--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorie:スポンサー広告

 ちょっと前の事ですが、日本からお友達夫婦が来星した時に久しぶりに

タイ料理を食べに行きました。

我が家から割と近くにあるタイ料理のレストラン、

「ジム・トンプソン」

「ジム・トンプソン」jimthompson.jp/jimthompson.html

アメリカ人建築家で軍人でもあり、第二次世界大戦後にタイのバンコクに移り住み、

衰退しかけていたタイシルクを世界に広めたことでも有名ですよね。

タイシルクの代名詞になるくらい有名な実業家でもありました。

そのタイシルクのお店はここシンガポールにもあるし、

日本でも数多く取り扱われていますよね。

その彼の名前がついているタイ料理レストランです。



タイ料理2 

こちらがその「ジム・トンプソン」の外観。

元兵舎を利用、改装したおしゃれな作りです。

タイ料理1 


一番最初にこのレストランに来たのは、シンガポールに越して来て

初めて迎える暑くて雪のないクリスマス。

日本から遊びに来た親族と一緒に食事に来ました。

その時はクリスマスと言うこともあって、デコレーションがとっても賑やかで

あちこちキラキラしていましたが、この日行ってみても十分賑やか。

華やかなレストラン内なのでした。

レストランに入るまでランチビュッへだとは気付かず。。。



まあ〜。ヤダ。。(^^)また、食べちゃいますね〜。



__-385_convert_20120622154634.jpg 

こんな感じでお料理がずらり〜。

毎度の事ながら、ときめいて、興奮して、迷う。。。

__-384_convert_20120622154440.jpg 


タイカレーだってちゃんとレッド、グリーン、とイエローと一通り揃ってるし。。。


__-388_convert_20120622155200.jpg 



サラダだってほらこんなによりどりみどり。。。 



__-383_convert_20120622153915.jpg 


ひとまず、ぐるりとお料理の数々を品定めして。。。
 
レストラン内の内装も楽しんで。。。 



__-387_convert_20120622155052.jpg 


こちらはお料理が並べられたテーブル側から奥の客席を見た所です。

Canadaでインテリアデザイン科を卒業したのだけど、アジアで暮らした後に

勉強をしたのだったら商業ベースのデザインや店舗のデザインをしていた時に

とっても参考になったのにな、って思います。

北米では見ないデザインが多々ありますものね。

建物の素材も作りもちろんそうだし、ファブリックだってそう。

歴史的な背景も興味深い。

いつもレストランとか人のお家とかとにかく建物を見るのが大好き。

楽しい。面白い。そして見てて全然飽きない。

そのデザインが好きか嫌いかはさておき、とにかくじろじろ眺めてしまいます。



__-386_convert_20120622154727.jpg 



こちらは私達のテーブルです。



__-389_convert_20120622155358.jpg 


こちらはお料理用のテーブルとは反対方向にしつらえられた、バーカウンアー。

派手だけど、とても好きかも。

何より天上の高さが良いのです。

そんな私の横で「いや〜。こりゃ、毎日エアコン代が大変だね〜」と

超現実的なつぶやきをする男、ダーリン。

はあ〜、ごもっともですね。。。(^^:)

ごもっともですが、つまらん。。。



さて。ビュッへテーブルにあったお料理とは別にアペタイザーがあるとの事。

何があるのかしら〜、どうする〜?頂く?なんて言ってるうちに

するすると6種類ものアペタイザーが運ばれて来てしまいました。

(あれ?8種類だったかしら?多すぎて記憶が定かじゃないわ。)

「小さいポーションだから大丈夫ですよ〜」なんてサーブしてくれるお姉さんは

にこやかに言いますけど、もうこれでお腹いっぱいになっちゃうんですけど〜。



アペタイザー 


ほらね。こんなに沢山。

私達まだあちらのテーブルのお料理に一切手を付けてないんですけど。。。

しかし!来た物は拒みません。食べましょう!


