--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorie:スポンサー広告

 昨夜は影絵で盛り上がり、実はあの後も数回楽しみました。(笑)
あの影絵のサービスをしている一軒家は、『大橋家住宅』でした。
倉敷の代表的な町家の一つで、国の重要文化財。
でも、まさか夕方、家の裏側で影絵をしている事を知っている観光客は少ないのでは?
夕暮れ時の『大橋家住宅』の裏側もおすすめです。


〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜


今日はお店巡り。いろんなお店の方との会話も楽しい。


本物のお花を特殊加工して作ったというアクセサリーのお店。
珍しいのは、昨日入ってきたばかりという「ふきのとう」。

ブローチ 

この写真には「ふきのとう」は写っていません。
(ごめんなさい。ちょうど、手に取って見ていたので)
この花達の色は自然のままで、着色は一切なし。
一つ一つのお花が持っている自然の色のままだそうです。
それがとってもいいですね。

しかも一つとして同じ物がない。同じ花でも形や花びらの開き具合が違うから。。
そして時が経つごとに色の変化が楽しめるそうです。


ブローチ20年 

何と!20年経つとこんな奇麗な飴色に変わるそうです。


持っている方の住んでいる場所や、保存方法で色合いが変わるそうです。
ちなみにシンガポールだと湿気が異常に多いから
早く色が変わるでしょう、との事。
友人は、逆に乾燥の強いコロラドに住んでいるので、
乾燥しすぎてポロポロ崩れないか、が気になるところ。。。
お店の方の話によると乾燥にも強いそう。少々、落っことしても壊れないですよ。と、
わざわざ床に落として見せて下さいました。
(ひえ〜、と内心焦る私。。もったいない、もったいない。。。ドキドキ。。)

結局、日本にお住まいの友人のお母様が、一つ買って友人と私は今回は見送りました。



ぶらりぶらり、歩いていてお醤油屋さんにも立ち寄りました。

金トラ
 

「万延元年(1860年)創業」『とら醤油』さん

何種類ものお醤油が置かれていて、ご主人が製法からお店の歴史など
説明をたくさんして下さいました。誇りと愛情たっぷりで作られた
お醤油だと感じました。
しかも話を聞けば聞く程、美味しそうで日本に住んでいたら
絶対買って帰るのにね、と友人と眺めるだけで我慢。
ん〜、残念。

金トラビフォー 


戦前
の『とら醤油』屋さんの看板



金トラアフター 

こちらは、戦後の看板。



金トラお孫 


そして、こちらはお孫さんが描いた微笑ましい看板(?)
グリーンの冷蔵庫のドアにでん!と描かれていました。
あんまり可愛かったので、写真を撮らせていただきました。
きっと将来、『とら醤油』の何代目かのご主人になるんでしょうね。



あちこち、ふらふらとお店をのぞき、そろそろお昼を頂く事に。
観光Bookで前もって読んでいた、
『12の小鉢で旬の幸をいただく四季の散歩道御前』
を食べる事に。。1日50食限定!
(この「限定!」という言葉にO型は弱い!ちなみに友人も私もO型です。。)


旅館倉敷 

『四季の散歩道御前』はこちらの
『旅館くらしき』のレストランでいただけます。
庭園に面した席でお庭を見ながらお食事。



旅館倉敷の花 

旅館入り口前の花あしらいが素敵でした。
黄色い蘭が鮮やかです。



昼ランチ

『四季の散歩道御前』

12の小鉢以外にご飯もお吸い物も付いてくるのでお腹いっぱいです。
周りを見渡したら、お客さん全員この御前をいただいてる〜。
みんな、もしや、O型?


食後はまたぶらり、ぶらり〜。
備前焼も大好きなので、あちこち立ち寄りながら物色。

備前花器 

こちらのお店のご主人も備前焼きの話を丁寧に聞かせてくださいました。
お花が一輪でも素敵。

『日本の美』ですよね。


店先の花 

大通りに面したお店の前。どこもこんな風にお花が飾られていました。
美しい。。。



備前コーヒー店 

とある、一軒の落ち着いた備前焼のお店を見つけました。
店の奥で、コーヒーを出して下さいます。

こちらでしばし休憩。


備前の店 


私が座ったコーヒーテーブルの正面はこんな感じ。

友人と話しながらも目は備前焼に。。。
ん〜、持って帰るには重いけどやっぱり欲しいな〜。



備前クッキー 


おっ!お菓子が出て来ました。うれしいな。
こけしの形のビスケット。


備前井戸 

コーヒーも運ばれて来て。。。

ふと、テーブルが気になってよく見たら。。
テーブルの真ん中は深い深い穴が。。。

立ち上がってよく見たら、『井戸!』

なんと、お部屋はよくよく見たら、昔は中庭だった模様。。。
縁側らしき後もあり部屋が自然光で明るいな〜と天井を見上げたら
天窓でした。私たちは庭だった場所に腰かけて
井戸のテーブルでコーヒーをいただいている。。。

在りし日のお庭の情景を思い浮かべながら、しばしゆったりとくつろぎました。


〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜


たくさんのお店をのぞいて、たくさんの方とお話をして
美味しい物をいただいて、それでもまだ名残惜しくて
古い商店街の方に足を伸ばしたら、
写真屋さんの猫ちゃんに会いました。


写真やのネコ1 

くうう〜、この足!この足裏!萌えません?
真っ黒ですにゃ。
ちょっと、亀さんの足にも見えますにゃ。。

何を見つけたんでしょうね〜?


写真やのネコ2 

写真屋さんの猫ちゃんは、まるで置物のように美しく、
まさしく絵になる猫ちゃんなのでした。



そして、商店街で最後にお会いしたのは、こちらの恵比寿様。



恵比寿さん 

阿智神社の恵比寿様。

何とも優しげで可愛らしいお顔です。

これからも、商売繁盛。
末永く、見守っていてくださいね。。。

スポンサーサイト

トラックバック:(0) コメント:(0) TOP
Categorie: (岡山'12)

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバック URL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。