--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorie:スポンサー広告

2013’03.21・Thu

気になるお花たち

ここ数日、日本から少しずつお花の便りが届き始めました。 

今年のの開花は去年より早そうですね。

私は花や植物が大好きですが、南国のお花をほとんど知りません。

そんな私にはシンガポールに咲くお花は珍しい物ばかり〜。

世界中の南国に育つお花達を集めてきて

ガーデンシティー
としたのもうなずけます。

街がそのまま植物園のよう。。。

その中でもちょっと変わったお花や楽しい名前の付くお花など

目に止まった物をご紹介しますね。

たくさんありすぎて一度にはご紹介出来ないので少しづつ。。。


バウヒニア 


このお花は手の平にこんもり乗るほどなかなか大振りなお花。

”バウヒニア”のお花です。(原産地はマレー半島。)

和名は”色戻りの木”最初は黄色いお花がオレンジ色に変わり、

再び黄色に戻る事からその名がついたそうです。


バウヒニアの群生 


つる科の植物なのでどんどん絡まって、絡まって伸びて行きます。

シンガポール政府は街の景観にとても気を配っているので、

本来は道路を照らすライトもみんな植物で覆いたかったそう。。。

最初の計画ではブーゲンビレアを這わす予定だったそうですが

ブーゲンビレアは言う事を聞いてくれなかったそうな。。。

その話を聞いた時に「バウヒニアにすれば良かったのに。。。」と思ったのですが、

この間セント・トーサ島を車で走っていてこのバウヒニアをたくさん見かけました。

這ってる、這ってる。。。

見事に道ばたのライトに這わせてバウヒニアの木になって林立していました。


バウヒニアの森 


こちらは”バウヒニアの木”を通り越してになりかけてます〜!

ここまで覆い尽くすなんて圧巻です。

* * *

美味しそうな名前のつく木もあります。

それが下の写真。。。


ソーセージの木 


”ソーセージの木!”(アフリカ原産)

何だか形はアケビにも似てるような。。。

お花は内側が赤色でビロード状になりたくさんの蜜を持っています。

花は夜に咲き、コウモリが媒介しているそうで朝には花はすっかり落ちています。


ソーセージの花 


ちょっと写真がぶれてしまってごめんなさい〜。

花も大きくて房状に10個程付きます。


ソーセージの木2 


こちらは花が落ちたあと。

赤い果実は緑色で毒性があって茶色へと変化していくそう。

アフリカでは種はローストして食べるそうです。

(どんなお味なんだろう?)

根は黄色の染料となってローストした実はビールの発酵にも使われます。

硬い木なのでカヌーを作ったり、葉、実、樹皮は皮膚病や日焼け止めにも使われるそう。

なんて万能な木なんでしょう!


ソーセージの花、落ちている所 


朝早く家の近くのボタニックガーデンを散歩していると

お花だけがパラパラと落ちています。

夜、たくさんのコウモリ達が蜜を吸いに来てパーティを楽しんだんでしょうね。
 

ソーセージの木、全景 


こちらがソーセージの木の全景です。

育つと20mにもなる大きな木です。

* * *

他にいつも不思議だな〜とまじまじと眺めてしまうのがこちらの木に咲く花。

”無憂樹(むゆうじゅ)”(インド南部、及びスリランカ原産)


モコモコ  


幹からモコモコ、モコモコ。。。

咲いています。。。咲いてます。。。

初めて遠くから見た時は大きなキノコかと思いました。。

でもどう見てもお花。

調べてみると、お釈迦様に関わる「仏教三大聖樹」と呼ばれる木々の一つ。

「誕生」、「悟り」、「入滅」に関わる木で、「ムユウジュ」、

「天竺菩提樹(インド菩提樹)」、「サラノキ」がそれだそうです。

お釈迦様の母である王妃マーヤがルンビニー園で、「無憂樹」の花が

あまりに見事に咲いていたため、その花房を手折ろうとして右手を上げた瞬間、

その右脇からお釈迦様が生まれたと言われているいわれのある木。


仏陀の花 


花の色は初めは黄色、そしてオレンジ色から赤に変わります。

この写真のお花は咲いたばかりなのかほとんどがまだ黄色い色をしています。


仏陀の花、アップ 


インドでは恋する乙女の願いを叶え、また誕生、結婚にかかわる

幸福の木として愛好されるそうですよ。

(ロマンチックね〜)

種子はマラリアの解熱や駆虫薬にも使われるそうです。


(*早田和美 「驚きの熱帯植物」より参照)


* * *

そして、何と言ってもチャーミングさで一番なのはこちら。。。

”ミッキーマウス・ツリー”(南、または東アフリカ原産)でしょう!

