--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorie:スポンサー広告

突然ですが、スリランカに行って来ました!

シンガポールからだと飛行機で約3時間半で到着です。

気分的にはお近く、お手軽〜。

(実は、スリランカ国内での移動の方がそれ以上に長かった。。。)

旅の目的はいろいろあったけど、全てを叶えるには全然日にちが足りませんでした。

2週間は最低でも必要とスリランカ人の知人に言われたのですが仕方ないよね。

ダーリンの休みが取れないからね〜。結局3泊4日の短い旅でしたが、

もっともっとスリランカを知りたくなる旅となりました。


チャンギエアーポーと 


シンガポールのチャンギ空港内

スリランカに帰省する人達かしら?

家電製品やお土産をたくさん買った人達で珍しく長いラインが出来ています。

時差はシンガポールからー2時間30分。日本からは−3時間30分です。

国土は北海道の80%位と少し小さくて気候は

シンガポールと同じ熱帯モンスーン気候

今はシンガポールと同じく雨季のシーズンです。

ダーリンはいつものように何のお勉強も下調べもすることなく、機上の人に。。。

何故、私が「スリランカに行こう!」と誘ったのかも覚えてない模様。。。

ま、いいんですけどね。。。

思った以上に機内食が美味しくて、ますます

スリランカンカリーに期待大です!

予定より大幅に遅れてスリランカのバンダーラナーヤカ国際空港に到着。

空港からはタクシーでただひたすら走り、

(何と4〜5時間も!時速ほぼ50~60キロ。)

スリランカの北東にある小さな街、ダンブッラを目指します。


みかん  


途中、道ばたでタクシーを止めてもらってみかんを購入。

飛行機が遅れてしまったのでランチのタイミングを逃したまま、車に乗り込んじゃって、

しばらくしてから空腹に気付きました。

そうだ!お水もいるよ!と気付いてドライバーさんに言ったら、

別のお店の前で車を止めてくれました。


お水 


わざわざ、お水を買いに行ってくれてます。

しばらく走って今度は給油。


ガソリンスタンド 


なんだか、懐かしいようなのどかな景色です〜。

「いいね〜。のどかでのんびりするね〜。

ちょっと懐かしくなる景色じゃない?」って聞いたら、

「え?そう?別に〜。。。」って。。。

City Boy 君にはちっとも郷愁を感じない景色らしいです。。さよか。。

今回はアーユルヴェーダのドクター検診とお食事付きのホテルは諦めて、

有名な建築家のGeoffrey Bawaの残したいくつかのホテルの中から

唯一山岳地帯にあるホテルを選びました。

限られた時間の中で訪れたい寺院や王宮跡を2、3に絞り込み、

その近くにあるバワ建築のホテルを探したら

Heritance Kandalama ヘリタンス カンダラマ

にたどり着きました。

世界中のリゾート愛好家達に熱烈なファンを持つバワの生み出す空間は

あまたのリゾート建築の中でも別格、そしてトロピカル建築の先駆者と呼ばれ、

バワスタイル」なるものを築き上げました。

彼から多くのインスピレーションを受けた有名建築家達が

こぞって絶賛する建築物をぜひ訪れてみたかったのです。

彼はリゾートホテルだけではなく、国会議事堂や寺院、大学なども手がけています。

そして大阪万博の時のスリランカ館も彼の設計によるものです。

バワ建築の真髄は自然とのダイナミックな一体感と言われています。海とプールが

一体化していたり、(これはもうどこのリゾートホテルでも今はポピュラーに

なっていますよね。それらはもともと彼のデザインに原型があるそうです。)

そしてバワ唯一の山リゾート、今回私達が滞在する

ヘリタンス カンダラマ」は年月と共に遺跡のように緑に埋もれて、

森に還っていく事を想定してデザインされたホテルです。

タクシーに乗って4時間あまり、お腹も空いて口数も少なくなり、

ちょっと眠くなって来た頃、舗装されていない、

でも奇麗に整えられた赤土の道路にタクシーが入って行きました。

廻りは懐かしい田園風景。人家はぽつぽつと、まばらにあるだけです。

水牛や乳牛もいれば、犬は至る所でくつろいでいて。。

クジャクも道路を悠然と横切って行きました。。

(飼育されてる訳じゃないんですって。素晴らしい〜。)

