--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorie:スポンサー広告

神戸の友人達と別れた後は、スーツケースをガラゴロ転がして
岐阜の多治見に向かいました。
シンガポールから夜便で中部国際空港に着いたダーリンとは
名古屋駅で待ち合わせ。そして名古屋から、岐阜へ。
今回の里帰りのメインイベントは法事です。
ダーリンの父の3回忌。
2泊を多治見で過ごし、法事も滞りなく終了し、
再びダーリンと名古屋に舞い戻りました。


〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜


珍しく名古屋に泊まる事にしたのは、ダーリンの
センチメンタルジャーニーにおつき合いするため〜。
いつまでも夢見る夢男君なのです。。。

そう言うわけで、宿泊地はダーリンにおまかせ。
私は一切関知せず、どこに泊まるかも一切知りませんでした。
ダーリンは朝から上機嫌です。
(ま、初恋の相手に再会しに行くようなもんでしょうかね〜)
 

で。。。名古屋駅から向かった先は八事
八事にホテルを予約していると言うので、荷物を預けに。
ホテルに着いてみて、第一声は、「どひゃ〜。」でした。。。
常々、好みに微妙〜な違いがある事は感じていましたが、

何だ?とっても女の子チック。。

思わず、写真撮りまくってしまった。。
ちょっと、『ELLE  DECORE』風。。
日本じゃないみたい。周りを見回すと、きれいなお姉さんがあちこちにいます。

「名古屋の女の人ってきれいね〜。」
「とっても上品そうに見えるのは何故?」
「私がシンガポールのダラダラした空気の中にいるせい?」
とか何とかつぶやきながら、ホテルの中をきょろきょろ見て回りました。


お写真をどうぞ〜。

八事ロビー1 


エントランス側


八事ロビー2 

こちらもエントランスの側です。


ダイニング3 


ダイニングへの入り口。手前がダイニングです。


ダイニング1 

ダイニング横


ダイニング4 


ダイニングから数段ステップアップした所。


ダイニング2 

ダイニングテーブル


部屋 

この日、宿泊したお部屋。天蓋付き

5年前にリニューアルしたホテルだそうです。前はビジネスホテルだったそう。
確かに二部屋を繋いだ後が見えます。
日本ではあまり広い部屋がないので広さがあると嬉しい。
ダーリン曰く「高そうに見えるけどそうでもないから、
皆さん、どうぞご利用下さい。」
って横から口出してます〜。
ついでに、「よけいなお世話ですけど・・・」とも言ってます。


__-212_convert_20120504204533.jpg 


ベッドの側面が大きな引き戸になっていて、そこを開けたら洗面所
この洗面所が一番気にいったかも〜。
だって、広いんです。のびのび使える。
浴槽は長くて、ずり落ちて溺れないように入浴〜。
あ〜、極楽、極楽〜。


協会 

部屋の窓の下に見えるは、教会
この日は、3組の結婚式が執り行われるそうです。
だから、若い人がいっぱいいたのね。納得。
チェックインを済ませて、ひとまずはランチを食べに外へぶらりと出かけました。

「日本に帰ったら絶対、うなぎを食べて来なさいよ〜」と
知り合いのレストランオーナーから言われたのを突然思い出した!
「今年はね、天然のうなぎが取れないからしばらくうなぎは食べれないよ。
食べれてもね、めちゃくちゃ高いからね!
ぜひ、日本に行ったらね。食べといで〜」って言われたんだった。

食べなきゃ、食べなきゃ!うなぎ〜!


八事ランチ 

「去年も名古屋でひつまぶし食べたよね!
やっぱり名古屋に来たら食べなくちゃね。」と口では言ってますが
本当は特別うなぎ好きという訳でもないのです。
子供の頃に食べつけてないせいか、食べなくても全然平気。
この写真のお店も老舗らしいですが、「ひつまぶし」ではありません。
うなぎまぶし」ってメニューには書いてありました。
うなぎ通ではありませんが、とても美味しかった。


〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜


食事を終えて、本屋さんに寄ったり、高島屋で
(ちなみにシンガポールにも高島屋があって凄く盛況だけれど、
そんなの比じゃなかった〜!
デパ地下では人混みと美味しそうなSweetsにクラクラして何にも買えなかった〜)
買い物をしたりカフェでお茶をしたりと懐かしい街をぶらつきました。
(ダーリンは名古屋生まれ、大学卒業まで名古屋で暮らしていた
生粋のNAGOYANです。
私も縁あって名古屋には4ヶ月ほど暮らした事があります。)

フラフラと歩いていたら、可愛い看板が目に飛び込んで来ました。

『すうぱあーキャット』猫の雑貨屋さん?

