--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorie:スポンサー広告

実は高知では市場と竹虎さんだけではなく、うつわ屋さんにもお邪魔しました。

たまたま、旅行に出る前に枕元に置きっぱなしになっていた、雑誌、

料理研究家の栗原はるみさんの『 haru-mi』(2013,冬号)を

布団の中でパラパラっとめくっていたら、

なんと、そこに高知の『黒潮本陣』さんが載っていて、「あら、奇遇だわ〜。

これから泊りに行く所が載ってる〜。」と、嬉しくなって読み進んでいくと、

高知の素敵なうつわ屋さんが紹介されていました。

これはもう、高知に行ったら行くっきゃないでしょ!と雑誌のコピーを持って

ルンルンでやってきました。

そちらがこちらの、「うつわ日月(ひづき)」さん。
 
須崎の海辺から山道に入り、野見湾が見える高台にアトリエとご自宅があります。


高知、器① 


「野見湾がこの辺りだからきっとあの辺りの高台よね!」と気楽にレンタカーを走らせた

ものの、見つからない。。。「じゃ、ナビ子さんに聞けばいいんじゃない?」と

ダーリンが言うのでナビ子さんにお尋ねすると、全然海とは逆方向の

深い山奥に誘導しようとします。

「どうして、野見湾を背中にして山奥に入って行くのよ!違う違う!

ナビ子さん間違ってるから〜」と言うのにダーリンは妻の言葉よりナビ子さんを

信用して、どんどん山奥に入って行きます。

ダーリンは方向音痴です。

でもいくら方向音痴でも限度がある!

明らかに野見湾が見えてるのに何故逆方向に進む?

「違う!違う!高速になんか乗らないからっ!ナビ子さん違う〜!

なんで、高知市内に向かってるのよ!行き過ぎ!行き過ぎ!」と

騒ぐ事30分あまり。。。(本来なら10分とかからない場所にいた)

どうしても山奥に進みたがるダーリンとナビ子さんに喝を入れて、

(実は昨日もナビ子さんに振り回された。。。)

結局、うつわ屋さんにお電話をして、(しかも2回も)道を尋ね、

それでも途中で弱音をはくダーリンを叱咤激励しながら、

執念でたどりつきました。(ちょっとオーバーね)

いや〜、諦めなくて良かったです。


高知、器② 


緑に囲まれたギャラリーもご自宅も本当に素敵な所にありました。

来て良かった〜。

お二人が東京から越して来て16年。工房の場所を求めて日本中を旅した後に

気候が温暖で生活に海があるこの土佐に引っ越してこられたそうです。

土佐の人達のとっても気さくで言い意味で裏表がなくよそ者も

ウエルカムで迎えてくれるおおらかな気質も気に入られたそうです。

龍馬的な気質なんでしょうかね〜。

すぐ近くにはオーストラリアのパースから移住して来た人や

東京から松山、そして最終的にこの土地に越して来た方もいるそうです。

大きな桜の木の他に柿の木、かりんの木、まるで果樹園のようにたくさんある木も

お二人で植えたそう。「命がけで剪定してます」と陶芸家のご主人様が

にこやかに笑いながらいろんなお話を聞かせて下さいました。


高知、器③ 


(後ろ姿はここのご主人様で陶芸家の小坂明さんです)

美味しい手作りのカリンのジュースやお茶までごちそうになって、

しかも一階にある工房まで見せて頂きました。

うつわが出来るまでの行程や土の話など本当にたくさんして頂き、

ダーリンも私も感無慮。すっかり、この場所が気に入りました。

一瞬、頭の中に最終移住地はここか!ってときめいた位です。(^^)


畑 


ギャラリーから望む野見湾

何とこの下にはプライベートビーチまで!道をご自分達で作ったそうですよ。

こちら側では、かき、裏の海ではアサリが採れるとか。。。

海の幸と山の幸と両方楽しめるなんてなんて贅沢なんでしょう〜。

ん〜。ますます、移住したくなるな〜。


ベランダ 


こちらはご自宅のベランダからの景色。

夕焼けがとっても奇麗そうです。

毎日この景色が見えるっていいですね。

ご主人と海を眺めていたら足元を柔らかい物がスルリ〜。。。

「ん?気持ちいい柔らかさ〜」と思って足元を見ると猫ちゃんがスリスリ。。。


はぎちゃん歩く 


ダーリンにまでスリスリしてくれるなんて「優しい猫ちゃんでちゅね〜。」

と、猫にゃで声になる私。。。


はぎちゃん 


素敵な毛色のねこちゃんでしゅ。。。「いいこ、いいこにゃ〜。」

名前は「はぎちゃん」萩の花が咲く頃に出会ったから、

その名前がついたそうです。

あまりにも楽しくてお二人が素敵なのでついつい、長居してしまいました。

初めてお目にかかったのに、2時間以上もお邪魔してしまいました。。。

そして、この日私が買ったもの。。。

写真に写っているお醤油差し

手の平にちょこんと乗るサイズの花器を買いました。


しょう油差し 


このしょう油差しが作られるまでの行程を工房で聞かせて頂いたので

尚更愛着がわきます。そして私の望み通り、液垂れする事なく

スッキリと気持ちよくお醤油がさせます。

シンガポールに帰って来てから、毎日のように使っていますが、手に触れるたび、

高知のあの景色を思い出します。

楽しい時間を本当にありがとうございました〜。

*「うつわ日月」さんの事を書いた素敵な写真入りブログを見つけました。

とっても詳しくそして写真がとっても奇麗です。

ご興味のある方はお店の名前で検索してみてくださいね。

きっと遊びに行ってみたくなりますよ〜。



〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜



実はもう一軒、関空に向かう途中、

岡山で途中下車して倉敷のうつわ屋さんへ。

ダーリンが倉敷良く知らない。と言うのでちょっと寄り道してみました。


4枚倉敷 


私は丁度1年ぶりの倉敷です。

去年はお友達とそのお友達のお母様との3人旅でした。

今年は桜の開花は去年より早かったのか、既に散り始めていました。


倉敷川 


外国からの観光客がとってもたくさん来ていました。

いいお天気〜〜!


