--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorie:スポンサー広告

再び、グランドバザールへ。。

(前回のブログの続きです。)

元旦に勇んでグランドバザールに行ったものの見事に撃沈。。。

迷宮でさまよう事4時間あまり。

(あの日は本当にどこの店主とも相性が悪かったのか手ぶらでホテルに帰還。)

そして何だかスッキリしないまま、迎えた二日後1月3日の朝。

「もう一度グランドバザールに行ってくるね!」と朝食を食べながら宣言する私に

ダーリンは反対する事もなく、自分ももう一度行きたいと言いました。

今度こそ!と闘志を燃やした私達。。。(^^)
 
朝1番にやる気満々で出かけたのでした。

ハーン横 

こちらはグランドバザールの中のちょっとオアシス的空間

「ハン」

ハンと呼ばれるこの中庭のような空間は、屋根で覆われているバザールの中でも

例外的に空が広がるちょっとホッと息抜き出来る空間です。

元々は遠方から来た商人達の宿があったり、商品の貯蔵庫、

販売もする店舗として使われていた場所です。

最近はハンを改装してプチホテルにしようと言う計画もあるらしいです。

朝早いので静か〜。猫ちゃんもいません。

ハーン縦 

ちょっと深呼吸。中心にあるのは水飲み場です。

さて、今日は行きたいお目当てのお店がいくつかあります。

今日こそにこやかな清々しい1日になりますように。。。

トルコにはいろいろ有名な手工芸品があるのですが、

その内の一つがフェルトです。

フェルト、インスタグラム、4枚写真 

何とも可愛い色合いのフェルト作品達。

高い保水性と防水性から遊牧民のテントの材料として特に好まれていたそうです。

羊飼いが雨風をしのぐ為に体をすっぽりと包む服としても利用されてたそう。

帽子 

こちらはみ〜んなお帽子。

ん〜。かわいい。

湿度の高いシンガポールでは頭が蒸れちゃうから残念だけどかぶれないな〜。

フェルトやさん2 

おっ、下の段は「ポメチャに被せてみたい。。。」

「ムリムリ〜。大きすぎるから。。。」とダーリン。

「じゃあ、上の段は?コロコロおもちゃにするにはピッタリ〜。

ポメチャのお土産にどう?」

「もったいないよ。。。」とあっさり一言。。。。

(ケチね〜。自分はフィンランドでスナフキンのお人形買ったくせに〜。)

フェルトやさん1 

可愛いですよね?手の中にすっぽり、ま〜るくて柔らかい。。。

い〜な〜。一匹連れ帰りたい。。。

でも衝動をぐっと我慢して断念。(大人になったもんだわ。笑)

家にはポメチャと言わず、歴代の猫ちゃん達の

おもちゃがいっぱいあるからと、ぐぐっと我慢しました。

こちらのフェルト屋さんのおじさんは(いや、おじさんに見えるが私達より多分若い)

とっても目元が優しくて、もの静かで線の細い繊細そうな方。

お店の物を私達にしつこく押し付けるでもなく、

べったり側に寄って来てプレッシャーをかける訳でもなく、

(気に入ったあ〜。こういう店主好き!)

おじさんとお店で腰掛けてチャイをいただきながら世間話をしてしまいました。

店で3人でチャイ 

6年前にこの店を継いだらしい。それまでは日系企業で長く働いていたんだそう。

会社勤めの時の苦労話など。。。いろいろお話をしました。

この日の朝一杯のチャイの時間はほんわかと優しい時間でした。

はい。。。。もちろん、買ってしまいました。

だって優しいおじさんなんだもの。

(私、けんかっ早いけど人情には超もろいタイプ。。。)

結局、私が何を買ったかと言うと、トルコの伝統工芸の一つ

「オヤ」を使ったスカーフ。

オヤとはスカーフなどのふちを飾る刺繍の総称です。

オヤは作る際に使う道具や材料によって名称が違うそうです。

オヤを作るのは女性のたしなみだそうですよ。

私はスカーフを2枚買ったのですが、その内の一つはふちがビーズと刺繍。

そして、もう一つはこちらの写真のもの。

オヤのスカーフ 

オヤに極小のビーズがついてます。

最近はファッションアイテムとしてもいろいろとアレンジされているようです。

オヤで出来たイヤリングや指輪やチョーカーなどもありました。

ポメチャも興味津々。。。

気分良くお店を出た後に次に向かった先は陶器屋さん。

実はこの間の元旦の日に立ち寄った陶器のお店があって、

そこの店主さんは優しかったの。

ほんの少し立ち話をして名刺を頂いて、「後で帰ってくるからね」と言って

店を後にしたのですが、あの後キリムのお店やランプのお店などで

見事に撃沈してしまい、購買意欲を失くしてしまったので

(前回のブログのお話)この陶器店には戻らなかったのです。

でもこのお店の事がずっと頭の隅に残っていて、やっぱり会いに行かなくちゃ!と

朝ご飯を食べながら思っていたのです。

お皿 

この写真はそのお店ではないのだけれど、

とにかく似たお店がいっぱいあって、迷子になりそう〜。

何度も、貰った名刺を頼りにいろんな人に聞きまくりようやく探し当てました。

(あ〜。我ながら、なんて律儀義理堅い日本人かしら〜)(笑)

