--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorie:スポンサー広告

 トロントに滞在中、ずっとお世話になっていた友人夫婦は二人とも生まれが台湾、

育ったのがブラジルとカナダと言うタイワニーズカナディアンのご夫婦です。

毎日、手際良くささっとご飯を作ってくれました。

私とダーリンがトロントに着いたその日の夜のご飯はこんな感じ。

友達料理1 
「24時間以上の飛行機の旅は疲れたでしょう?」って言って作ってくれた

卵と野菜のスープ。そして薄味のお野菜たっぷり料理。

彼女の味付けは本当に薄味であまりお塩を使わない所がとても好きです。

日本人の私の料理はやっぱり塩分が濃すぎるなあ、と反省させられます。

あと、手際良く何品もちゃちゃっと作るのがすごい〜。といつも感心。

また、別のある日の夕ご飯は。。。。

友達夫婦には、16歳、14歳、12歳の食べ盛りの子供が3人います。

この日はお天気もぽかぽか陽気だったのでがっつりとお肉をデッキでBBQして。。。

友達料理2 
男の子はやっぱりたくさん食べる、食べる〜。気持ちいい食べっぷりでした。

写真のお肉、もちろん1皿じゃないですよ〜。

まだまだ、たくさんデッキで焼いている所です〜。

そしてわいわいと賑やかな食事が終わったらコーヒータイム。

旦那様は子供時代から思春期の途中までをブラジルで暮らしていたのですが

毎日コーヒーの良い香りが漂う中で過ごしていたそうです。

そのせいか大のコーヒー好き。

朝も夜も彼がいつも美味しいブラジル式コーヒーを入れてくれます。

毎夜毎夜、飽きる事なく夜中の3時までお喋りを楽しんでいた時、

旦那様から、「ブラジルコーヒーのいいファクトリーを

最近見つけたら一緒に行こう!」と誘われました。

家からさほど遠くない所にそのブラジルコーヒーのファクトリーはありました。

caralhoコーヒー 
Carvalho Coffee

赤いパッケージが目に鮮やか〜。一袋一袋、通し番号がふってあって

ネットでその番号を調べると購入したコーヒーの詳細な

インフォメーションが得られるそうです。

コーヒーファクトリー内 
ここでコーヒー豆の話を聞いたり、談笑しながらコーヒーを頂きました。

ちょっと、実験室風〜(^^)

豆の種類 
豆の種類です。

コーヒー 
写真左上から時計廻りにどんどん焙煎する時間を長くしていったお豆達。

焙煎マシーン 
これが焙煎マシーン。

少しづつ時間をずらして焙煎し、研究を重ねて全部ノートに控えてるんだそうですよ。

このお兄ちゃんはブラジリアンではなくてロシアからブラジルに来て

このファームで働いていたのだそうです。

そしてこのファームのオーナーさんが子供の学業の為にカナダ移住をして来たのを

機にこちらに一緒に移り住んだそうです。

コーヒーを入れる 
美味しいコーヒーの入れ方を伝授してくれてます。

そしてコーヒーの飲み比べもしました。。。

下の写真はそのファームの写真。

写真 
この「Carvalho Coffee」日本にも進出してるんですって。

全然知らなかったな〜。

どこかで見かけた方いらっしゃいますか〜?

私はこのコーヒーがとっても好きでした。

友人の旦那様に至っては凄い惚れ込みようで、豆を買いに行っては3時間程も

ここで話し込んで来るそうで家族のみんなが呆れる程。。。

車で出かけようとする彼の車に子供達が飛び乗って一緒にお出かけしようとしても

行き先がここだと知るとみんな車から直ちに降りるそうです〜(^^)

普段そんなおしゃべりじゃない彼が事コーヒー豆に関しては熱く熱く語るのだから

相当ここのコーヒーのお味のレベルは高いんでしょうね〜。

「いつか、リタイヤしたらカフェでも始める?」って私が聞くと

にやって笑いながら「一緒にしようか?」って聞くので

「いいよ〜」って返事しておきました。うふふ。。。

シンガポールに帰って来てからも友人の旦那様の入れてくれたコーヒーが

本当に恋しくて困りました。やっぱり美味しいんだよね〜。

どんな媚薬が入っていたのかな〜〜。

3枚写真 
さて、コーヒー屋さんを後にして、少し時間があったので

懐かしい町をぶらりと4人でお散歩。

海のように広いオンタリオ湖そばの変わらない風景。。。

湖の側1 
私の大好きな花、「シラーシベリカ」が群生しています。

この前のブログにこの花の名前が分からない。。。って書いたら、

お友達が早速教えてくれました〜。(教えてくれてどうもありがとう)

とてもとても私の大好きなお花です。

花 
またまた、しつこくUPで載せちゃおう〜。

ほらほら。。。きっとあなたも好きになるよ〜〜。

と強引に暗示にかける。。。うふふ。。。(^^)

湖の側2 
この景色を見ながらダーリンはおセンチに。。。

やれやれ。。またですか。

(多感なお年頃なのね〜??)

