--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorie:スポンサー広告

フィンランドに着いた翌日、今度は別の友人夫婦

これまた久々の再会を果たしました。

前回会ったのは日本で、一緒に京都に旅行に行きました。

そんな前じゃないと思っていたのに、友人の話によると8年ぶり?!!

ええっ〜?そんな前??彼女と写した写真が寝室にいつも飾られているので毎日

彼女を見ていた私には信じられなくて〜。びっくりしました。

確かに彼女の二番目の子供ちゃんがすでに7歳

前回会った時にはまだ生まれていなかったのだから、

その位、月日は流れていたんですね。

上の女の子は今年11歳。友人達が日本に来た時には、おばあちゃまに

預けられていたので、上の女の子に会うのも今回が初めてです。

子供達に会えるのも今回の旅行の楽しみの一つでした。

毎年、子供達の成長ぶりを写真で送ってくれていたので

初めて会う気はしないけど、

やっぱり友達の子供って可愛いのよね。

この日の朝、私達が泊っているホテルに二人が迎えに来てくれました。

子供ちゃんに会えるのは夕方です。

8年ぶりとは思えない程、ついこの間別れたみたいに話が弾み、

止まらない。止まらない。

子供みたいに手もつないだままです。

ずーっと話やまない私達を見ていた男性陣が「夜になっちゃうから、

とにかくドライブに出かけよう〜」と話に割り込み、市内観光

出かける事になりました。

でも車に乗っても話は止まらない。。。(^^)

私は昨日から喋りっぱなしです。。。

そして、今日も私の象の足(捻挫して腫れた)は痛みを感じないよ〜。


下の写真はフィンランドを代表する作曲家のシベリウスの名を冠した

シベリウス公園」写真左手に見えるのがステンレスパイプの彫刻

右手がシベリウスの像です。



シベリウス 

この時、「フィンランディア」が流れて来ました。

それを聞いていた二人はポツリと、「これを聞くと本当に涙が自然と出てくる。。。」

とつぶやきました。カナダに暮らしていた時にもフィンランディアを聞くと

涙が流れたと。。。私にはそれに匹敵する音楽があるかな?

日本に郷愁を誘われる音楽って?と考えていました。

薄情だけれど、カナダの国歌を初めて聞いた時、胸の鼓動と共に

涙が止まらなくなってずっと涙が流れるままにしていた

その時の事を思い出していました。

私の名前、”八千代”は”君が代”に入っているというのに〜。

 あちらに旅立った父が聞いたら嘆くかもしれませんね。「なんつ〜。薄情な娘か」と。。

昔、父に「私の名前はどうして八千代なの?」って聞いたら

「君が代の中にあったから。。なんか、めでたい気がして。」と言われました。

めでたい?確かにめでたいけど。。。。そんだけ?

ちなみに私の二人いる下の弟の名前は「司」と言います。これまた、

名前の由来を聞いたら、「高知に美味しいお酒があってね〜。

司牡丹
って言うんだよ」って。

こりゃ、ひょっとして酔っぱらってつけたのか?

どーでも良い事を回想しながら。。。

次に訪れたのは、「テンペリアウキオ教会」

こちらは岩山をくり抜き、内壁は自然の岩肌をそのまま利用した教会。


ロックチャーチ 

放射状の細長いガラス窓(180の天窓から自然光が注いでいます)が

直径24メートルの銅製の屋根を支えています。

そして祭壇背後の壁は氷河時代の岩。祭壇テーブルは花崗岩が使われています。

3度の設計コンクールを経て、1969年にスオマライネン兄弟により

設計され完成したフィンランド現代建築の代表作。

音響効果も良いので頻繁にコンサートにも使われるそうです。

この日はアジア系の移民の男性の方がピアノを演奏されていました。

アジア系の移民の方もどんどん増えているそうです。

次に友人が「あ?スオミに行ってみたい?スオミ?」と聞くので、

何だっけ?聞いた事あるな〜と思ったら、

映画!「かもめ食堂の舞台となったSUOMIの事でした。

観ました!観ました!私達が観たのは、シンガポールで。。。

レンタルのDiskを借りて来て観ました。

2006年の映画だったんですね。


かもめ食堂 


こちらが映画「かもめ食堂」の舞台となったSUOMIです。

日本人の観光客の方を何人か見かけました。

この映画のおかげもあって若い日本人女性の観光客も増えたと聞きました。


かもめ食堂店内 


こちらは店内です。おにぎりはもう、ないみたいよ〜。(^^)

