--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorie:スポンサー広告

ちょっと前ですが、お友達と一緒にチョンバルにある雑貨屋さんに

ガラスの器を見に行きました。

このお店には時々フラッと遊びに行くのですが

今回はガラスの平皿を見つけたくて。。。

可愛い物を取り揃えた本屋さんのレジ裏が実はヴィンテージ物などを扱う

小さなスペースになっています。

 お店の棚

壁一面に飾られた瓶やコップ等々。。。


どうもこんな風に整列している物を見るとワクワク、ムラムラしちゃう〜。


中には実家の食器棚で日の出を見ずに忘れ去られてしまっているコップに似た物や


何かのノベルティーや、おまけで貰った物に似た物もたくさんあって。。。

棚 

母が見たら、「まあ、どしたん?こんなもん、売んりょん?

買わんでええで〜。うちになんぼでもあるけん。。。」

と言いそうな、そんなレトロな食器達。実家で見るとやぼったく見える物も

ここで見るとこんなにも可愛いんです〜。(^^)

コップ 

ね?可愛いでしょう〜?

ちょっと、サイダーなんて入れてみたくない?

下の段の黒っぽい器にはパフェよね。。。

白いバニラクリームと赤いいちごが似合いそう〜。

ミントも飾ったら白と赤とグリーンできっと爽やか。

目を引くだろうな〜。と夢想中。。。

でもね、この日の私達のお目当てはガラスのお皿です。

どうしても目移りして寄り道してしまうわ。。。

  皿やり直し

ほらほら、何でもないシンプルなお皿なんだけど、素敵でしょう?

1年中、夏国に暮らすようになって、ガラスの食器の出番が多くなりました。

といっても、たくさん持ってる訳ではないので。。。

ここに物色に来たんですけどね。。。

1枚$12~$6位の物がほとんどでお手頃です。

お友達と迷いながら。。。。並べる。。。並べる。。。

どんどん並べる。。。次々に違うデザインの物があちこちから出てくるので

ますます、どんどん並べる。。。

どんどん並べるからますます迷う。。。

そして時間もどんどん過ぎる。。。

と。。。。そこへ。。。店の主達が。。。

ニャンズ登場 

「ちょっと、あにゃた達〜。さっきから何してるにゃか〜。

もう2時間以上経ってるにゃよ〜。」

お店ニャンコ、おちり1 

「ぼちぼち、決めたらどうにゃの〜?すんすん。

こんにゃに広げちゃって〜。足の踏み場がにゃいにゃよ〜。

ちょっと通してくださるにゃ?」

どうやら、お一人(お一猫)様は奥のご不浄に行きたかった様です。

お店ニャンコ、おちり2 

ご不浄に間に合わなかったらいけないので、道を開けさせて頂きました。

(これでも慌ててちょっと片付けたのよ〜)

すいませんね〜。。。失礼致しました。(^^;)

お店ニャンコ、一人でクンクン 

「あにゃた。このお皿はおフランスのものにゃよ。。。

傷もヒビもにゃいことだし、買って損はにゃいわよ。。。」と言います。

主様のお墨付きが出たので素直に買わせて頂きました。(^^)

透明な平皿を4枚、デザインの違う物を2枚づつ買ったのですが、

自宅に帰ってお皿を洗っていたら、

1種類の方には”arcoroc28 France"と書かれていました。

そしてもう1種類の方も何か書かれてありましたが、

ほとんど消えていて判読不能でした。

arcoroc"とは、1825年に創業したフランスのArc International

製造するブランドの一つだそうです。

特に業務用に使われるらしく、全面物理強化ガラスで堅牢で衝撃に強く

割れにくい、もちろん耐熱性。e.t.c.調べていて気付いたけど、

「な〜んだ、我が家にもあるじゃん〜。アルコックのピッチャーが〜。」

無知な私が知らなかっただけで、とてもポピュラーな物だったのですね。

レシートにはヴィンテージとかかれていましたが、

アルコロックはヴィンテージではないらしいとのこと。。。

ネットで調べている時にアルコロックのエメラルドグリーンシリーズと言うのを

見かけたのですがそのグリーンの色に惹かれてしまいました。

ともかくヴィンテージだろうがなかろうが、

自分が気に入ったのだからそれでいいですよね。(^^)