湖の側3 
実はこの写真の水平線上にちらっと小さく白く見えるビル達。。。

(ほとんど見えないけどうっすらと見えてるのはトロントのビル群です)

フラワーポット1 
小さな町中には至る所にポットの寄せ植えが飾られています。

フラワーポット2 
そうして、ちょっとお花屋さんも覗いてみました。

こちらも春色です〜。

百合とボケー 

蘭とカラー 
ランのお花もこんな風に飾ると可愛いですね。

蘭 

ピオニー 
ぷっくらとしたシャクヤクも愛らしい〜。

黄色い花 
こちらは黄色がメインのお花達〜。

今回の帰省の間は本当にお天気が良くぽかぽか陽気続きで。。。

日本に続いて春を2度も堪能し、美味しい物をたくさん食べ、

新しい出会いあり。。。元気をいっぱい貰った帰省となりました〜。

次回の帰省は夏の予定です。。。今度はちょっと長くいます。

その時は、頑張って家のお掃除しますよ〜。





スポンサーサイト

トラックバック:(0) コメント:(7) TOP
Categorie: (Toronto)

Next |  Back

comments

Sincereさんへ。

コーヒー、そんなにお好きなんですね!
ではきっと美味しいコーヒーにも詳しいのでは?
また今度美味しいおすすめがあったら教えて下さいね〜。
お花はたとえ1輪でもあると何だかホット空間が和らぎますよね。
あんな風に飾るのもいいな〜と思いました(^^)

Sincereさんへ。:2013/06/18(火) 17:58 | URL | [編集]

Mochaさんへ。

優しい友達に囲まれて本当に幸せだと思います(^^)
コーヒーの焙煎の事とっても良くご存知なのね〜。
そうなのです。焙煎は本当に繊細な作業のようでした。
細かく、細かく全て貴重して研究していると言ってましたよ〜。
私も一日にそんなにはたくさんコーヒーを昔程飲まないけど、(だって美味しい紅茶もあるし。。。
どちらも楽しみたいしね)でもあの香りが大好きです。
うふふ。それとダーリンとお友達の旦那さんの書き間違い全然、問題ないです〜。
わざわざ、ありがとう。
お花の名前も教えてくれてありがとうね。
しっかり脳みそに刻み込みました。
来年の春また和えるのがとっても楽しみです。

mochaさんへ。:2013/06/18(火) 17:54 | URL | [編集]

かこたんへ。

そうなの。お野菜いつもたっぷり使ってます(^^)
良いお母さんなの。そしてとってもパワフルで元気いっぱい。
ポジティブなのでいつも元気をもらっているの。
トロントはアジア圏だけでなく、
最近はインド系、アラブ系もどんどん増えているそうよ。

かこたんへ。:2013/06/18(火) 17:47 | URL | [編集]

お花の飾り方勉強になりますね。
コーヒーは一日に5~6杯飲んでいます、自分用はお手ごろな豆、来客用はちょっといい豆でーす。。。

Sincere:2013/06/13(木) 06:14 | URL | [編集]

追記です・・・(; ´艸`) 

コーヒー好きのお友達のご主人
   ・・・って書こうと思っていたところを
ダーリン
   て書いてしまいました。
失礼しました(´;д;`)ウッ…

mocha:2013/06/12(水) 22:42 | URL | [編集]

トロントいいところですね!!
そしてあずきママさんとダーリンの人徳だね・・・ステキな人達に囲まれているんだもん♡

コーヒーの香りってとっても好きです
コーヒーショップの前を通るだけでも立ち止まってしまうくらい。。
コーヒーに限らずかもしれませんが
ここではコーヒーの焙煎の話に特定すると・・・
秒単位で焙煎をしなければならないくらい
焙煎というのは繊細な作業だと聞いた事があります。
ほんのチョットで苦みや酸味が強いものができてしまうのだそうですね。
ダーリンが惚れ込んでしまうくらいのおいしいコーヒー飲んでみたいです☆

驚いたのが蘭の花を飾っている風景♡
こんな風に飾っているのを見たのは初めてだったので、
カルチャーショック!!

あ!!なんだか、クラクラしてきた〜
 シ・・・シ・・・シラー・・・
え?これはいったいどういうこと(((*≧艸≦)ププッ

 来年の春にはもっと増えているといいね!!


mocha:2013/06/12(水) 22:33 | URL | [編集]

台湾の方だからお野菜たっぷりの炒めものとか得意そう♪日本人も好きなお味よね きっと。
トロントってアジア圏の移住者多いのかな?
とりわけ中国の人は多そうね!どこ行っても
必ず中華街ってあるし、たくましいわ中国人


かこたん:2013/06/11(火) 22:46 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバック URL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。