(去年のブログでも登場しましたが可愛いのでまたまた再登場!)


困り顔のミッキー 


ほら、このお顔!

たまらなく可愛いでしょ?

ちょっと、困り顔の子や、


普通顔のミッキー 


普通(?)のお顔の子。


若いお顔のミッキー 


この子はまだあどけなさが残る赤ちゃん顔。


ミッキーのお花 


元々、お顔が出来る前はこんな黄色いお花です。

花びらが散って緑色の額が赤くそりかえって(上の写真、写真左下)

緑色の実がいくつか出て来ます。


ミッキーの実 


やがて緑色の実は熟して黒くなり。。。

(この姿がミッキーと呼ばれるゆえん?)

その実も落ちた後にはお顔が登場。


ミッキーの垣根 


このミッキーマウスツリーは垣根としてあちこちに植えられています。

個性的なお顔の子達が通り過ぎる人々を見ながら

こしょこしょ、内緒話しをしているかもしれませんね。

* * *

シンガポールにいると不思議な木やお花にたくさん出会えますが、

園芸店で見かけてちょっとぶっ飛びそうになったのがこちら。。。

ダーリンはちらっと見ただけでその場からすぐさま去って行きました。。。

私は。。。私は。。。。

怖いもの、気味悪い物程、じっくり眺めてしまうたちですので。。。

凝視したまま、釘付けに。。。

かなりユニーク。。。


不思議な盆栽 


顔は男性のような。。。体は女性のような。。。

このヘルメットのような赤い帽子にはどんな意味が込められてるんでしょう?

頭からは枝も伸びているのでお花も咲くかも?

でも随分放置されたままのような。。。お気の毒に。。。

せめて雑草くらい抜いてあげましょうよ〜。

お家に連れて帰りたいか?と言われたら、「ごめんなさいね」

と断ってしまうだろうけど、ちょっと気になる

不思議なミニ盆栽(?)でした。



ねえ? 誰か買わない?




スポンサーサイト

トラックバック:(0) コメント:(4) TOP
Categorie:  (植物, 花、鳥)

Next |  Back

comments

Mochaさんへ。

不思議な珍しい植物が世の中にはいっぱいあるよね〜。
ソーセージの木なんて、名前を聞いて、朝早くお散歩がてら、
ボタニックガーデンに行ってみたの。
友達やダーリンも誘って。「ほら、ほら、ソーセージの木を探すのよ〜」って言って。
みんなどんな物だか知らないから子供のようにワクワクしながら探してたの。
かわいいよね〜。(^^)
盆栽はね。。。ダーリンの趣味ではなかったみたい。。。
でもね、見れば見るほど。。。怖い事に愛着がわいていくのよ〜。

Mochaさんへ:2013/03/23(土) 12:30 | URL | [編集]

すっごいね〜☆
世界中に20万種ある(だったはず)と言われている花の中で私が知っているものはほんのちょっとしかなく、
そんな私が新たに知ったお花がどれもとっても個性的☆

色が変化するもの、用途がいっぱいあって重宝しそうなもの、ロマンチックという反面現実に役立つもの・・・そしてカワイイもの♡

そして・・・個性的な「盆栽」・・・

感性豊かな人がつくったに違いないわね!!きっとそうだわ☆
私のような凡人には、手を伸ばしても決して届く事のない世界だわ!




mocha:2013/03/22(金) 15:14 | URL | [編集]

Sincereさんへ。

え?えっ?そこそこ。。。。その「私だったら買わ。。。」?
そこが知りたいんですけど〜。近かったらね〜。
買ってプレゼントにお持ちしたい所なんですけど。。。
よーく、ずーっと見てると愛着が湧くでしょう?
きっと毎日ニコニコしていて楽しくなると思うのよね。
ミッキーマウスツリーも育ててみたい〜。(^^)

Sincereさんへ。:2013/03/22(金) 13:24 | URL | [編集]

ミッキーマウス・ツリー とても不思議な植物ですね、お顔の写真集が出来そう!

で、「不思議なミニ盆栽」私だったら買わ。。。

Sincere:2013/03/22(金) 04:13 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバック URL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。