結局この日買ったお皿や、今までにこのお店にフラフラと立ち寄った際に

買った物をテーブルの上に並べてみました。

透明のお皿の前に買った黄色いお皿達

黄色い皿1 

これはどこの物かは知りませんが下から光を当てると

こんなに模様がきれい。

黄色い皿アップ 
ちょっとアップにしてみました。

そして上のお皿よりちょっと小振りなサラダ鉢風の物も。。。

黄色い皿2 

実はこれ、衝動買いしたのですが洗っていて気付きました。

お皿の縁がかなりがたがたに欠けていました。。。

迷った末に返却。。。買う時には焦らないでよ〜くチェックする事も必要ですね。

そしてこの日、買った透明のお皿達。

ボウルと皿1 

下から光を当てて遊んでいるうちに。。。

ボウルと皿2 
もはや、お皿に見えなくなって来た。。。

お皿3枚 

右下のグリーンのお皿はもっともっと前にやっぱりこのお店に立ち寄った時に

衝動買いしたもの。。。ちょっと深さがあってデザートをいれたり、

ナッツを入れたり、重宝しています。

ちなみにダーリンのお好みは写真左の透明なお皿だそうです。。。

遊びはどんどん、エスカレートして。。。

こんな事してみたり。。。

皿もよう5枚、1 
そんな事してみたり。。。

皿模様5枚、2 

結構いっぱい楽しんでしまいました。。。

夏国、シンガポールで一気に増えた我が家の

ガラスのお皿たちでした。。。

今夜、冷たい物が食べたくなったでしょ?(^^)





 

トラックバック:(0) コメント:(6) TOP
Categorie:  (雑貨)

2013’06.20・Thu

リバーサファリ

週末に我が家から車で約20分の所にあるリバーサファリに行って来ました。

新しく出来たと言ってもまだ未完成なのですが約半分程は完成していて

その完成した半分に、はるばる中国からやって来た

パンダレッサーパンダがいます。

リバースサファリ看板 

人混みを想像して朝一番に出かけたのですが、(あと午後近くになると

相当暑くなるだろうと思って珍しく早めに行動)意外と空いていました。

直ぐ隣に隣接している動物園の方は既に列が出来ています。。。

そしてもう一つ隣接されている,ナイトサファリは夕方開園なのでもちろん静か。。。

先ずは入り口でマップを頂いて。。。

サファリ看板 

マップの右中央のボートに乗って動物を見る辺りがまだオープンしていないだけなのね。

それ以外は既に公開されています。

(夫婦揃って何の下調べもせず。。。パンダがいるらしいよ、

私達ってひょっとして生のパンダを目前で見るのは初めてじゃない?

程度の知識しかなくぶらりとやって来た。。。)

入園して目の前に広がるこの景色。。。

広い〜〜!とても動物園じゃないみたい〜。

「どこかの公園みたいだね〜。小旅行に来たみたいだね〜。

アジアンチックな景色だ〜!」と景色だけで興奮する私。。。

ダーリンとはロマンを感じる所が微妙に違うようなので、さっさと道を急ぐダーリン。

後ろから来た人に追い越されるのが損したとでも思うのか、

急いで追い抜き返したりしています。なんでやねん。

急がなくても時間はたっぷりあるのよ〜。

景色1 

あの左手に見えるブリッジは何だろう?

楽しみだね。でもでもそこまでの道のりはそこそこ長そうです。。。

お花にもついつい、目を奪われてしまう私。。。

まだ一匹も動物は見ていません。それでも十分楽しいやんか〜。

(興奮すると何故か関西弁になります。。。)

赤い花 

ダーリンは、「これだけの広さなら、メインが開園していなくても

まあ入場料が一人$20位と言うのは妥当か。。。」とせこい事をつぶやいています。

のっけからほんまにロマンのない男です〜〜。

そんなロマンのない夫の耳元にそっと口を近づけて。。。

「ね〜。腹へったよ。。。」とささやいてやりました。

そうなのです。いつも朝食をちゃんと食べてるのに今日はまだ食べていない〜。

私は既にお腹がぺこぺこ。。。

ダーリンは、「そう?僕まだ大丈夫だよ」と平気で言い放ちます。

「じゃあ、途中でカフェでもあったら、せめてコーヒーでも立ち寄ってね。

じゃないと私、強暴になるから。。。」と言って歩き出したものの

ない。全然ない。。。ない物は仕方ないので我慢。我慢。

水辺に住む動物達を見ながら前進あるのみです。

ビーバーやクロコダイル、変わった魚を見ながら、時々、ダーリンの耳元で、

「ねえ〜。本当に腹へったよ〜」とささやき続けていました。。。

「もうすぐパンダに会えるから。。。」と返事になっていない返事をするダーリン。

ようやくパンダのサインボードが見えて来ました。

「わ〜い!パンダだ〜!漢字で書いた大熊猫って可愛い〜」と

しばし、空腹を忘れる私。

看板2枚セット 

冷房完備のお部屋にはまったりとおくつろぎ中のレッサーパンダが。。。

レッサーパンダに会うのはは横浜の「ズーラシア」以来です。

ズーラシアではずっと歩き続けているレッサーパンダを見ましたが、

冷房をお気に召しているのかしら?