もちろん!のぞきます。


雑貨屋さん  


年の頃なら私達と同年代?かな、っていう感じの優しそうな男性がオーナーさん。
段ボールがお店の中に積み上げているのがちょっと気になるな〜と思っていたら、


「実は今月いっぱいでお店を閉めるんです.....」とのこと。
残念。せっかく出会ったのに。素敵なお店は続いて欲しい。。


「去年の4月にボス猫を亡くして、今月が一周忌なんです。
悲しくて悲しくてお店を続けられなくなりました.....」


元々このお店をオープンしたきっかけが猫。猫が大好きな奥様が日本各地や外国から
集めた雑貨を売り始めたのがきっかけだそうです。
集めた猫達の中に愛猫のボス猫にそっくりな子を見つけては
辛くてたまらなくなるんだそうです。

「お気持ちよく分かります。私達も去年、愛猫2匹を相次いで見送ったので....」
と、お互いに涙ぐんでしまいました。

「こんな事を言っては何ですが、実の親を亡くした時より辛かった......」

「あちゃ〜。そうですか....実は私もそうなんですよ。
ひんしゅくを買うかもしれませんが。」

と話がすすみ、

「でもね、実はまだ家には他にも猫が11匹いるんです」!!

「まあ〜!そうですか?我が家もね、2匹を見送ったあと、
シェルターから男の子を引き取ったんですよ.....」



この後の展開は、猫好きさんならわかりますよね?

ま〜、猫の話がでるわ、でるわ、お互いに止まりませんったら!(笑)



猫カード 

こちらの6枚の猫カードを買いました。

もう5月になっちゃったから、このお店はないんだろうな、さみしい。


〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜


今回の名古屋の最大の目的!(超オーバー)

ダーリンが大学生の頃に良く通っていたという、Jazz Bar &喫茶店に行く事。
知り合った頃から何度も話を聞かされていたお店です。
私もしばらく名古屋にいた時に2度ほど、一緒に行った事があります。

不思議〜な雰囲気のお店。

Antiqueの家具に包まれた店内。薄暗い中で、ぼわ〜と、
あちこちにキャンドルがともされているのですが、このキャンドルが細くて何年分もの
溶けて積み重なったキャンドルの上にどんどん突き立てられている。
お掃除した気配はありません。。
毎回立てているキャンドルの色も違うんでしょうね。
とってもカラフルな山が出来上がっています。

コーヒーを飲みながら辺りを見回すと、ほこりをかぶった家具の側には、
ほこりをかぶった年期もののドライフラワー。
で、なぜか炊飯器?(やっぱり埃まみれ)

ん〜?何だか倉庫のような蔵の中にいるような。。。

そこへ、チャーハンを運んで来た年配のご婦人。
日本人ぽくない目鼻立ちのきりっとしたきれいな方で多分
若い頃はさぞかし美しい方だったんだろうな、と思って見ていたら
話す言葉が、名古屋弁まじりの京都弁?

あの〜京都のお生まれですか?」って訪ねたら、

そうどす。。」と返ってきました。
とっても面白い方で「旦那さんにだまされてこんなとこに連れてこられたんどす。
ほんまは、京都にずっとおりたかったんですけどな。。」と。

話せば話す程ユニークな方で。上品なんだけど、でもどこか魔女っぽい。。。
チャーミングな方でどうやらお話を聞いていると駆け落ちをしたような。。
さらりと、昔の話をしておられましたが、
当時はさぞかしいろんなご苦労もあったことでしょうね。
お話をもっとたくさん聞いていたいなと思う
とても居心地のよい空間でした。

しばらくして、2度目に訪ねた時には、あのご婦人は見当たらず、カウンター奥には
30代後半か、40代位と思われる男性がお酒を作っていました。
ご婦人の息子さんでした。
お母様は、ちょっと体調を崩してお店には出られないとの事。