そして。そのSUOMIの近くにあると言う、「デザイン博物館」


ミュージアム 


写真が暗いですが。こちらがその「デザイン博物館」。

フィンランドのデザイン史が一見出来る興味深い博物館です。

イッタラ、アラビア、マリメッコ、アアルトとそして

ノキア
などなど、フィンランドが誇る一流のデザインの歴史が

ぎゅっと詰まっています。

私達が生まれる前の物から、ちょっと懐かしい物まで。

4人とも十分に楽しみました。


そして次の写真。これはもうヘルシンキのシンボルとも言うべき、

「ヘルシンキ大聖堂」


きっとどなたもご存知ですよね。

 
大聖堂 


年間35万人以上の人が訪れるランドマークです。

プロテスタントの一派、ルター派の総本山。ドイツ出身の建築家により

設計、完成されたのが1852年。当初はロシア皇帝ニコライ1世の名前にちなみ、

ニコライ教会と称されたそうですが、1959年

大聖堂と正式名称されたそうです。


大聖堂の中 



こちらがその中です。



irori 


祈りを捧げる人々。。。

そして、この下の写真は、小高い丘の上に建つ「ウスペンスキ寺院」

北欧最大規模ロシア正教の教会でスラブ・ビザンチン様式

ロシア正教ならではの金色に輝く13個のクーポラが特徴的です。

クーポラの上に飾られている十字架はロシア十字架


ロシア大聖堂 


重厚な赤煉瓦造りです。

ロシアの建築家により1868年に完成。

内部にはステンドグラスはなく、天頂や金色の祭壇、

美しいイコンなどで装飾されています。



大聖堂の中1 


ため息が出る程に美しいです。



大聖堂の中2 


写真には収まりきらない美しさです。


大聖堂の中3 


ロシア正教会では、礼拝の間、人々は正面に向かって立つので

信者の為のいすは置かないそうです。



祈る人々 


祭壇前で立って祈りを捧げる人々。


ヘルシンキはまだまだ、他にも見所がたくさん。

車の中からだけでもたくさんの観光スポットを友人が案内してくれました。

現在ただ一つだけ残っている、川辺のカーペットの洗い場とか。

(これはたまたま、NHKで観た事があった)

シベリウスが飲んだくれて家に帰らず通っていたお店や、

高級住宅地巡り。。。

そして友人カップルが出会って恋に落ちたレストランとか!

これは観光ブックには載ってないよ。(^^)

(うふふ。このレストランは昔彼女から聞いた事があったので、

私にはとってもロマンチックな特別な場所に思われたけど。)

おしゃべりは忙しいし、1日で回れたもんではありません。

ランチは軽く、例のオールドマーケットでお寿司を4人で食べた後、

友人夫婦の自宅へ

例の如く、今夜も彼が手料理を振る舞ってくれます!

素晴らしい!!大絶賛〜)

今夜も、と言ったのはカナダにいる時も、彼らが一時、ベルギーに暮らしていた時も

(この時も私達は泊りに行ってごちそうになっている)Dinnerは彼が作ってくれたから。

大のお料理好きですっごく上手!