2頭いますが二人ともぐっすりお休みしています。。。

「レッサーパンダってやっぱり何とも言えず可愛いよね。」と

この時ばかりはダーリンとも意見が一致。

レッサーパンダ 

レッサーパンダを頭上に見上げながら通り過ぎると次ぎにパンダが見えて来ました。

名前は「JIA JIA」ちゃんと、「KAI KAI」ちゃん。

JIA JIAちゃんが女の子のようです。JIA JIAちゃんは、人参が好物で、

木登りが大好き、笹の葉を持って木に登っちゃうと書いています。

とても遊び好きで愛らしい女の子だそうです。

一方のKAI KAIちゃんの好物はりんご。(お〜、ダーリンと一緒だ〜)

好きな事は食後の昼寝(げっ、ダーリンとそっくり)

しかも従順で素直な性格だと書いています。(ん〜。これも似ている〜。

男の子ってこんなものなのかしら?)

寝てる
 

ところでこの子はどっち??

お昼寝が好きみたいだから、KAI KAIちゃんかな?

KAI KAI ちゃんの特徴は頭の形が「オニオン・ヘッド」って書いてある。。。

ちょっとこの角度だと見えないけど、イラストを見て笑ってしまいました。

イラストの頭が黒柳徹子さんみたいでした。。。

ぷぷぷ。。。可愛い〜(^^)

お散歩 

そして多分こちらのアクティブな子がきっと、女の子でJIA JIAちゃん。

特徴は肩の黒いショルダーバンドが狭いって書いてある。。。

お昼寝中のKAI KAIちゃんと比べて見るとやっぱり黒い部分が狭いから、

きっとこの子がJIA JIAちゃんでしょう。

ずーっとウロウロと歩き回っていましたが背中に少し毛がはげたような痕が。。。

ストレスで毛がはげてしまったのでなければいいのですが。。。

それがちょっと気になりました。

珍しく何枚もパンダの写真を撮っているダーリン!

(トルコのベリーダンサーのお姉さんに続くダーリンの激写!

相当珍しい行為です!)(^^)

そのダーリンの耳元でささやいてあげました。。。

「ねえねえ、腹ぺこ限界に来てるよ〜〜」

ようやく、パンダのお土産グッズコーナーを出た所で

中華のファーストフード店のような物が出現。

もちろん飛び込みましたとも。

ほらほら、こんなに魅惑的な食べ物が目の前に。。。

セット食事 

ゆっくり品定めする程、脳みそにもお腹にも余裕がなかったので、

「え〜い。AセットとBセット、一つずつ下さい!飲み物は豆乳ね。」

お腹が空いていない、大丈夫と言い張っていたダーリン、

セット以外にもチキンナゲットなんか頼んでるし。。。

「ええ〜?そんな物まで?じゃあ、私はフライドダンプリングも!」って。。。

何で張り合ってんねん。。。思考回路、餌が切れて完全にアウトです。

ヌードル 

朝からしっかりヌードル頼んじゃった。。。

でも思考ゼロに落ち入っている私は隣のテーブルの上の湯気が上がっている

セイロが気になる〜。みんな一人1個頼んでいます。

「ね?私あのセイロも買ってくる!」と言ってオーダーしたのが下の写真。

湯気が上がっているふたを開けると。。。

むっちりパンダ君が顔を出しています!

セイロ2 

はにかみながら顔出している?(^^)

蒸しパンダ2 

ほらほら、あつあつなので、お皿に水滴が付いてますよ〜。

食べるのがもったいなかったけど、熱々が一番ですものね。

中はしっとりこしあんが入っていました。

蒸しパンだ1インスタ 

マンゴープリンまで付いていた。。。

今頃気付くなんて。。。空腹って危険ね。。。

すっかり、食べ過ぎました。。。

レストランを出た所が例のブリッジになっていました。

景色2 

このブリッジを渡るとマップ上の右半分に。

まだようやく、半分なんですね。すごい充実感です。

ダーリンが「うん!これで一人$20そこそこはお得だ!」とまた言ってます。

もう、ええちゅうねん〜。言っておきますがこの金額はもちろんボートでのクルーズが

オープンしたら変わりますからね〜。(^^)

景色3 

ブリッジから来た道を振り返るとこんな感じです。

景色4 

ブリッジからの眺め。。。たくさんの鶴がくちばしに草を咥えて飛行しています。

巣作り中かな。。。

さてさて、すっかり堪能してあとは帰るだけね。。。と

思っていたら、まだまだ見所が。。。

小さな動物のショーが開催されているかと思えばリスザルの庭園の

小径みたいな所あり、訪れた人を飽きさせません。

なんの予備知識もなかった私達は、予期せず最後に大きな

水族館の中に入っていたのでびっくり。

暑い外の空気の中から一転、クーラーがひんやりと効いた水族館の中に

入っただけで一息つきました。

水族館2 

まるで影絵のようになってる。。。

頭上ではマナティーが円陣を組んでいます。。。

お食事中かな?