この息子さんも魔女さんの息子さんらしく、私の顔を見ながら、突然
「冷え性ですね。。。冷え性に効く飲み物をお作りしましょうか?」
と言って作って下さいました。
顔を見ただけでわかるんですね。
当時、肝臓の数値がちょっと悪かったダーリンには、
「肝臓が少しくたびれていますね、うこん入りの飲物を飲んでみませんか?」
と言って何やらうこんと何かを混ぜて作って下さり、体調のみならず、
どうやらそれ以外にもいろいろ見えてしまうらしく、
その話題でしばらく話に花が咲きました。


あまりに見えすぎてくたびれたりしませんか?」ってお聞きしたら、

もう、入り口を入って来た時からその方の抱えている事などが見えてしまうので、
さすがに疲れます。初めての方にそんなお話をするのも失礼だから、
知らないふりをしていますが、ご本人から話し始める方もいらっしゃいますよ。
そう言う場合はただだまってお聞きしています。


そうやって一通り、話し始めたお客さんがしばらくたってから、またお店にやってきて、
前とは違う晴れやかな顔をして訪ねて来てくれた時に何とも言えない
幸せを感じるのだとおしゃっていました。

ね?ちょっと行きたくなりません?

問題を抱えていようがなかろうが、おしゃべりをしなくても何となく居心地のいい空間。
でしゃばってあれこれ詮索はしないけど、
遠くから見守っていてくれる人がいるそんなお店。
私もすっかり、このお店のフアンになってしまったのです。

話は長くなりましたが、そのお店をまた訪ねたくて、わざわざ名古屋に泊まったのです。




が。。。らせん階段(このお店は建物の2階にあります)を上がりながら、
なんか、前とは違う空気を感じたのですが、
案の定あの息子さんもご婦人もいませんでした。
初めて会う男性がカウンター奥にいました。

お店も一部の家具は残っていますが、ドライフラワーも炊飯器もない。。。
ほこりもかぶってないし、あの怪しくゆらめくキャンドルもない。。。

ああ〜、やっぱり、なくなっちゃった。。。

漂っている空気そのものが前とは違ってます。

お店の名前は同じなんですよ。前もってシンガポールから
電話で確認して出かけたんですから。
ダーリンの落胆ぶりったら。。。体から思いっきり脱力感を漂わせてる〜。
あ〜あ、何とか、励まさなくては。。

せめてせっかく来たのだから何か飲む事に。

ダーリンは白ワイン。私は紅茶を注文しました。


アドローマ 

何故か、チョコレートバーみたいなのが付いて来ました


しばらくは二人で懐かしいあのお店の話とあのお二人は
今どこに暮らしているんだろうね〜と
そんなたわいもない話をしてお店を出ました。

私達は本当は魔法にかけられていて、
本当はあの空間はなかったんじゃないか。
という話にまでなったりして。。。

ちょっと、宮崎駿さんの映像がちらっと頭をかすめた、そんな夜でした。

スポンサーサイト

トラックバック:(0) コメント:(10) TOP
Categorie: ( 愛知’12)

Next |  Back

comments

> わー!!すごい素敵なホテル♪
> こんなホテルに泊まったことない!!
> 私はアウトドア大好きだったから、コテージとかキャンプとかばかりしてたから、憧れちゃう~(^-^)
> 素敵なダーリンねぇ♡
> 魔女さん親子すごいですね。
> 見えちゃうってすごい。
> 私はそういう能力は全くないから、とっても不思議!!
> 私も行ってみたいなぁ。

Ponkoちゃんママへ。
コテージとかキャンプの方が好きよ〜。
もっと、自然と過ごせる所が好き〜。でも、たまにはダーリンにも花を持たせなくちゃね。
お気に入りのお店がなくなって行くのはさみしいけど、また発見するわ〜。

あずきMama:2012/05/08(火) 01:15 | URL | [編集]

わー!!すごい素敵なホテル♪
こんなホテルに泊まったことない!!
私はアウトドア大好きだったから、コテージとかキャンプとかばかりしてたから、憧れちゃう~(^-^)
素敵なダーリンねぇ♡
魔女さん親子すごいですね。
見えちゃうってすごい。
私はそういう能力は全くないから、とっても不思議!!
私も行ってみたいなぁ。

catponko:2012/05/07(月) 21:41 | URL | [編集]

