味付けは本当に薄味であまりお塩を使わない所がとても好きです。

日本人の私の料理はやっぱり塩分が濃すぎるなあ、と反省させられます。

あと、手際良く何品もちゃちゃっと作るのがすごい〜。といつも感心。

また、別のある日の夕ご飯は。。。。

友達夫婦には、16歳、14歳、12歳の食べ盛りの子供が3人います。

この日はお天気もぽかぽか陽気だったのでがっつりとお肉をデッキでBBQして。。。

友達料理2 
男の子はやっぱりたくさん食べる、食べる〜。気持ちいい食べっぷりでした。

写真のお肉、もちろん1皿じゃないですよ〜。

まだまだ、たくさんデッキで焼いている所です〜。

そしてわいわいと賑やかな食事が終わったらコーヒータイム。

旦那様は子供時代から思春期の途中までをブラジルで暮らしていたのですが

毎日コーヒーの良い香りが漂う中で過ごしていたそうです。

そのせいか大のコーヒー好き。

朝も夜も彼がいつも美味しいブラジル式コーヒーを入れてくれます。

毎夜毎夜、飽きる事なく夜中の3時までお喋りを楽しんでいた時、

旦那様から、「ブラジルコーヒーのいいファクトリーを

最近見つけたら一緒に行こう!」と誘われました。

家からさほど遠くない所にそのブラジルコーヒーのファクトリーはありました。

caralhoコーヒー 
Carvalho Coffee

赤いパッケージが目に鮮やか〜。一袋一袋、通し番号がふってあって

ネットでその番号を調べると購入したコーヒーの詳細な

インフォメーションが得られるそうです。

コーヒーファクトリー内 
ここでコーヒー豆の話を聞いたり、談笑しながらコーヒーを頂きました。

ちょっと、実験室風〜(^^)

豆の種類 
豆の種類です。

コーヒー 
写真左上から時計廻りにどんどん焙煎する時間を長くしていったお豆達。

焙煎マシーン 
これが焙煎マシーン。

少しづつ時間をずらして焙煎し、研究を重ねて全部ノートに控えてるんだそうですよ。

このお兄ちゃんはブラジリアンではなくてロシアからブラジルに来て

このファームで働いていたのだそうです。

そしてこのファームのオーナーさんが子供の学業の為にカナダ移住をして来たのを

機にこちらに一緒に移り住んだそうです。

コーヒーを入れる 
美味しいコーヒーの入れ方を伝授してくれてます。

そしてコーヒーの飲み比べもしました。。。

下の写真はそのファームの写真。

写真 
この「Carvalho Coffee」日本にも進出してるんですって。

全然知らなかったな〜。

どこかで見かけた方いらっしゃいますか〜?

私はこのコーヒーがとっても好きでした。

友人の旦那様に至っては凄い惚れ込みようで、豆を買いに行っては3時間程も

ここで話し込んで来るそうで家族のみんなが呆れる程。。。

車で出かけようとする彼の車に子供達が飛び乗って一緒にお出かけしようとしても

行き先がここだと知るとみんな車から直ちに降りるそうです〜(^^)

普段そんなおしゃべりじゃない彼が事コーヒー豆に関しては熱く熱く語るのだから

相当ここのコーヒーのお味のレベルは高いんでしょうね〜。

「いつか、リタイヤしたらカフェでも始める?」って私が聞くと

にやって笑いながら「一緒にしようか?」って聞くので

「いいよ〜」って返事しておきました。うふふ。。。

シンガポールに帰って来てからも友人の旦那様の入れてくれたコーヒーが

本当に恋しくて困りました。やっぱり美味しいんだよね〜。

どんな媚薬が入っていたのかな〜〜。

3枚写真 
さて、コーヒー屋さんを後にして、少し時間があったので

懐かしい町をぶらりと4人でお散歩。

海のように広いオンタリオ湖そばの変わらない風景。。。

湖の側1 
私の大好きな花、「シラーシベリカ」が群生しています。

この前のブログにこの花の名前が分からない。。。って書いたら、

お友達が早速教えてくれました〜。(教えてくれてどうもありがとう)

とてもとても私の大好きなお花です。

花 
またまた、しつこくUPで載せちゃおう〜。

ほらほら。。。きっとあなたも好きになるよ〜〜。

と強引に暗示にかける。。。うふふ。。。(^^)

湖の側2 
この景色を見ながらダーリンはおセンチに。。。

やれやれ。。またですか。

(多感なお年頃なのね〜??)

湖の側3 
実はこの写真の水平線上にちらっと小さく白く見えるビル達。。。

(ほとんど見えないけどうっすらと見えてるのはトロントのビル群です)

フラワーポット1 
小さな町中には至る所にポットの寄せ植えが飾られています。

フラワーポット2 
そうして、ちょっとお花屋さんも覗いてみました。

こちらも春色です〜。

百合とボケー 

蘭とカラー 
ランのお花もこんな風に飾ると可愛いですね。

蘭 

ピオニー 
ぷっくらとしたシャクヤクも愛らしい〜。

黄色い花 
こちらは黄色がメインのお花達〜。

今回の帰省の間は本当にお天気が良くぽかぽか陽気続きで。。。

日本に続いて春を2度も堪能し、美味しい物をたくさん食べ、

新しい出会いあり。。。元気をいっぱい貰った帰省となりました〜。

次回の帰省は夏の予定です。。。今度はちょっと長くいます。

その時は、頑張って家のお掃除しますよ〜。





トラックバック:(0) コメント:(7) TOP
Categorie: (Toronto)

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。