マナティー1 

ぼーっとマナティーを眺めて気が済むまでクールダウンしてから、

ぼちぼち歩き出しました。そうしたら、いつの間にか水族館の水面に。。。

マナティ−2 

飼育員のお姉さんたちにご飯を貰っているマナティー達です。

その他には。。。こんなとっても珍しい動物も足下にいましたよ。。。

餌は勝手にあげないでくださいね。。。

水族館3 

うふふふふ。。。

私達もいつのまにか、水族館の展示動物に。。。(^^)


〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

お*ま*け

可愛いお花もいっぱい咲いていましたよ〜。

お花達 

ぜひ遊びに行ってみてね。。。

おすすめですよ〜。(^^)





トラックバック:(0) コメント:(6) TOP
Categorie:    (Amusement Park)

 トロントに滞在中、ずっとお世話になっていた友人夫婦は二人とも生まれが台湾、

育ったのがブラジルとカナダと言うタイワニーズカナディアンのご夫婦です。

毎日、手際良くささっとご飯を作ってくれました。

私とダーリンがトロントに着いたその日の夜のご飯はこんな感じ。

友達料理1 
「24時間以上の飛行機の旅は疲れたでしょう?」って言って作ってくれた

卵と野菜のスープ。そして薄味のお野菜たっぷり料理。

彼女の味付けは本当に薄味であまりお塩を使わない所がとても好きです。

日本人の私の料理はやっぱり塩分が濃すぎるなあ、と反省させられます。

あと、手際良く何品もちゃちゃっと作るのがすごい〜。といつも感心。

また、別のある日の夕ご飯は。。。。

友達夫婦には、16歳、14歳、12歳の食べ盛りの子供が3人います。

この日はお天気もぽかぽか陽気だったのでがっつりとお肉をデッキでBBQして。。。

友達料理2 
男の子はやっぱりたくさん食べる、食べる〜。気持ちいい食べっぷりでした。

写真のお肉、もちろん1皿じゃないですよ〜。

まだまだ、たくさんデッキで焼いている所です〜。

そしてわいわいと賑やかな食事が終わったらコーヒータイム。

旦那様は子供時代から思春期の途中までをブラジルで暮らしていたのですが

毎日コーヒーの良い香りが漂う中で過ごしていたそうです。

そのせいか大のコーヒー好き。

朝も夜も彼がいつも美味しいブラジル式コーヒーを入れてくれます。

毎夜毎夜、飽きる事なく夜中の3時までお喋りを楽しんでいた時、

旦那様から、「ブラジルコーヒーのいいファクトリーを

最近見つけたら一緒に行こう!」と誘われました。

家からさほど遠くない所にそのブラジルコーヒーのファクトリーはありました。

caralhoコーヒー 
Carvalho Coffee

赤いパッケージが目に鮮やか〜。一袋一袋、通し番号がふってあって

ネットでその番号を調べると購入したコーヒーの詳細な

インフォメーションが得られるそうです。

コーヒーファクトリー内 
ここでコーヒー豆の話を聞いたり、談笑しながらコーヒーを頂きました。

ちょっと、実験室風〜(^^)

豆の種類 
豆の種類です。

コーヒー 
写真左上から時計廻りにどんどん焙煎する時間を長くしていったお豆達。

焙煎マシーン 
これが焙煎マシーン。

少しづつ時間をずらして焙煎し、研究を重ねて全部ノートに控えてるんだそうですよ。

このお兄ちゃんはブラジリアンではなくてロシアからブラジルに来て

このファームで働いていたのだそうです。

そしてこのファームのオーナーさんが子供の学業の為にカナダ移住をして来たのを

機にこちらに一緒に移り住んだそうです。

コーヒーを入れる 
美味しいコーヒーの入れ方を伝授してくれてます。

そしてコーヒーの飲み比べもしました。。。

下の写真はそのファームの写真。

写真 
この「Carvalho Coffee」日本にも進出してるんですって。

全然知らなかったな〜。

どこかで見かけた方いらっしゃいますか〜?

私はこのコーヒーがとっても好きでした。

友人の旦那様に至っては凄い惚れ込みようで、豆を買いに行っては3時間程も

ここで話し込んで来るそうで家族のみんなが呆れる程。。。

車で出かけようとする彼の車に子供達が飛び乗って一緒にお出かけしようとしても

行き先がここだと知るとみんな車から直ちに降りるそうです〜(^^)

普段そんなおしゃべりじゃない彼が事コーヒー豆に関しては熱く熱く語るのだから

相当ここのコーヒーのお味のレベルは高いんでしょうね〜。

「いつか、リタイヤしたらカフェでも始める?」って私が聞くと

にやって笑いながら「一緒にしようか?」って聞くので

「いいよ〜」って返事しておきました。うふふ。。。

シンガポールに帰って来てからも友人の旦那様の入れてくれたコーヒーが

本当に恋しくて困りました。やっぱり美味しいんだよね〜。

どんな媚薬が入っていたのかな〜〜。

3枚写真 
さて、コーヒー屋さんを後にして、少し時間があったので

懐かしい町をぶらりと4人でお散歩。

海のように広いオンタリオ湖そばの変わらない風景。。。

湖の側1 
私の大好きな花、「シラーシベリカ」が群生しています。

この前のブログにこの花の名前が分からない。。。って書いたら、

お友達が早速教えてくれました〜。(教えてくれてどうもありがとう)

とてもとても私の大好きなお花です。

花 
またまた、しつこくUPで載せちゃおう〜。

ほらほら。。。きっとあなたも好きになるよ〜〜。

と強引に暗示にかける。。。うふふ。。。(^^)

湖の側2 
この景色を見ながらダーリンはおセンチに。。。

やれやれ。。またですか。

(多感なお年頃なのね〜??)