> うちも相棒と好みが若干ズレてます。
> そのホテルはきっと 若い人がお姫様気分を
> 味わいながら結婚式あげられるホテルなんでしょうね♪
> 旅のお話はまだまだ続きがありそうで、
> 次回が楽しみです

かこたんへ。
乙女チックなダーリンを持つと自分がたくましい男性気分にすらなって来ます。
天蓋付きに喜ぶダーリンって??ちなみに今の家のベッドも天蓋つきです。。。
かこたんの旅のお話も楽しみに待ってます〜(^^)

あずきMama:2012/05/06(日) 13:02 | URL | [編集]

> ダーリンは乙女なものがお好きなのですか?
> かわいらしい♪♪
>
> 魔女さん親子どうなさっているのでしょうね?
> 私も知り合いに見える人がいて大変そうでした。
> 病気にもなりやすいそうですね。。
> お元気だといいけれど・・・

ちーさんへ。
そう。。。ダーリンは乙女なのです。見た目は、国籍不明の怪しい男なのに!
だから、お店がなくなって、メソメソ。慰めるのも一苦労。。(うふふ)
見えるとくたびれますよね。コントロールのこつを覚えないと。
魔女三はお月様に帰ったかも?
昨夜のきれいなスーパームーンを見ていて、ふと思いました。(^^)

あずきMama:2012/05/06(日) 12:59 | URL | [編集]

> そのお店行って見たかったなー
> やはり魔法だったのかな?
> ステキな親子さんですよね(*´∀`*)
> 八事のホテル凄いインテリアですよね
> ステキなんですが何だか少しくつろぎにくいかも?(笑い

Kunちゃんへ。
八事のホテル。若い人ばっかりで、ちょっと恥ずかしかったよ〜。
女性の一人客もいました。そこが狙いめらしいわ。
でもね、和朝食はおいしそうでした!洋食をオーダーしちゃったので、
隣のダーリンの和朝食がうらやましかった。。。
朝ご飯は大事。。ね?(^^)

あずきMama:2012/05/06(日) 12:53 | URL | [編集]

> 私も京都出身の魔女さんのお店に行ってみたかったです。
> いろいろ伺ってみたかった。
> ホテルにも泊まってみたいです。素敵な場所ばかり。
> いつか名古屋に泊まるときは是非紹介してください。

amiちゃんへ。
体調を見て、さりげなく体にあった、飲み物を作って下さるなんて、
うれしいでしょ?ちょっと、漢方Barみたいよね。
優しい眼差しの息子さんでしたよ。
お母様は宮崎駿ワールドに出てくる魔女っぽい方。
でも凄くきれいな方だったから、だんだ様は一目惚れしたんだろうな〜なんて
勝手に想像してました。(^^)
痕なお店、また見つけたいね。
名古屋のホテル、いつでも〜。
紹介しますよ〜。ダーリンが喜んで紹介しちゃうと思います。

あずきMama:2012/05/06(日) 12:36 | URL | [編集]

うちも相棒と好みが若干ズレてます。
そのホテルはきっと 若い人がお姫様気分を
味わいながら結婚式あげられるホテルなんでしょうね♪
旅のお話はまだまだ続きがありそうで、
次回が楽しみです

かこたん:2012/05/05(土) 23:19 | URL | [編集]

ダーリンは乙女なものがお好きなのですか?
かわいらしい♪♪

魔女さん親子どうなさっているのでしょうね?
私も知り合いに見える人がいて大変そうでした。
病気にもなりやすいそうですね。。
お元気だといいけれど・・・

ちー:2012/05/05(土) 22:58 | URL | [編集]

そのお店行って見たかったなー
やはり魔法だったのかな?
ステキな親子さんですよね(*´∀`*)
八事のホテル凄いインテリアですよね
ステキなんですが何だか少しくつろぎにくいかも?(笑い

kunちゃん:2012/05/05(土) 21:51 | URL | [編集]

私も京都出身の魔女さんのお店に行ってみたかったです。
いろいろ伺ってみたかった。
ホテルにも泊まってみたいです。素敵な場所ばかり。
いつか名古屋に泊まるときは是非紹介してください。

amiami:2012/05/05(土) 21:46 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバック URL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。