そうこうしているうちに見えて来ましたよ〜。

入り口


屋根しか見えていませんけど。。。

全景は到底写らないと判明しました。

前方に見えるグリーンの屋根の部分がホテルエントランスで、

そこを真ん中にして向かって右手と左手にそれぞれ、宿泊客の泊る部屋や

ラウンジ、レストラン、e.t.c. e.t.c。。。どこまで続いているのさっ、

て言うくらい、長くておデカい、棟がうねうねと続いているのでした。
振り向いて 


エントランスロビーに着いて、来た道を振り返ると。。。

こんな光景が広がっていました。



池 


人工の湖、カンダラマ湖

つい3日程前に、ここまでなみなみとお水が増えたそうです。

ホテルのフロントロビーの向かって左手はむき出しの岩肌

そのままアートのようになっています。


エントランス左側 



下の写真はフロントデスク。写真のデスクは2/3位しか写っていません。

どこまでも広々と長い。。。



エントランス、椅子 


手前の鉄製の椅子はバワのオリジナルデザインです。

暑い国だから、腰掛けるとひんやりと気持ちがいいのが嬉しい。

お尻も背中も喜んでいます。

風通しも最高〜。


フォイヤー
 


さてこの先の岩肌のコリドーを抜けるとどんな景色が広がっているのでしょう?



2階ラウンジ 


曲線のコリドーを抜けると目の前にはジャングルに向かって

広い広いラウンジがありました。(写真がへたで広さと開放感が伝わらないのが残念。

しかも部屋が広すぎて写真に収まりきらない。)

今は雨季でちょっと暗いです。全体に写真も全部暗くなってしまいました。

私達が到着したのと同時にシトシトと雨も降って来ました。

左手に湖とプール、右手に山の頂とジャングルを眺めながら

ウェルカムドリンクを頂いて。。。ちょっと眠気も覚め。。。

その後はホテル内を散策。


プール 
 

水色の濃い色をしているのがプールです。



5階ラウンジ 


こちらは5階のラウンジ。

ここにも岩肌が突き出ています。

夜はローカルミュージックの演奏会が行われています。


広々ラウンジ 


5階のラウンジも広々。。。人もほとんどいません。



親子猿 


6階に上がってみると人は誰も見当たらなくて、お猿さんの親子だけが

素晴らしい眺望を満喫していました。

お猿さん、プール 


可愛い少年?少女?らしき若いお猿さん。

窓越しに私をじ〜っと見てます。

可愛いな〜。何だかポメチャを思い出させるな〜。

そして場所を移動して、窓の右側に近づいてみると。。。

建物5 


なんとまあ、この眺め!

奥に見える客室の塔の向こうにもまだ客室は続きます。

お部屋は100室を超えているそうです。

私達が宿泊していたのは、奥の塔の向こう側の2階。

角部屋で窓が広くのびのびとした景色の良いお部屋でした。



建物 


下に降りて庭に立ってみました。

まるで要塞のようだね〜。

ホテルの全長はなんと968mにも及ぶんですって。

端から端まで何往復かするとかなりいい運動になりそう。。。




建物4 



一体どの位の年月でここまでわさわさと茂ったのかしら?

森に還るというコンセプトは大賛成で素敵だけど、

廃墟になったらちょっと怖いかも。。。



建物2 


足下がジュクジュクしていて、先に進めないので、これにて断念。

お部屋に向かうとしましょう〜。



裏庭 


こちらは建物の裏側。

こちらも見事にうっそうとしています。



根っこ 


通路を歩きながら迫り来る岩山を見ていたら、こんな木の根っこがにょっきりと。。。

すごい。。。岩を包み込んでいます。。

な、なんか襲われそうな気迫。。。


部屋 


さて、たどり着きました。私達のお部屋。

角部屋にしてもらえたので窓がたくさんあって開放感が’あります。



ベッド 


ベランダ側から見たベッド。


浴室 


バスルームも広くて(写真よりずっと広いです)

窓越しの景色がジャングル。


浴室の窓の外 


こちらがそのバスルームから見える景色。

朝には、リスやお猿さんや、鳥がたくさん来ていました。

ランチのタイミングを逃してしまった私達はお腹がぺこぺこで、

簡単なサンドイッチを頼み部屋に持って来てもらいました。


食事1 


お腹空いたよ〜。



食事2 


写真では小さく見えるこのサンドイッチ。

実はとんでもなくおデカい。。。

世の中にこんな大きいトーストあったんだ!って言う位大きい。

しばらくは空腹も忘れて笑っていました。

絶対食べきれないと思っていたサンドイッチもペロリと平らげ、

シャワーを使った跡は軽くお昼寝をして、

90分のスパに。。。

もう、うっとり、良い心地でリフレッシュ〜。

スパが終わって外を見てみたら

いつの間にか雨も止んで空は満点の星空に。。。

そして二人揃ってそれぞれに流れ星を見たのでした。

ああ〜、なんて素敵なスリランカの夜〜。。。


~*~*~*~*~*~*~*~~*~


しかし、間抜けなダーリンは寝間着を持ってくるのを忘れ。。。

(お〜、スッポンポンで寝るのか〜?)