湖の側3 
実はこの写真の水平線上にちらっと小さく白く見えるビル達。。。

(ほとんど見えないけどうっすらと見えてるのはトロントのビル群です)

フラワーポット1 
小さな町中には至る所にポットの寄せ植えが飾られています。

フラワーポット2 
そうして、ちょっとお花屋さんも覗いてみました。

こちらも春色です〜。

百合とボケー 

蘭とカラー 
ランのお花もこんな風に飾ると可愛いですね。

蘭 

ピオニー 
ぷっくらとしたシャクヤクも愛らしい〜。

黄色い花 
こちらは黄色がメインのお花達〜。

今回の帰省の間は本当にお天気が良くぽかぽか陽気続きで。。。

日本に続いて春を2度も堪能し、美味しい物をたくさん食べ、

新しい出会いあり。。。元気をいっぱい貰った帰省となりました〜。

次回の帰省は夏の予定です。。。今度はちょっと長くいます。

その時は、頑張って家のお掃除しますよ〜。





トラックバック:(0) コメント:(7) TOP
Categorie: (Toronto)

2013’05.31・Fri

Torontoで懐石

ご無沙汰してます〜。

全開のブログを書いた後、何故か冬眠状態に突入していました〜。

ご飯を作る気力もなければ、外出する気力もなく、イライラ悶々。。。

「なんや、なんや。この沸き起こるイライラ悶々は。。。」と思いつつ、無性に眠く

体が欲するままに惰眠をむさぼり、家事を放棄し、食欲すらなく。。。

(寝ている間に2キロも痩せたよ〜。素敵〜。)

ただただ、ポメチャと一緒に冬眠をしておりました。。。

スーパームーンのせいか、はたまたホルモンのなせる技かと悶々としていたのですが、

満月が来た途端、スパッと気持ちよく冬眠から目覚めました!

(良かった、良かった。ず〜っとこのまま目覚めないかと思ったよ〜)(^^)

そんなこんなでカナダから帰って来て随分たちますが、

しつこく続きを書いてます。。。 

 〜*〜*〜*〜*〜*〜


下の写真はトロントです。なんだか、建設中のビルが増えてる〜。

QEW 

今回のトロント滞在中、(正確にはトロント市内ではないけど)お友達二人の

家にお世話になっていました。(自宅は今、人に貸しています)

その一人のお友達の家にお泊りした翌日、

(そのお友達は懐石レストランを経営しています)

ランチにお招きされました。

泊めて頂いて素晴らしいお夕食までごちそうになった上に、

お店でランチまで!!そんな贅沢三昧な事!

と。。。言いつつずーずーしくもすっかり甘えてしまいました。。。
 
ハーバーフロント 

お店に行く前にちょっと、道草。。。トロントのハーバーフロントにて。

この日は本当にいいお天気でトロントもすっかり春になりました。

桜 

レストラン前の桜も満開でした。

ピンクの桜 

濃いピンクの桜も美しい〜。

日本で桜を堪能し、まさかトロントでも桜が見れるなんてなんて幸せ者〜。

青空と桜 

青空のもと、満開の桜の下で走り回る子供達。。。

お友達のレストランからはこの満開の桜が窓越しによ〜く見えていました。

(贅沢な事です〜)

橋本さん 

「懐石遊膳、橋本」さん。

カナダのベストレストランにも選ばれ、京都で開かれた懐石のコンペティションでも、

賞を取り。。と、もう私のボキャブラリーのなさでは説明をするのが失礼に当たる程、

素晴らしい腕を持った方です。

日本の素晴らしい伝統を広く知ってもらいたいと、このカナダで頑張って30年。

一切、手を抜く事なく毎日毎日、心を込めてお料理を作られている方で

私もダーリンも本当に心から尊敬をしている方です。

そしてこの橋本さんfamilyからはいつも元気と勇気を頂いています。

(ご家族もとっても素敵なの〜)