調味料もキッチン道具もちゃんと一つ一つ厳選されていて

料理好きならではのこだわりが見えます。

彼が東京に遊びに来た時に真っ先に楽しみにしていたのは、

合羽橋
包丁を買う事でした。

私も一緒に行ってあーでもない、こーでもない、と一緒に迷いながら購入。

一方彼女の方は、店内にも入らず「ここは私の得意分野じゃないから〜」

と言ってずっと店の外で待っていたのでした。


その後、私達は彼が楽しみにしていた国技館へ相撲を観に。。。

なんて事!私達は荷物検査を受けたのですよ。。。

が、包丁に誰も気付かず。。。そのまま二人ともスルー。

「そんな事あっていいの?!」

とスルーした後に包丁を持っていた事に気付いた二人。

あの時はいろんな意味で青くなった私達でしたが今は懐かしい思い出です。



さて、今日はサーモンを焼いてくれるそうです。

サーモンの大きさを見てたまげましたわ。

これは。。。これは。。。相当、おデカイ。。。

写真じゃ良く分からないかもしれないけど、肉厚だしとにかくおデカイの。

笑いしかでませんでした。


サーモン 


5人前ですけどね。。。

でもね、でかい。。。

彼は美味しい黄色いキノコのスープも作ってくれました。

確か、この黄色いキノコはマーケットでてんこ盛りで売られていました。

森に自生しているのでたまに子供達とキノコやベリーを摘みに行くそうです。

お隣のスウエーデンでは、あまりキノコは食さないそうですが、ロシアの影響を受けて、

フィンランドでは良く食べるそうです。フィンランドはスウエーデンにもロシアにも

占拠されていた歴史があるので両国の影響をいろんな所で受けているのですね。


3種、ワイン、ひまわり、スープ 



テーブルのお花が生けられている花瓶はもちろんアアルト

そしてスープ皿とカップはイッタラ


彼がサーモンを焼いている間、彼女はテーブルセッティング担当。

毎回思うけど、なんてバランスの良いカップル。


3種、料理準備 


ちなみに彼がつけているエプロンはマリメッコです。

どれもみんなフィンランドを代表する

洗練されたデザインの物ばかり。

ここはまさしく、北欧ね、と思う瞬間です。


お料理 


いよいよ、お待ちかねのお夕食です。

この日、下の男の子はおばあちゃまがお迎えに来てそちらにお泊り。

夕食のテーブルは5人で囲む事になりました。

しつこいですけど。。。。キャンドル入れもイッタラよ。。。

確か、お水の入ったグラスも。。。



サーモン2 


じゃ〜ん。サーモン。写真では大きさが伝わらないけど、

普段私が食べているのは、この1/3だと思うな〜。

でも美味しくて美味しくて、結局完食してしまいました。



そして。デザート。

彼のお母様の手作り、ルバーブ入りのタルト。

その横に見えるのはアイスクリーム。ダイナミックです〜。


オデザ 


「カナダの我が家の庭に巨大なルバーブがあったのよ。

でもね、一度も使ってないのよね。」と私。

美味しい料理のレシピを教えてもらったり(もちろん彼から)、

「Skipeでお料理教室して教え合いっこしようか?」とか、

「マリメッコとイッタラをシンガポールで売る?」とか、

とにかく話はつきない。。。つきない。。。。

良い友達と美味しいお料理があってい〜っぱい笑って

「本当にもうな〜んにもいらないぞ〜。

すっごい幸せ〜」と珍しくほろ酔い気分の夜でした。




 
スポンサーサイト

トラックバック:(0) コメント:(6) TOP
Categorie:* Finland・Norway

Next |  Back

comments

> 景色もキレイで、お料理も美味しく、何よりもお友達との楽しいおしゃべり、すごーい満喫してますね。
> 何をみてもスーパー別世界です。
> 実は私の会社は外資なので、本当の意味での本社は北欧にあるんです。
> 以前、本社見学のお誘いがありましたが、自分の仕事が忙しすぎて、行けませんでした。
> そう言えば、数年前までは、年末に必ずシーフードセットのプレゼントが本社から届いていたのに、最近
> きていないことに気がついた私。
> エビもサーモンもすごい美味だったのになぁ。

Ponkoちゃんママへ。
ママのお務めの会社の本社は北欧なの?そりゃもう、社員旅行でぜひ〜。。
暑いシンガポールからしたら私には別天地で、毎日ルンルンで歩きまくっていたからか、あんなにたくさん食べたのに、太ってなかったの!シンガポールにいると暑いしあんまり歩かないからぶくぶくどこまででも太っちゃうんだけどね。。。シーフード美味しいよね!でもママの所だってすっごい美味しいものがたくさんあるじゃない〜。
どっちもいいな〜。きっとお友達と一緒だとますます美味しくなるんだよね。(^^)