カレー 



カレーだって3色欲張って食べちゃいます。

いかん。どれも捨てがたい。どれも旨い。。。

そんなこんなで食べていたら、お美しいお姉様が踊りながら近づいてきました。



__-382_convert_20120622153746.jpg 


どんどん、どんどん、接近してくる〜。

写真を撮らせてもらったりしたからますます近づいてくる〜。

私、見た目は女ですけど、かなり中身は男なので照れくさい〜。

いや〜。恥ずかしい、恥ずかしい。。

ダーリンも超照れくさいようで顔すらあげません。

「ね、ちょっと。ちょっと。お姉さん来るよ〜。見て見て。お美しいから〜。」

って言えば言う程,カチカチに固まってしまってひたすら食ってるし。。。

アラブ料理を食べに行った時もそう。

ベリーダンスのお姉様が近づいてくると決して見ようとしない。

それどころか、顔がムッとしてるし。。何で?

良くわからんな〜。男性の心理は。。。??



もうこれ以上は入らない〜っていう位、たくさん頂きました。

でもまだ、デザートが残っていますよね。

デザートをいただかないなんて、やっぱりお食事が完結したとは言えないですよね。


ましてやこんなにきれいなデザート。抜く訳にはまいりません。



タイデザート4 



さすがにタイ料理。フルーツカービングもきれいです。 



タイデザート2 



フルーツもきれいにカービングされてよそいき,おめかしされています。



デザート5 



華やかでかわいいですね。(^^)


〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜



コーヒーを飲みながら、

「それで結局の所、ジム・トンプソンはどうなったんだろう?」と。。。

建築家でもあり、陸軍の軍人でもあり実業家としても有名であった彼ですが

諜報機関にも所属していた彼は、

1967年、61歳の時に滞在していたマレーシアの

高級別荘地から忽然と姿を消してしまい未だに行方知れず。。

彼が姿を消してから、5ヶ月後アメリカのペンシルベニア州に住む姉は他殺体で発見。

犯人の検挙はまだされていないそうです。

営利目的の誘拐説や諜報活動がらみの暗殺説、単なるジャングルでの遭難。

地元住民による殺害などなど。数百人もの人を総動員して捜索しても

謎は謎のまま、未だに未解決。

今仮に生きていたら、106歳。きっともうこの世の方ではないんでしょうけれど、

どこでどんな暮らしをしていたのかどんな最後だったのか。。。

このミステリアスな事件からヒントを得て松本清張は、

推理小説『熱い絹』を書いたそうです。

興味のある方、一読されてみるのも面白いかもしれませんね。

スポンサーサイト

トラックバック:(0) コメント:(12) TOP
Categorie:  (街・カフェ・レストラン)

Next |  Back

comments

> そうそう私もジムトンプソン氏が
> どうなったのか気になる一人。
> それにしてもお料理の数々が
> 素晴らしい!
> エスニック料理好きな私なので、
> かぶりつきで見てしまいました!

かこたんへ。
かこたんもエスニック好き?私もなの〜。もうね。歯止めが利かなくなるのよ〜。
いけない。いけないって思いながら、どんどん箸がすすんじゃう。スパイスマジックかしらね?(^^)

あずきMama:2012/09/04(火) 00:38 | URL | [編集]

そうそう私もジムトンプソン氏が
どうなったのか気になる一人。
それにしてもお料理の数々が
素晴らしい!
エスニック料理好きな私なので、
かぶりつきで見てしまいました!

かこたん:2012/09/03(月) 22:18 | URL | [編集]

> レストランもお料理もフルーツも気になったけど、
> ジム・トンプソン氏が気になるo(´∇`*o)(o*´∇`)o
> あずきママ、ドキドキなお話をありがとうm(_ _)m
> 早速調べて、松本清張の本も探してみようっと♪

yunco ちゃんへ。
ジム・トンプソン氏気になるよね。お姉さんも謎でしょ?
私も買って読んでみたいと思ってます。


あずきMama:2012/08/08(水) 21:41 | URL | [編集]

レストランもお料理もフルーツも気になったけど、
ジム・トンプソン氏が気になるo(´∇`*o)(o*´∇`)o
あずきママ、ドキドキなお話をありがとうm(_ _)m
早速調べて、松本清張の本も探してみようっと♪

yunco:2012/08/08(水) 16:19 | URL | [編集]