そしてたどり着いたのがこちらのお店。。

猫と踊り 

ブルーの染め付けに心が震えます〜。

ダーリンは写真手前の踊るお兄さんが(ダーリン曰く旋回ダンス。ほんと?)

気になるようです。妙に心が躍るらしいわ。

このくるくる回るダンスはセマーと呼ばれるそうです。

イスラーム神秘主義教団、メヴレヴィー教団がこのセマーと言う

くるくる回る儀式で知られているそう。

回転することで神と同一化し右手を天に、左手を地に向けて回ることで、

神からの恵みを人々に振りまくそうです。

ダーリンは遠い昔この儀式に参加していたのかも知れませんね。

今は三半規管超弱いので絶対回れないらしいけど。。。

昔、踊りすぎたのかも。。。(笑)

器のお店 

ここのおじさんとの再会は私のみならず、おじさんもとっても喜んでくれました。

「約束通り、来たよ〜。私の事覚えてる?」って入って行くと店の奥で

朝食を食べてたおじさんがニコニコしながら出て来ました。

もう、初めて会った2日前より満面の笑顔です。

初めて会ったときは店先でイスタンブールの猫の話をしたんですが、

二度目のこの日は私から積極的に、「ほらほら、

我が家の猫達も(先住猫も含めて)すっごく可愛いでしょ?」

と強引に写真を見せまくり〜。

(ちょっとお利口になった?攻められる前に先制攻撃に出る?)

そんな事で意気投合してしまったおじさんと私。。。

お互いの肩をなでなでしながら、「何だか初めて会った気がしないね〜」と。

(実際のところ2日前に会ってるよ。。。うふふ)

シンパシーを感じるな〜」とおじさんの目がトロトロ、甘々に。。

(ひょっとして私達、大昔の猫友達?。。。)

もう最高に気分がいいので買っちゃいましたよ。

小さなお皿3枚と、陶器の猫ちゃん買っちゃいました。(^^)

やっぱりお買い物はこうでなくちゃね。お店の人の人柄とか

相性ですよね。気持ち良く買いたい。旅先なら尚更。。それが思い出に繋がるし。。

買ったねこ 

こちらがその陶器の猫ちゃん達。

購入したのはブルーの猫ちゃんを二人(匹)。。。向かい合わせで。

一人はトルコの国花のチューリップ柄、もう一人はあざみ柄の子。

今はシンガポールの自宅で本棚の上で向かい合わせで微笑んでいます。

私とおじさんが肩をなでなでし合ってる頃、

ダーリンは何をしていたかというと。。。

別の店員さんから、声をかけられていました。

「あっ、あなたのお嬢さんと奥さんがもうお店を出て行ってしまいましたよ。

追いかけなくていいんですか?」って。。。

指差す先にはさっきまでお店でお皿を見ていた10歳位の女の子と異国の女性が。。。

ダーリン曰く、「ええっ〜。まさかあ〜、あの女の人ってさっきここで

買い物していた頭がイメルダ夫人でしょ?勘弁してよ〜」って。

ぷぷぷっ。。。イメルダ夫人て。。。じゃあ、あなたはマルコス

でもなんとなくお似合い。。。雰囲気が。(笑)

そうして、私とおじさんは「またいつか絶対に会おうね。」

と手を繋ぎ合い再会を約束をして別れたのでした。

こうして、私のグランドバザールは「ザ・ナイトメア・グランドバザール」から

素敵な思い出の場所へと塗り替えられたのでした。(^^)


スポンサーサイト

トラックバック:(0) コメント:(10) TOP
Categorie:* Istanbul

Next |  Back

comments

Mochaさんへ。

この1週間、バタバタしていてお返事が遅くなってしまいました〜。
オヤのサイトお役にたてたら、嬉しいです〜。
プレゼントに貰った方嬉しいですよね。
私はこういうのが本当にへたくそなので作れる方が羨ましいです。
またいつか出来たら見せてね〜。きっと素敵だろうな〜(^^)

Mochaさんへ。:2013/02/28(木) 13:31 | URL | [編集]

教えていただいたボンジュクオヤを早速ググってみた所、
ホントにいっぱい出て来て嬉しくなっちゃいました。

今手元にある物で、
手慣らしにストラップを作ってみる事にしました・・・
その後じっくりとボンジュクオヤに向き合ってみたいと思います(*^^*)