切り抜き 

彼はお料理以外にも素晴らしい腕の持ち主で、

何とお店の内装は全て彼の手による物です。

テーブルと椅子以外は全て彼のデザイン、施工です。

入り口

もちろん壁だって。。。

店内② 

この明かり照明も彼の手作りです。。。

ため息。。。。

店内① 

天井の照明も一つ一つの照明も。。。

店内③ 

この鴨居だって。。。屏風だって。。。手作り。

写真には床は写ってないけど、床を張ったのも彼の手による物です。

本当は夜しかお食事を出していないのですが、久しぶりに帰省した私達の為に

特別に貸し切りでランチを作って下さいました。

料理① 

お着物を召されているのは奥様です。

とってもとっても優しい方で私の大好きな方です。

料理② 

 食材は全て日本から仕入れていて、養殖物は使わず天然ものしか使用していません。

その違いが食べた時に口の中ではっきり分かります。

それほど、私って日々の暮らしの中で体に優しくない物を食べてるんだな〜って

実感、真面目に反省してしまった。

料理③ 

桜が満開になったので。。。と、桜御前。。。

鯛のお刺身はほんのりと桜の香りがしていました。

全の素材が体に染み渡っていくのがジワジワと分かる程、

体が喜んでるのが良〜く分かって。。。

ここって、カナダにいるとは思えない。。。

こんな贅沢していいの?って何度も自分に聞いていました。

料理④ 

デザートも全てもちろん手作りです。

料理⑤ 

こちらのデザートも美しく。。しかもとっても美味しくて。。。

もう。この後、シンガポールに帰って私は何を食べたらいいの〜!

って心の中で叫んでました。

お茶 

そして、そして。。。お食事のしめには、お茶まで立てて頂いて。。。

ここでも手作りのお野菜のデザートを頂いたんですよ。

一つ一つのお料理に心がこもっていて、毎日の食事を

もっと見直さなくちゃいけないな〜、最近愛情が欠けてるな〜。

いい加減に手抜きになってるな〜と反省しきりでした。

そして、もっと素材も大切にしようって改めて思いました。

本当にごちそうさまでした。

幸せな幸せな時間でした。。。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

そうして、カナダから帰って来て。。。。

橋本さんのご飯が恋しくてたまらない私は、ご飯を作るどころか、

何故か冬眠状態に。。。え?あの反省は一体どこへ?

あの純粋な清らかな心はいずこへ??

食欲は失せ、家事をする意欲はさらさらなく。。。

そうして冬眠??何故?

夕食はほとんど食べれない日が続き、ひどい時には眠り続け、

ダーリンが一人で夕食を食べた事すら気付かない日もありました。。

。。。が、人間そうそう、長く冬眠って出来ないんですね。。。

すっきりとエネルギーを充電したのか、突然満月と共に

(朝日じゃない所がちょっと笑えるけど)すっかり元気になりました!

そんな訳で突然ですが今朝は無性にご飯が食べたくなり

朝からおにぎりを黙々と握ってしまいました!(^^)

おにぎり 

おかずまで作る時間がなかったので、冷蔵庫の中の有り合わせの物を一緒に。。。

トロントのタイワニーズのお友達からお土産にもらった、

ほんのりカレー味(うこんの香り)のオリーブと

ヤムポテトともろみ味の発酵食品も一緒に頂きました。

おにぎりを頬ばりながら、食べれるって幸せ〜。

素敵なお友達に恵まれてる私って本当に幸せ〜って

心がほこほこしてきました。(^^)

みんなも時々体を休ませてあげて、

そして美味しいものを食べてほこほこして下さいね。





トラックバック:(0) コメント:(8) TOP
Categorie: (Toronto)

2013’05.19・Sun

Canadaに帰省(自宅)

 日本へ法事帰省してからしばらくして今度はCanadaに帰省して来ました。

「自宅が水漏れで大変〜。お家が帰って来てくれ〜!ってSOS出してるよ〜」

と言う友達からのメッセージを受け取って。。。

今回の帰省は西回りで。。。ヨーロッパ経由です。

シンガポールからスイスまで12時間半。。。

深夜1時過ぎに発ったので難なく、ぐっすり眠りこけて。。。眠りこけて。。。

映画も見ずにただひたすら眠る事8時間あまり。。。

あら、楽ちん。後4時間位でスイスに到着です。

楽勝じゃない〜。

スイス経由  

スイスのチューリッヒ。

昔々、高校生の頃チューリッヒに住む同じ歳の女の子と文通をしていました。

何故、英語も出来ないのにスイス人の女の子と文通をしていたかと言うと。。。

彼女の目的はは英語上達の為。。。

私は未来の移住希望地、第1位がスイスだったから〜。(笑)

全く以て単純な動機です。

(結局、希望地、第2位のカナダに移住したのですが。。。)

彼女は今頃どこでどんな暮らしをしているんだろう〜。元気かな〜。

まだチューリッヒに暮らしているのかな?いつか機会があったら会いたいな〜。

ハイジやペーターや雪ちゃんもこの国にはいるのよね〜。

会いに行きたいわね〜。。。とだんだん意識がもうろうとしてくる。。

(ん? まだ寝たりないのか?)