ってウッヒヒ、どうするのか、こっしょり見ていたら、

やおら、トランクから海水パンツを引っ張り出し、

これで良し!

とか何とか言って布団に潜り込んでいました。

オイオイ!!(><)

スポンサーサイト

トラックバック:(0) コメント:(14) TOP
Categorie:* Sri Lanka

Next |  Back

comments

> 大自然を感じられるホテルですね。
> 最初の鉄製の椅子、オシャレ〜☆
> 初日は、ゆっくり。

あーちゃさんへ。
このホテルは本当にすごかったです。
もう設計した方は亡くなっているけど、この建物はずっとずっと存在して行くんですよね。
どんどん、ジャングルに埋もれながら〜。素敵な所でした。

あずきMama:2012/12/29(土) 23:02 | URL | [編集]

大自然を感じられるホテルですね。
最初の鉄製の椅子、オシャレ〜☆
初日は、ゆっくり。

あーちゃ:2012/12/29(土) 14:16 | URL | [編集]

> すごいホテルだわ~
> 森と一体化してる!森林浴だわ!
> バスルームも素敵。
> 満点の星空の下でお風呂も素敵。
> 朝のさわやかな新緑も素敵だろうな~
>
> あのエントランスロビーの(ロビーといえるのかしら)椅子も気持ちよさそうだったわ!

ばにしゃんへ。
とうちゃんは、泳ぎたい〜泳ぎたい〜って言ってたけど、結局泳がないまま終わった〜。海パンは見事の寝間着として使われたのでした。。。しかし、女子だったらこうはいかないわよ。あんな窮屈なもん来て寝れないもんね。
ホテルは本当に凄かったです。ジャングル!でした。
サンドイッチは具がドバドバ溢れ出してくるぐらい具沢山でした。スモークサーモン1パックとツナ缶1缶は丸ごと入っているだろうなって感じ。おかげであの日の夜はお腹がいっぱい過ぎて夕食を抜かしたのよ。。。
>
> 私的にはサンドイッチもとっても気になるんだけど・・・
> とーちゃん・・・海パン滞在中ずっとだったのかしらん???泳いだ日にはどうしたんだろう???v-7

あずきMama:2012/12/17(月) 02:04 | URL | [編集]

すごいホテルだわ~
森と一体化してる!森林浴だわ!
バスルームも素敵。
満点の星空の下でお風呂も素敵。
朝のさわやかな新緑も素敵だろうな~

あのエントランスロビーの(ロビーといえるのかしら)椅子も気持ちよさそうだったわ!

私的にはサンドイッチもとっても気になるんだけど・・・
とーちゃん・・・海パン滞在中ずっとだったのかしらん???泳いだ日にはどうしたんだろう???v-7

ばにら:2012/12/13(木) 11:02 | URL | [編集]

> バワ建築の真髄なのですね!!!
> エントランスのロックに驚いたのは序の口、まあまあまあどうでしょう~なだれ込むような自然との一体感・・・ハンパないお話、いやバワ建築。
>
> 緑にジュワッと包まれ感はいかがでしたか?拝見していてジブリの天空の城 ラピュタを思い出していました。
>
> お部屋もレトロな広々とした何とも言えない落ち着く雰囲気ですね、 素晴らしい!きっと欧米のセレブ達ががお忍びで過ごすのでしょうね~
>
> 日本のホテルではアメニティグッズやパジャマは当たり前の感覚だったけれど・・・そういえば韓国ホテルでもパジャマ無かったわ
> パポ・・・泳ぐ方がパジャマより優先なスイマーだったのですね、可愛いですにゃ!

u-toposuちゃん、
本当に私も天空の城を思い出していました。朝の目覚めが素敵でしたよ。鳥の鳴き声とあれはお猿さんの声かな〜、まだ朝もやでジャングルが覆われていて。。。もっと滞在したいホテルでした。
パポの海パン。。。あの方、人様の目に触れるところではおしゃれに気を使いますが、見えない所では、「おいおい。それはないやろ〜」って事、、、満載です〜。(^^)

あずきMama:2012/11/26(月) 10:29 | URL | [編集]

バワ建築の真髄なのですね!!!
エントランスのロックに驚いたのは序の口、まあまあまあどうでしょう~なだれ込むような自然との一体感・・・ハンパないお話、いやバワ建築。

緑にジュワッと包まれ感はいかがでしたか?拝見していてジブリの天空の城 ラピュタを思い出していました。

お部屋もレトロな広々とした何とも言えない落ち着く雰囲気ですね、 素晴らしい!きっと欧米のセレブ達ががお忍びで過ごすのでしょうね~

日本のホテルではアメニティグッズやパジャマは当たり前の感覚だったけれど・・・そういえば韓国ホテルでもパジャマ無かったわ
パポ・・・泳ぐ方がパジャマより優先なスイマーだったのですね、可愛いですにゃ!