花筏 


花筏も見れて嬉しい〜!

が、やけに人がいなくて静かだと思ったら、去年と同じ失敗〜。

月曜日ってこの辺りはお休みなんですね。

でもこんな静かな町並みもいいものです。

町をブラブラしてお昼ご飯を済ませた後、去年お友達と立ち寄った備前焼のお店へ。

幸い、この日お店はオープンしていました。


店内、奥座敷 


お店の奥から店頭を見た写真。

実はこのお店、奥のお部屋でコーヒーが頂けるのです。

4枚倉敷店内 


お店の奥から店先を覗きながら頂くコーヒー。

とても上質なゆったりした時間です。

コーヒーを注文したら、お店の奥様が私をじっと見ていて。。。

「あの〜。。前にも来て下さった方ですよね?」と声をかけて下さいました。

「嬉しい!覚えていて下さったのですか?

はい。丁度1年前、桜の咲いてる頃にお友達とこちらでコーヒーを頂きました。

とっても楽しかったのでまた寄らせて頂きました。」と話が弾みました。

ダーリンは。。。じ〜っと、テーブルの下を覗き込んでいます。。。

「うふふ。。。気付いたね。。。これよ、これ。

私が前に話していた井戸を利用したテーブル。。。

凄いでしょう?結構、深そうでしょう?」と言うと。。。

怖い〜。なんか深くて怖そうだね〜。落ちたらどうするの?」って聞きます。


井戸 


「大丈夫よ。もし落ちたら、すぐさま、

ふたして閉じてあげるから。。。ぐふふふふ」

とからかっていたら、お店の奥様が大爆笑。。。

あらあら?そんなに喜んで頂けて光栄です〜。(^^)

我が家ってこうやって、私がいつもダーリンをからかっているのよね。

私のこの性格は亡くなった父親譲りです。。。


コーヒーを入れる 


そうして、心のこもったコーヒーを入れて頂いて。。。


井戸とコーヒー 


静かな時間と奥様との会話が続きました。

棚に並べられている備前焼は息子さんが焼かれているそうです。

なんと、何故か北海道は富良野で。。。いい土があるんだそうです。

そして毎年、春、秋に釜だし。倉敷まで送って来られるそうですよ。


井戸の側 


私はここで1枚の大皿を買いました。

日本に帰省の最後の最後にまたまた、重たくて大きい物を買ってしまいました。

そして、シンガポールに帰ってから、しょう油差しとお皿を見ながら、

ニマニマ、ぐふぐふしています。。。


お帰りポメチャ① 


ポメチャにはこちらのお土産。。。 


お帰りポメチャ③ 

小さな子分が出来ました。。。ぐふふふふ。。。(^^)


スポンサーサイト

トラックバック:(0) コメント:(6) TOP
Categorie: (高知&倉敷’13)

Next |  Back

comments

あーちゃさんへ。

見れて良かったです〜。わざわざ、見に来て下さってどうもありがとう(^^)
工房を訪ねたりするとやっぱり親しみがわいて買っちゃうよね。
でもそれが後々、思い出となってその器に重なるから尚更、愛着がわきます。
ポメチャの子分。。。ポメチャ、舐めてましたよ〜。

あーちゃさんへ。:2013/05/08(水) 12:41 | URL | [編集]

amiちゃんへ。

私も備前焼のピッチャーを持っているの。
断然味が変わると聞いて昔買った物です。
とうちゃんは、大昔。高校生の時かな?修学旅行で倉敷に行ったんですって。
その時に買った備前の湯のみを今でも大切にしています。
私もまた、ゆっくりと訪れてみたいです〜(^^)

amiちゃんへ。:2013/05/08(水) 12:38 | URL | [編集]

かこたんへ。

かこたんも器大好きでしょう?
ワクワクするよね〜。
しかしとうちゃんたら、本当にとんでもない方向音痴なの〜。
人生も迷いっぱなしよ〜。きゃっ、きゃっ。(^^)

かこたんへ。:2013/05/08(水) 12:32 | URL | [編集]

みれましたあ~
直接、登録してあるあずきママさんのURLに飛んで読んでおります。
いいですねえ~
おしゃれに暮らすには、こうやって、工房を訪ねたりが必要なのですね。ふむふむ
ぽめちゃの子分かわいいなあ

あーちゃ:2013/04/27(土) 18:20 | URL | [編集]

素焼きと釉薬を使っている物もあるし、とってもいろんな焼き物が楽しめるんですね。
倉敷で備前焼ですし。
備前焼のマグカップにビールを注ぐと泡の出方が違います。コーヒーも味がまろやかに変わります。
昔からあるものって素晴らしいです。行ってみたい!!

ami:2013/04/26(金) 23:37 | URL | [編集]

器屋さん巡りいいですよね♪
私もついつい寄ってしまいます。
土佐の高台にあるお店、
ちゃんとたどり着いてε-(´∀`*)ホッ、
ポメパパ、そんなに山奥にあずきママを
連れていきたがって一体どうするつもり
だったのかしら?( ´艸`)危ない危ない

かこたん:2013/04/26(金) 22:42 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバック URL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。