ぼう〜っと空想の世界で一人遊びしているうちに爆睡してしまったようで、

あっという間に懐かしいトロントに到着しました。

スイスからカナダのトロントまでは約8時間の飛行でした。

空港では涙ぐみながら、満面の笑顔で出迎えてくれた友人と久しぶりにハグハグ。

彼女は友達と言うよりもう親族のような間柄です。

私の方がずっと年上なのにいつも助けてくれるまるでお母さんのような存在。

何だか、彼女の家が実家のような気さえして来ます〜。(^^)

自宅は今、人に貸しているのでトロント滞在中は友人の家に滞在します。

その日の夜は夜中の3時過ぎまでいつものように

おしゃべりに花が咲いたのでした。

さて翌日、友人夫婦と一緒に我が家の水漏れを確認しに行く事に。


近所 


この日はお天気が今ひとつでちょっと曇り空。。。

懐かしいご近所さん。ちょっとブラブラお散歩。


白い花 


春早くに咲く球根のお花が咲いています。

このお花は日本にもありますよね。白の他にピンクやブルーも。

私が前に植えた球根も見事に株が増えていました。

そして、この時期私が一番に楽しみにしているお花。

名前がわからないのですが、春先に林の中に群生するお花。

このお花は店頭では売っている所を見た事がありません。

野生のお花だと思うのですが、年々少なくなっている気がします。

新しい家が発つたびに、もしくは芝生を新しく張り替えたりしてしまうと

ごっそり小さな球根ごとなくなってしまう〜。

非常に残念です。もっとみんな自然にあるお花を大切にして欲しい〜。


ブルーの絨毯 


これは我が家のご近所さんのお庭。

我が家もたくさん咲いていましたが写真に撮れない程に

冬の間に落ちた枝葉で見事に庭は荒れ果て汚くて。。。

明らかにず〜っと何もお手入れされていない風でした。

(悲しいけど人に家を貸すと見事に荒れ果ててしまいます)

このお花は遠くから見るとブルーの絨毯のように

びっしり群生してそれはそれは奇麗です。


ブルーの花 


近くで見るとこんな感じ。

うつむき加減で咲く姿が愛らしい。


ブルー花。縦 


とても好きなのでもう一枚写真を乗っけちゃおう〜。(^^)


水びたしベースメント 


可愛いお花の写真の後になんですが。。。。

うう〜。これぞ問題の我が家の水浸しベースメント。。。

あいや〜。ここまで漏れましたか。。。

この冬は雪も雨も多かったとの事。

一度漏れて我が家のテナントさんが床を張り直した直後、

1週間もしないうちにまたこの有様。

バーカウンターも完全に取り払ってあります。


みんなの足元 


初めて見た、我が家の床なし、むき出しベースメント。

何だか不気味ね。。。

でももっと不気味な物発見!(喜んでるばやいじゃない!)


きのこ 


私の足元(1階からの階段を下りた所)にキノコ発見!

いや〜ん、何でキノコ栽培してんねん!

(ちょっと、豚の耳みたいなキノコやね。。。)

〜〜***〜〜

その日の夜、友人から紹介してもらった家の修理を請け負ってくれると言う

Mr.P氏と友人夫婦と改めて、自宅に出向きました。

自宅前で初めて友人から紹介されたPさん。

もう、言葉を交わす前に見た瞬間から、ダーリンと私は

彼の事が大好きに!。

直感的に彼はいい!信頼出来る!って確信してしまったのです。

そして、言葉を交わしたらもう恋に落ちました。。。

「彼しかいないでしょう!」

とダーリンも私も感じたのでした。

パーカー1 


我が家のテナントさんも二人程、修理の人を連れて来て壁廻りをチェックしたとの事。

ただ、一往にその方達の反応は全ての基礎工事からやり直しだと言う事でした。

ところがPさんは、携帯程の小さな機械を取り出し、壁廻りを入念にチェック。

その結果、水漏れ場所を絞り込み、

「大丈夫!そんな大掛かりな修理をする必要は一切ないです。

問題のある場所は限られている。ベースメントの拡張工事などをして広げるなら

話は別ですが、そうでないならそんな大金を使う必要性は全くない。

心配いらないです。ちゃんと直ります!」と断言して

雨の振る中(しかも暗い夜の10時過ぎに)外のデッキ下の原因個所であろう

土のへこみ(ここに集中して水がたまっている)を見つけてくれたのです。

そしてそのへこみを作った原因は屋根の一部のトイが1本足らないと言う事も

見つけてくれました。


パーカー2 


ベースメントの壁の水漏れ個所をほぼ確定。。。

私達5人(我が家のテナント、友達夫婦、私達)が見守る中、

朗らかにジョークも交えながらてきぱきと仕事をこなしていきます。

我がテナントさんももう言葉がありません。。。

今までいろんな方に会ってきたけど、こんな方初めて!