> タイシルクは若い頃にいただいてブラウススーツにした記憶があります。
> 美味しいお料理、歴史のある建物、調度品、どれも見てもうっとりします。
> いつも心に残る写真とコメント、益々行ってみたい気持ちがつのります。

amiちゃんへ。
タイシルクのブラウススーツなんて素敵ね。私は一度もないわ。せいぜいスカーフ位(^^)
元兵舎の前はこの辺りはサトウキビのプランテーションが合った場所でもあります。そんな歴史も楽しい。
そんなに長い月でもないのに、こんな風に時代とともに変わって行くんですよね。行方知れずのジム・トンプソンだってまさか自分の名前のついたこんなレストランが出来るなんて思っていなかったでしょうしね。

あずきMama:2012/07/04(水) 00:02 | URL | [編集]

> Beautiful!
> 離れると、住んでいた国の良かったところが想い起こされるんですよね。シンガポールはやっぱり食の面では最高に楽しい国でした。お金を出せばどんなものでも食せる!そしてやっぱり洗練されている(ところは洗練されている)!メルボルン、ましてやジロングには逆立ちしてもこんなレストラン探せません!!遊びにいきた~い!

Rieさんへ。
今日は久しぶりにお顔も見えて嬉しかったです。私もきっとシンガポールを離れたら懐かしくなるんだろうな〜って思います。カナダにもなかなかこんな建物はないし、今の内にじっくり堪能しておきます。でもお金がかかる国だよね、ここは。私はそちらの大自然が羨ましくて仕方ないよ〜!

あずきMama:2012/07/03(火) 23:57 | URL | [編集]

> 15年位前に名古屋の松坂屋にジム、トンプソンのお店が出店していて、良くプレゼント用に買ってましたが、タイ シルクのお店とゆうことしか知りませんでした。しかしこのレストランステキですね~~広くて高くて(電気代がかかるが)本当に家具とか調度品とかウットリですね(-^〇^-)お料理も美味しそう

Kunちゃんへ。
名古屋の松阪屋にあったの?今ダーリンが名古屋と聞いてトキメイテいます。名古屋っこだからね。名古屋大好きなもんで。(^^)私も全然知らなかったの。シルクのお店としか。。。なかなかミステリアスですよね。ちょっと機会があったら本を読んでみようかと思っています。

あずきMama:2012/07/03(火) 23:53 | URL | [編集]

> あずきママさん、とにかくステキの一言ですね~(*^^*)お洒落なママにお似合いのお店ですね!お料理も美味しそうだし飾り付けも全て頂きたくなりますね♡また素敵なお店見せて下さい(*^^*)

アクアメロンちゃんへ。
本当にね、空間が贅沢なお店です。お料理も美味しくて。これで私が太らない体質ならどんなに幸せかな〜って罪悪感と戦いながら誘惑に負けてつい食べてます。きっとシンガポールを離れたら懐かしく思い出すんでしょうね(^^)股素敵なお店を見つけたらブログに載せますね。

あずきMama:2012/07/03(火) 23:42 | URL | [編集]

タイシルクは若い頃にいただいてブラウススーツにした記憶があります。
美味しいお料理、歴史のある建物、調度品、どれも見てもうっとりします。
いつも心に残る写真とコメント、益々行ってみたい気持ちがつのります。

amiami:2012/07/03(火) 21:52 | URL | [編集]

Beautiful!
離れると、住んでいた国の良かったところが想い起こされるんですよね。シンガポールはやっぱり食の面では最高に楽しい国でした。お金を出せばどんなものでも食せる!そしてやっぱり洗練されている(ところは洗練されている)!メルボルン、ましてやジロングには逆立ちしてもこんなレストラン探せません!!遊びにいきた~い!

Rie Nelson:2012/07/03(火) 09:39 | URL | [編集]

15年位前に名古屋の松坂屋にジム、トンプソンのお店が出店していて、良くプレゼント用に買ってましたが、タイ シルクのお店とゆうことしか知りませんでした。しかしこのレストランステキですね~~広くて高くて(電気代がかかるが)本当に家具とか調度品とかウットリですね(-^〇^-)お料理も美味しそう

kunちゃん:2012/07/02(月) 23:03 | URL | [編集]

あずきママさん、とにかくステキの一言ですね~(*^^*)お洒落なママにお似合いのお店ですね!お料理も美味しそうだし飾り付けも全て頂きたくなりますね♡また素敵なお店見せて下さい(*^^*)

アクア♡メロン:2012/07/02(月) 21:49 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバック URL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。