義母や実母の誕生日のプレゼントにもいいかもです。

詳しく教えていただいてありがとうございましたm(_ _)m
とりあえず報告かたがたお礼まで・・・

では再度オヤのサイトを見に行ってみます

mocha:2013/02/21(木) 11:35 | URL | [編集]

Mochaさんへ。

終わりよければ全て良し!っでいい思い出になりました。
ダーリンもまた行きたいって言ってます。
オヤですが、まさしくレース編みです。
この国の女性は結婚する時にお母さんが編みためたレースを嫁入り道具にするんですって。
その位歴史もあり、女性のおしゃれには欠かせない物だそうです。
かぎ針で作るものあり、ビーズを編み込むのはボンジュクオヤ、縫い針で作るのはイーネオヤと言うそうです。
華やかなボンジュクオヤはお祝いの席で贈り物として喜ばれるんですって。
ランプシェードの縁飾りとっても可愛いと思う!
それで、ボンジュクオヤで検索してみて。。。さっき検索してみたら沢山出て来ました。
作り方を載せてるのもあったから役に立つかも。
きっとアイデアがひらめくんじゃないかと思います〜。(^^)

Mochaさんへ。:2013/02/21(木) 02:05 | URL | [編集]

donguri*さんへ。

猫って人と人を繋ぐよね。
招き猫ってこういう事よね?結局、気分がいいもんだから、あんまりディスカウントも気にせず、
ぱぱって買っちゃった。猫の物ってやっぱり増えちゃう〜。
でも我が家にやって来たこの陶器の猫ちゃんを見る度にほっこり微笑んじゃうの。(^^)
おじさんの事も思い出しちゃう。
エジプト。。。行って見たいね〜。エジプトでも猫は大切にされてるからきっと
猫の置物絶対買っちゃうよね〜。ん〜。猫は魅力的すぎる〜。

donguri*さんへ。:2013/02/21(木) 01:31 | URL | [編集]

楽しい旅だったね〜☆
心くすぐる物がいっぱいで
しかも!
いろんな出会いもあったりで思い出もいっぱいいっぱいできたのでは?


質問なんですが・・・オヤって、ビーズ以外の物の素材はなんでしょうか・・・
写真のオヤ、ちょっと見た目レース糸を使っている様にも見えるのですが・・・
ビーズを使った小物が好きで時々作るのですが、
レース糸と組み合わせているのであればちょっと真似てみようかな〜
って思ったのです
(いつもはテグスやワイヤーばかりなの)
ランプシェードの縁取りにしたらいいかも!!って思ったもので・・・
教えていただけると嬉しいですm(_ _)m



mocha:2013/02/20(水) 08:51 | URL | [編集]

やっぱり猫話で盛り上がると弱いよね~
それも猫ものがあったら100%買っちゃう。
トルコ・・・行ってみたいところだけれど、お買物は大変そう^^;
でもエジプトよりはいいかしら~笑
陶器も布ものもランプも、ぜんぶ素敵で物欲メラメラになりそうです。

donguri*:2013/02/20(水) 03:40 | URL | [編集]

amiちゃんへ。

いつも読んでくれてありがとう〜。
おかしい話だけど、ケンカ腰でやり取りしたお兄ちゃん、おじいちゃまのお店の方だ断然、
ディスカウントになってるんだよね。気を良くして買った方達のお店では少しだけで私が納得しちゃって
いいよ、いいよ。って買ってしまってるの。(^^)
やっぱり、気分良く買えるかどうかって相当大きいです。
でも、断捨離出来ないのも困ったもんだわ。
口で言ってるのとやってる事が矛盾だらけよ〜。

amiちゃんへ。:2013/02/20(水) 00:46 | URL | [編集]

Kさんへ。
私もそうなの〜。荷物を減らさなくちゃ〜と思いながら、
やっぱリ買ってしまった猫ちゃん。そして、ブログを改めて書いていたら、
ああ〜。もっと買っておけば良かったと思う有様。
矛盾だらけです〜。(^^)

Kさんへ。:2013/02/20(水) 00:40 | URL | [編集]

ナイトメアが良い想い出に変わって良かったですね。
やっぱりお買い物は楽しく気持ちよくしたいです。
ニャンコの置物もかわいいし、オヤの繊細なのにもびっくりだし、
染め付けだけでなくお皿の模様が独特で、私もアレコレ欲しくなってしまいます。
断捨離は難しそうですね。

ami:2013/02/19(火) 22:51 | URL | [編集]

うわぁ、この陶器のニャンコ欲すぃ~v-344
表情がなんとも癒されますねぇv-290
でも目下のところモノを減らすべく頑張っているので目の毒です・・・v-393

K:2013/02/19(火) 21:56 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバック URL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。