爽やか、かつ説明も明瞭で説得力あり。

頼もしいの一言に尽きる〜(べた惚れです〜)(^^)


水漏れ個所 


どうやらこの辺りが漏れてるみたいです。

数日後、改めてP氏と友人宅でミーティングを兼ねてお茶をしました。

今後のベースメントの修理の予定を含め、他にも古くなった我が家の

ちょっと大掛かりになるであろう家の改装工事の相談を含め、

ワイワイ楽しい時間を過ごしました。

次回夏にお会いする時には彼のコテージにも遊びに来て、

とお誘いを受けました。

みんなでBBQをしましょう!と言う話に。

彼はお料理も大得意なんだそうです。(^^)

シンガポールに帰って来てこのブログを書いていますが、

彼からはその後の仕事の進み具合など逐一まめに連絡をもらっています。

彼を紹介してくれた友達にも感謝、感謝の一言です。

〜〜〜***〜〜〜

ところで、お口直し(?)に。。。お目目直し(??)に

美しいベースメントをお見せしますね。

我が家の数件先にまたもや新築の家が建っていました。

最近の新築の家の流れは一見、バカでかくてゴージャスな石造り風。

昔ながらのカナダらしい愛らしくて一つ一つの家にオーナーさんが愛着を持って

大切に手入れされた個性のある家がだんだんと姿を消して行ってる事が残念です。

そんな家々が落ち着いてしっとりとした景色を作り出し、

近所の人達で大切にシェアーしていたものですが、

どんどん、新しいビルダーが入って来て大きいばかりの冷たい家を建ててしまい

今までの素敵な町並みを壊して行く事が残念でなりません。

(実は私は最近の新しいゴージャス風家屋が好きじゃありません)

でもそんなカナダで家のデザインを勉強した私としては

好き嫌いはともかく、「Open House」の看板を見ると

わらわらと胸が高鳴り興味津々でその看板の前を素通り出来ません。

どんどん覗きに行ってしまいます。

下の写真は我が家の数件先に古い家を壊して立て替えられてしまっていた

新築の家のベースメントです。


きれいなベースメント1 


カナダは2X4形式の家がほとんどなので、1階のフロワーと同じ広さで

半地下に(明かり取りの窓が付いているので半地下と言えど

割と明るい)お部屋があります。

オーナーの好みでファミリールームとして使ったり、子供のプレイルームとして

使っていたりバーカウンターをしつらえたり、

たまにジャグジーなどをどんと置いている人もいます。

新しい家程、天井も高く取ってあり、夏涼しく冬は暖かく

なかなか過ごしやすい空間です。

ベースメント用に別の出入り口を付けレントに出しているお家もあります。

我が家の直ぐ隣の家は(ここも古い家が壊されてしまって

ゴージャスハウスが建ってしまった。悲しい。。)

ベースメントの広いファミリールームから

広いステップがそのままフレンチドアーに続き、バックヤードに

直接出られるように工夫されています。

前の古い家のベースメントとは趣も変わって、まるで1階や2階にいるような

錯覚をする程明るい空間でした。(この家が建つ前の家はベースメントの天井が低くて

ちょっと背の高い人は腰を曲げなければならない程でした。)

ただこのエリアは湖に近いので、ちょっと掘るとすぐに水がにじみ出て来ます。

そう言う訳で水の処理の為にも基礎工事は入念にしなければなりません。

それが理由でほんの数件先の別のお宅にはベースメントのないお家もありました。

(このお宅は私が初めて見たベースメントのない新築のお家でした。)


きれいなベースメント2 


先ほどのお家のベースメントの話に戻って。。。

ベースメントにもガスのファイヤープレイス。

壁には壁用TVが取り付けられるようになってます。

明かり取りの窓の外はバックヤードです。


きれいなベースメント3 


ファイヤープレイスの向かい側にはバーカウンター。

右手のガラスドアの向こうには広いワインセラー用の空間。

新築の家でいいなと私が思えるのは明るく、天井の高いベースメントかな。

ん〜。やっぱり奇麗でクリーンなベースメントを見て良かった!

可哀想な我が家を早く直してあげなくちゃ、と

やる気がむらむらと湧いて来ました。

〜〜〜***〜〜〜

元気が出て来た所で自宅直ぐ側の湖のハーバーにもちょっとお散歩に。


ハーバー 


良くここでコーヒー片手にぼ〜っとしたものですが、

今日は白鳥さんが近づいて来ました。

「あなた、家のお手入れがんばりなさいよ。。。

そして次に来る時には私にもお土産忘れないでね。。」

と言って泳ぎ去って行きました。。。(^^)


自転車 


前にはなかった赤い自転車も設置されていました。

バスケットには、パンジーが植えられています。

「お庭も昔みたいにお花をたくさん植えてあげてね。。。」と言われました。。

うふふ。(^^)はい、頑張ります!

そう言う訳で、次回は夏にまた戻って来ます〜。

赤い自転車のかごには夏はどんなお花が植えられているかな〜。

楽しみです。


トラックバック:(0) コメント:(6) TOP
Categorie: (自宅)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。