--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorie:スポンサー広告

2012’03.28・Wed

石にまつわる話

 昨日、パワーストーンのブレスレット用Boxケースが手に入りました。
早速、ケースに手持ちのパワーストーンブレスレットを入れてみる事に。。。

ケース  

ここにあるブレスレットの内、ほぼ半分は、私の石好きを知っている
友人や従姉妹からのプレゼントです。
実は一つだけ母にプレゼントしようと思っているのも入ってます。
私の母マチ子さんは、私が持っているもの、人が持っている物
全てが欲しい〜!という何とも欲張りなお嬢さんなので先手を打って
彼女に奪われる前に一つ用意しておくことにしました。
(向かって左から2列目、1番下のフローライトという石のブレスレットがそれです。)

この石は、美肌やストレス解消に。そして私を引きつけたのは、
何と言っても学習能力のUP!

ボットペトル(ペットボトルのこと)、ジャピ(JALの事)、etc,  etc.
マチ子用語をたくさんクリエイトする母にはぴったりな石だと思うのです。
ちなみに物忘れにもいいそうですよ。尚更Good!

(私も必要かも?)

アクセサリーで体に身につけると言うより、石そのものが好きです。
パワーストーンという言葉は最近になって知りましたが、子供の頃から石は大好きで
知らないうちに少しずつ、身辺にたまっていました。

窓際のパワーストーン 

寝室の窓際にはこんな風にいつの間にか石たちが。。。
ほとんどは、Canada で買ったものです。そうそう、ここには写っていませんが、
アンモナイトの化石が入った石も持っています。
Canadaの中西部は恐竜の化石や植物の化石がごろごろと見つかる場所で、
それらを展示した大きな博物館もあります。
私が持っているアンモナイトの化石が入った石はそこで買ったものです。

恐竜やアンモナイトだけではなく、植物も化石となって石に入っています。私からすればそんな貴重な物が〜!と思うのですが、それらの石は切り出され、無造作に家の敷石に使われていたりするんです。よそのお宅に伺った時にたまに植物の化石の入った敷石などを見かけると石の上にしゃがみ込んでみとれてしまい、身動きとれなくなってしまいます。

だってきれいなんです!踏みつけるなんて可哀想だしもったいない!
出来れば持ち帰りたい。。。よそ様の庭先で色んな邪念が頭をよぎります。。(笑)

”持ち帰る”、で思い出しましたが、実は、我が家には私の手によって
生まれ故郷から持ち去られた数々の石たちがいます。



__-58_convert_20120327185645.jpg 




小石いろいろ 

Upにするとこんな感じ。



プリンスエドワード島の石 

そしてこの子たちも。。。

向かって右上の赤い子は、赤毛のアンで有名なプリンスエドワード島から。
赤土で有名な場所です。
石も赤く水に溶けやすくて、どんどんこぼれて砂のようになっていきます。
お花のアレンジに時々使ってましたが、さらさらとこぼれてしまうので
今は大事にとってあります。

アメリカのコロラドから来た子や、ヨーロッパからさらって来た子も。。。
日本海から拉致されて来た子もいます。犯人はこの私です。
もちろん、国定公園などからは取って来ていませんが、
最近は拉致することはやめました。。。
何だか故郷から引き離す事が可哀想になったのと、
どんどん増え続けてはお引っ越しも大変かと思い。。。
今は持ち帰らないで写真に残すようにしています。

そんな中でも、一番私と長い付き合いの石がこちらです。
何十年と一緒に旅しています。お引っ越しの度にあっちこっちへと一緒に移動して紛失することもなくシンガポールまで一緒にやってきました。


畑の石 
なんて事はない石。

畑の石、裏側 

裏側にひっくり返すとこんな感じ。ぽっかり、穴あきです。
穴の部分がまるで、人の足の土踏まずみたいでしょ?
その周りの明るいブラウン色の模様がまるで子供の足型にも見えます。

この子の出身地は四国の私の実家の畑。。

星が出るまで泥まみれになって畑で手伝いをしたり遊んでいた小学生の私は急斜面に作られた畑で自分では止められないほどのスピードで(どんどん加速されてしまった)転げ落ちるように畑を走っていました。まるで漫画のように。足だけぐるんぐるんに追いつこうとしているのに上体は先に下っているみたいな。。。もうだめかも?と思った瞬間、
私の足が何かにつっかかって、その反動で私の体は見事に空中に放り出されました。

スローモーションで空中に飛んだ気がしたのですが、その後は顔から落下。
股関節は激痛で足が裂けたかと思うような痛みにおそわれました。
しばらく激痛で動けず、星空を眺めていたあと、一体何にけつまずいたのかと地面を手で触っていたらそこにこの子がにょっきりと頭を出していたのです。

何だか、むっとした私は痛いのも忘れて、畑を掘り始め
この子を土の中から引っぱり出しました。
既にあたりは暗くて、どんな石なのかもわかりません。足を引きずりつつ家にその石を持ち帰り、水で洗ってみることにしました。ブラシで洗っていると、突然ずぶずぶと指の入る部分があり、面白くてどんどん、ほじほじしていたら、写真のように石の真ん中に穴が開いていました。面白い石だな〜、模様も可愛いな〜、宇宙人の足跡かも〜?と
勝手に宇宙からの贈り物ということにして、私のお守りのようになって、
この日から何十年と一緒に暮らしています。

石にまつわるお話はいっぱいあります。話し好きの私。。。 
止まらなくなっちゃうので、今日はこの辺で。
また別の機会に、我が家に巡礼の地メッカからやってきた石のお話ししますね。
月光浴のお話も。












スポンサーサイト

トラックバック:(0) コメント:(4) TOP
Categorie:* Power Stone

Next |  Back

comments

ああ、面白かった!!今、ワタシの膝の上は裏山ヨダレで湖が出来てしまいました
窓辺のストーンも純度高く美しく 醒なる清なるパワー溢れていますね

地球の中でフツフツと育ち壮大な歴史と浪漫を呑み込み現れたる石…

きっと出会うべくしてドラマが起こり ママに拉致されたのですね 石! 達
畑の石は又 格別! 模様も色も存在もママをお守りするために空から来たのでしょうと思います

u-toposu:2012/03/28(水) 15:26 | URL | [編集]

私も石は大好きです。いろいろ集めていましたが、人の薦めに従って私を守ってくれる石だけを側に置くことにしました。私の悪い気を吸い取ると石にヒビが入ったり色が曇ったりします。その度に叱られています。
学生時代は父が趣味で始めた庭石の会社に遊びにいったり今は禁止されている石を探しに川岸を歩いたり、石にはたくさんの想い出があります。
アメジストとシトリンの混ざったアメトリンはヒビだらけでいつ割れるか心配ですが、割れたら石の寿命だと言われています。

amiami:2012/03/28(水) 15:16 | URL | [編集]

かこたんへ

うふふ。大丈夫みたいですよ。私も一時そんな気がしたんだけど、石同士もけんかしないし、いろんな人の手を渡って来た物は、気になるようだったら、ハーブやお香や月光で清めてから手元に置いてます。
ポメチャはアメジストが好きであご乗っけてうたた寝してます〜。

あずきMama:2012/03/28(水) 14:51 | URL | [編集]

ほんと石が好きなんですね♪
実は私こうみえて怖がりで、
石に関しては、何かが宿ってるような
気がして、絶対その場所から持ち帰る事は
できません。
あずきママは自分のオ-ラで
そんなもの吹き飛ばしちゃうのかしら?

かこたん:2012/03/28(水) 14:42 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバック URL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。