u-toposu:2012/11/24(土) 22:15 | URL | [編集]

> すごいなぁ!!
> 多分、行く機会がないであろうスリランカ。
> 緑がとにかくすごいです。
> 岩と緑のホテル・・・ジャングルに泊まってるみたい(^-^)
> 私は都会よりこういう自然が大好き♪
> みせてくれてありがとう(^-^)
> そう言えば、多分、私、シンガポールに来年出張で行くことになりそうです。
>
> ↓のパワーストーンすごいです♪
> パワーストーン大好き\(^o^)/
> ポメチャちゃんの興味津々なお顔がこれまた可愛いです♡

ponkoちゃんママ〜。いつシンガポールに来られそう?
ぜひぜひ、我が家に遊びに来てね!もちろんお泊まりもしてね〜。
ポメチャにはちゃんと話しておくね。
私も都会より、自然の中の方が好きよ〜。コブラとかワニとかとは遭遇はしたくないけど〜。(^^)
パワーストーンのお店も一緒に行きましょう〜。

あずきMama:2012/11/23(金) 23:52 | URL | [編集]

すごいなぁ!!
多分、行く機会がないであろうスリランカ。
緑がとにかくすごいです。
岩と緑のホテル・・・ジャングルに泊まってるみたい(^-^)
私は都会よりこういう自然が大好き♪
みせてくれてありがとう(^-^)
そう言えば、多分、私、シンガポールに来年出張で行くことになりそうです。

↓のパワーストーンすごいです♪
パワーストーン大好き\(^o^)/
ポメチャちゃんの興味津々なお顔がこれまた可愛いです♡

catponko:2012/11/23(金) 20:24 | URL | [編集]

> 緑に圧倒されるね!緑も濃い気がする(^^)
>
> …海パン、蒸れるやろ(笑)あ、スースーのタイプか?

もるちゃんへ。
緑すごいよ〜。ジャングルだもんね。
海パン。。。。男子はいいよね。女子が水着を着て寝たら、めちゃ疲れるって〜。(^^)

あずきMama:2012/11/22(木) 00:45 | URL | [編集]

緑に圧倒されるね!緑も濃い気がする(^^)

…海パン、蒸れるやろ(笑)あ、スースーのタイプか?

もる:2012/11/21(水) 12:44 | URL | [編集]

> う~~~~~ん、スゴイ建築ですねぇ。。
> ただただスゴイ!
> 岩肌をそのまま利用しているんですか?
>
> でも私は一往復したら、その日は終わりだな(笑)
>
> 前回の北欧とは違って空気がやはりアジアですね。。でも異国情緒タップリ♪
>
> あのサンドイッチ食べてみたい~(●^o^●)

ちーさんへ。
すっごく大きかったです〜。夜廊下を歩いているとちょっと怖いくらいでした。
岩肌ゴツゴツ、しかも夜になるとピカピカ光っていて、ムラムラしちゃいました。(鉱物採集したくなった!)
全景は空中撮影でもしないと見えないのかも。
動物達が幸せそうだったよ。
あのサンドイッチね、これでもかってくらいツナがたっぷり!スモークサーモンも1パック全部入れたでしょ?ってぐらい具たくさんだったの。おかげで夕食が食べれなかったのよ〜。(^^)

あずきMama:2012/11/20(火) 18:36 | URL | [編集]

> Bawaさんが何年前に建てたのかは分からないけれど、
> ずっと古代から続いているような不思議な感覚のホテルです。
> 自然をそのまま活かしているんでしょうね。
> 行ってみたい!!自然と同化できそうな気がします。

amiちゃんへ。
いつ出来たホテルなんでしょうね。彼は今から9年前に84歳で亡くなっています。
彼の分もずーっと、ずーっとこのホテルはもっともっと、緑に包まれて生きていくんでしょうね。
凄いね〜。海沿いの彼の作ったホテルにも行って見たいな〜って思いました。(^^)

あずきMama:2012/11/20(火) 18:30 | URL | [編集]

う~~~~~ん、スゴイ建築ですねぇ。。
ただただスゴイ!
岩肌をそのまま利用しているんですか?

でも私は一往復したら、その日は終わりだな(笑)

前回の北欧とは違って空気がやはりアジアですね。。でも異国情緒タップリ♪

あのサンドイッチ食べてみたい~(●^o^●)

ちー:2012/11/19(月) 00:33 | URL | [編集]

Bawaさんが何年前に建てたのかは分からないけれど、
ずっと古代から続いているような不思議な感覚のホテルです。
自然をそのまま活かしているんでしょうね。
行ってみたい!!自然と同化できそうな気がします。

ami:2012/11/18(日) 06:44 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバック URL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。