あずきMama:2012/09/16(日) 00:21 | URL | [編集]

景色もキレイで、お料理も美味しく、何よりもお友達との楽しいおしゃべり、すごーい満喫してますね。
何をみてもスーパー別世界です。
実は私の会社は外資なので、本当の意味での本社は北欧にあるんです。
以前、本社見学のお誘いがありましたが、自分の仕事が忙しすぎて、行けませんでした。
そう言えば、数年前までは、年末に必ずシーフードセットのプレゼントが本社から届いていたのに、最近
きていないことに気がついた私。
エビもサーモンもすごい美味だったのになぁ。

catponko:2012/09/14(金) 11:06 | URL | [編集]

> 北欧も本当に素敵ですね~!
> 北欧風のプリントの模様や色使いが大好きです♪
>
> 街の雰囲気もいいなぁ~(●^o^●)
> 私 一度も海外に行ったことないので あずきママが羨ましいです。。
>
> お友だちのダンナさま素敵~♪

> 私もお料理教えて貰いたいです!!
> うちのおとーに「料理は何が得意?」と聞くと
> 「(カップ麺のカップに)お湯を入れることかな」と堂々と答えます(・_・;)


ちーさんへ。
本当に北欧良いですよね〜。。
汗だくになるシンガポールに戻ってくるのが嫌でした〜。
ポメチャがいるので一先ず帰って来ましたけどね。。。(^^)
私はちーさんが羨ましいですよ〜。
素敵な家族に囲まれていて。。。私は、時々自分が根無し草のような気がします。
子供の頃から自分の居場所を探し求めているいる気がします。
人。。。それぞれの人生ですよね。。。(最近、しみじみ。。。)
友達の旦那様、彼とは、お料理やダイエットの話で盛り上がります(^^)
ちょっと、女友達風?
我が家のとうちゃん、最近彼に触発されてお料理を週末に始めました。。。
しかし、試食する私は体を張らねばならず、いろんな意味で忍耐と我慢です。。。
老後の事も考えて今、調教中です〜。。。

あずきMama:2012/09/11(火) 00:51 | URL | [編集]

北欧も本当に素敵ですね~!
北欧風のプリントの模様や色使いが大好きです♪

街の雰囲気もいいなぁ~(●^o^●)
私 一度も海外に行ったことないので あずきママが羨ましいです。。

お友だちのダンナさま素敵~♪
私もお料理教えて貰いたいです!!
うちのおとーに「料理は何が得意?」と聞くと
「(カップ麺のカップに)お湯を入れることかな」と堂々と答えます(・_・;)

ちー:2012/09/09(日) 23:52 | URL | [編集]

> うわぁ~!
> 素敵v-345すてきv-344ステキ~~~v-10
> 北欧の重厚感ある建物と
> POPなデザインのインテリアや食器たち、
> どちらも大好きですe-266
>
> でも一番素敵なのは
> お料理上手なお友達の旦那様かも?!
>
> 「かもめ食堂」私も観ました。
> ここが舞台だったんですね。
> 私もフェンランド行ってみたーいv-233

Kさんへ。
北欧の家具好きでしょ?覚えてましたよ〜。私も好きです。「かもめ食堂」繁盛していました。もう一度改めて、映画みたいなあと思いました。そしたらまた飛んで行きたくなっちゃうね。
旦那様、朝、ピクニックに近くの森の中の湖に行った時も美味しい料理を持参してくれて。。。本当に料理好きの旦那さんが私も欲しい!!

あずきMama:2012/09/09(日) 12:06 | URL | [編集]

うわぁ~!
素敵v-345すてきv-344ステキ~~~v-10
北欧の重厚感ある建物と
POPなデザインのインテリアや食器たち、
どちらも大好きですe-266

でも一番素敵なのは
お料理上手なお友達の旦那様かも?!

「かもめ食堂」私も観ました。
ここが舞台だったんですね。
私もフェンランド行ってみたーいv-233

K:2012/09/08(土) 11:14 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバック URL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。